彼らが本気で編むときは、

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
彼らが本気で編むときは、
彼らが本気で編むときは、
36%
52%
10%
1%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「かもめ食堂」の荻上直子監督が5年ぶりにメガホンをとり、トランスジェンダーのリンコと育児放棄された少女トモ、リンコの恋人でトモの叔父のマキオが織り成す奇妙な共同生活を描いた人間ドラマ。生田斗真がトランスジェンダーという難しい役どころに挑み、桐谷健太がその恋人役を演じる。11歳の女の子トモは、母親のヒロミと2人暮らし。ところがある日、ヒロミが育児放棄して家を出てしまう。ひとりぼっちになったトモが叔父マキオの家を訪ねると、マキオは美しい恋人リンコと暮らしていた。元男性であるリンコは、老人ホームで介護士として働いている。母親よりも自分に愛情を注いでくれるリンコに、戸惑いを隠しきれないトモだったが……。

2017年製作/127分/G/日本
配給:スールキートス

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)2017「彼らが本気で編むときは、」製作委員会

映画レビュー

4.0邦画娯楽作でLGBTにまっすぐ向き合う画期的な1本

2017年2月23日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

トランスジェンダーものでは「リリーのすべて」、レズビアンやゲイに範疇を広げると「アデル」「ブロークバックマウンテン」等々、欧米では娯楽作でもLGBTのキャラクターを中心に描き、大きな賞も獲るなど高く評価される作品が珍しくなくなってきた。邦画界は決して誇れる状況ではないものの、本作は日本で生きづらいマイノリティーを温かな目線で描く意欲的かつ画期的な1本だ。

女装した生田斗真の第一印象は正直、美しいとか可憐とかではなく、無理しているような違和感。でも現実にトランスジェンダーの人に会ったらそう感じることもあるだろう。それが、人となりを知っていくうちに慣れていき親しみを覚えるわけで、本作もそのように作られている。

子役二人の演技がいい。小池栄子はイヤな偏見女の役をよく受けたなと感心。サウンドデザインにやや難があり、カメラと被写体の距離の変化に台詞の音量が追随しないシーンが気になった。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 10 件)
高森 郁哉

2.0小池栄子をこそ映画は救うべきだ。

2021年2月28日
iPhoneアプリから投稿

LGBT差別排除の風潮と近親者の理解を得て手編みで悩み解消できる解脱済み知的美形トランスジェンダー。
寧ろそれより世間体に潰され陰鬱な小池栄子をこそ映画は救済すべきではないのか。
浅い。
荻上直子はやはり湖畔の玉子サンドの人だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
きねまっきい

4.0俳優の静かな演技がとてもよかった。 LGBT、親との確執、夫婦の不...

DECO-TEさん
2020年11月18日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

俳優の静かな演技がとてもよかった。

LGBT、親との確執、夫婦の不和、ネグレクト…。みんなそれぞれに生きづらさや悩みを抱えていて、油断しているとものすごい傷を負ってしまう。それを避けるように慎重に、静かに生きてきた人ばかり。そんな年齢も、事情も違う他人同士が集まって、お互いを思い合って暮らす感動的な光景が見られました。

インテリアは典型的な団地の2DK、リノベーションもされていますが和室も残るお部屋。イギリスや北欧のヴィンテージ家具のほか、昭和レトロな家具もあり、決して贅沢ではないけれど丁寧に暮らしている二人の姿が垣間見えます。

照明の使い方が上手だな、と思ったら監督を見て納得。「かもめ食堂」の監督でした。フロアランプ、テーブルランプ、クリップランプなど10種類近くのコンセント照明で暮らしていて、北欧を思わせる照らし方での居心地のいい部屋づくりが参考になります。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
DECO-TE

4.0なかなか良作

M hobbyさん
2020年11月17日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

楽しい

幸せ

生田斗真くんが、トランスジェンダー役をやってただなんて、まーったく知らず!
先日、元ジャニーズの先輩である、草彅くんがトランスジェンダーの女性を演じたミッドナイトスワンをみたばかりだったので、日本のアイドル達も、なかなか演技の幅も広がっていて、良い傾向だなと感じました。

性を題材にして映画作るのは、なかなか日本ではハードではあるなと感じていたけれど、トランスジェンダーであろうが、その他のLGBTであろうが、人が人を愛する形は、その人個人の自由であり、世の中がなんと言おうと、そこに愛は確かに存在しているといつも思う。
だから、本作も見ている間に何度も何度も愛を感じるシーンがあって、とても素敵に描かれていた。

反対に、その愛の形を、自分の物差しで勝手に測っては、人を傷つけるシーンも度々あって、そんなシーンは見るたびに悲しい気持ちにさせる。

生田斗真くん、好演でしたね。
トモ役の子役もとっても良かった。

最後はとっても切なかったけれど、きっとこれで最後じゃない。トモはちゃんとマキオとリンコの愛情を受けて、離れていても大切にしてもらえるんだろうなと勝手に想像しておいた。

小池栄子やミムラ。
良い演技してたなー。別に女として生まれてきたことは、自分が特別なわけでもなければ、選んだわけでもない。そんなものは50%の確率なだけで、いつ何時、自分の性別が変わってもおかしくないのだと私は思う。

なかなか悲しいシーンもあったけど、人の品格というのは大切です。それから、人権も。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
M hobby
すべての映画レビューを見る(全186件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「彼らが本気で編むときは、」以外にこんな作品をCheck-inしています。