コレクションする女

劇場公開日:

  • 予告編を見る
コレクションする女

解説

エリック・ロメール監督による「六つの教訓語」シリーズの第4作。画廊のオープンを控えた男アドリアンは恋人からの誘いを断り、骨董収集家との商談のため南仏サン・トロペを訪れる。友人の別荘に滞在することになったアドリアンは、そこで自由奔放な美少女アイデと出会う。アドリアンは次から次へと男を乗り換えるアイデのことを批判しながらも、その一方で彼女に惹かれてしまう。ロメール監督が、本人役で出演している少女アイデ・ポリトフの強烈な個性に着想を得て撮りあげた作品。アドリアン役を演じるのは、後に「007 美しき獲物たち」などハリウッドで個性派俳優として活躍するパトリック・ボーショー。ベルリン国際映画祭で銀熊賞を受賞した。2006年にロメール監督の特集「ロメールと女たち」で上映。2021年4月、「エリック・ロメール監督特集上映 六つの教訓話 デジタル・リマスター版」でも上映される。

1967年製作/87分/フランス
原題:La Collectionneuse
配給:コピアポア・フィルム
劇場公開日:2021年4月23日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)1966 Les Films du Losange

映画レビュー

3.5なぜコレクションされないのか

2023年1月18日
Androidアプリから投稿

この監督の他の作品にも言えそうだけれど、これもまた、男女間の心理がとても興味深い映画だった。

男をコレクションしていると思われる女が同じ屋根の下にいる。当然、自分もコレクションの対象になるだろう、と主人公は気構える。なかなかの美男子(?)なのだし? でも事は上手くいかなかった。自分よりパッとしない様子の男たちはちゃんとコレクションされているのに。

これは、女のわたしの場合に当てはめれば、光源氏のようなイケメンがいて、美人の誉れ高いある女は自分に声がかかるのを密かに待っていたのに、巷でブスと認識されている女の子の方にだけ誘いが来た、みたいな話だろうか。
そして誘われなかった理由が理解できないまま、所詮あんな男はどうということないのよ、と言い聞かせで自己満足で終わる、みたいな…。

意外に、異性を選ぶとき、わたしたち、外見や条件だけ見ているわけじゃない。
人の魅力って何だろう。
勉強になる映画でした。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
雨音

3.0理屈ぽいのは持てない証拠

2022年7月3日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

単純

南仏の港町の雰囲気たっぷりな中、妙にセクシーな大人と少女の関係を気怠く。
語りは正直理解できない。今風に言うと中二病的な語り口。
その気怠さ効果なのか、最期のようやく到達するのか?という開放感と衝動はなかなかのもの。
オトコはかくあるべし、という価値観はこの当時からあるんですね。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
ho

2.5何なんだ

2021年10月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

萌える

画廊を開く予定の男アドリアンは恋人からロンドンに行こうという誘いを断り、骨董収集家との商談のため南仏に有る友人の別荘に行き、そこに滞在することにした。そこで自由奔放な少女アイデと出会った。彼女は次から次へと男を乗り換えるので、アドリアンは彼女を批判しながらも、次第に彼女に惹かれてしまう、という話。
本人役の少女アイデ・ポリトフが魅力的かと言われれば、まぁ、普通かな。
イケメンでモテるアドリアンがアイデの魅力に惹かれ、寝たいのに出来ない、って所が見所なんだろうけど。
で、ラスト含め、何なんだ、って感想。
南仏の海が綺麗だった事以外、良いところがわからなかった。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
りあの

4.0やっぱり60年代後半の南仏は堪らん!

2021年10月15日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
osmt
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「六つの教訓話」シリーズ関連作品