彼らが本気で編むときは、

劇場公開日:

解説

「かもめ食堂」の荻上直子監督が5年ぶりにメガホンをとり、トランスジェンダーのリンコと育児放棄された少女トモ、リンコの恋人でトモの叔父のマキオが織り成す奇妙な共同生活を描いた人間ドラマ。生田斗真がトランスジェンダーという難しい役どころに挑み、桐谷健太がその恋人役を演じる。11歳の女の子トモは、母親のヒロミと2人暮らし。ところがある日、ヒロミが育児放棄して家を出てしまう。ひとりぼっちになったトモが叔父マキオの家を訪ねると、マキオは美しい恋人リンコと暮らしていた。元男性であるリンコは、老人ホームで介護士として働いている。母親よりも自分に愛情を注いでくれるリンコに、戸惑いを隠しきれないトモだったが……。

2017年製作/127分/G/日本
配給:スールキートス
劇場公開日:2017年2月25日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)2017「彼らが本気で編むときは、」製作委員会

映画レビュー

4.0邦画娯楽作でLGBTにまっすぐ向き合う画期的な1本

2017年2月23日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

トランスジェンダーものでは「リリーのすべて」、レズビアンやゲイに範疇を広げると「アデル」「ブロークバックマウンテン」等々、欧米では娯楽作でもLGBTのキャラクターを中心に描き、大きな賞も獲るなど高く評価される作品が珍しくなくなってきた。邦画界は決して誇れる状況ではないものの、本作は日本で生きづらいマイノリティーを温かな目線で描く意欲的かつ画期的な1本だ。

女装した生田斗真の第一印象は正直、美しいとか可憐とかではなく、無理しているような違和感。でも現実にトランスジェンダーの人に会ったらそう感じることもあるだろう。それが、人となりを知っていくうちに慣れていき親しみを覚えるわけで、本作もそのように作られている。

子役二人の演技がいい。小池栄子はイヤな偏見女の役をよく受けたなと感心。サウンドデザインにやや難があり、カメラと被写体の距離の変化に台詞の音量が追随しないシーンが気になった。

コメントする 1件)
共感した! 11件)
高森 郁哉

3.5また多様性かよ(笑)これを認めなければ人にあらず、認めている私って...

2024年2月22日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

また多様性かよ(笑)これを認めなければ人にあらず、認めている私ってとってもいい人、的な昨今の風潮が正直嫌いです。
映画はとってもみやすかった。子役なかなか。生田斗真が微妙に綺麗(笑)
この先どうなるんだろう?というラストも良かった。
J:COM

コメントする (0件)
共感した! 0件)
はむひろみ

4.5優しさに寄り添える人々

2024年2月19日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

日々の生活で、他人に対して配慮ある言葉はどれだけのかけらるのか?自分の価値観で他人に意見する事の凶器性を体感できなように思う。
コミュニケーションの大切さを感じた。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
jiemom

3.0矢張りLGBTは苦手かも・・

2024年1月22日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

知的

難しい

最近この手のテーマは映画の世界も多くなってきているが、本作品は🎦かもめ食堂の荻上直子監督作品という事で期待したが、どうもテーマの表現の仕方が観念的。乳房や男性性器への執着をベースに母性や愛情の在り方に代入して描いているようで違和感があった。制作に藤島ジュリー・Kが名を連ねているのもひっかる。生田斗真、桐谷健太の演技もぎこちない。唯一のびのびと演じていた柿原りんかが救いであった。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
mark108hello
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る