劇場公開日 2017年4月22日

  • 予告編を見る

3月のライオン 後編のレビュー・感想・評価

3.6194
20%
53%
20%
4%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全194件中、1~20件目を表示

4.0「完結」と銘打っているが、3作目を期待

AuVisさん
2017年4月21日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

楽しい

興奮

原作漫画が未完なので、映画版の2作目も「完結」と言いつつ、物語的にはきちんと終了せずにエンディングを迎える。むしろ、ここから新たな展開、新しい次元の戦いを予感させる締めくくりだ。漫画は実質的に不定期連載らしいので、三年後か五年後、話がまた進んで一段落した段階でぜひ第3作を作ってほしい。川本家二女ひなた役の清原果耶、三女モモ役の新津ちせの成長を記録する付加価値も期待できる。

前置きが長くなったが、この後編、零と川本家の関係性が新たな段階に。前編では牧歌的な交流だったが、後編ではひなたが通う学校でのいじめ、そして家出した実父の登場が契機となり、零の川本家へより能動的に関わる意識が強くなる。特に零とひなたの関係が大きく動くことで、必然的に清原果耶のシーンが増えてさまざまな表情を見せてくれるのが嬉しい。

最後に神木君に言及しておくと、「桐島、部活やめるってよ」以来のはまり役ではないかと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 16 件)
AuVis

3.0原作漫画ファンです♩ せっかくキャストがよくて、前編で3月のライオ...

tomoさん
2020年5月17日
iPhoneアプリから投稿

原作漫画ファンです♩

せっかくキャストがよくて、前編で3月のライオンの世界観が伝えられたのに、後半は、原作の良さが半減してしまった。

2作で納めようとしたからも。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tomo

4.5とても良かったです

M hobbyさん
2020年5月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

興奮

幸せ

原作は読んだことなく、るろうに剣心で、大友啓史監督を知り、子役の頃から可愛いく、演技力が非常に高い神木隆之介さんの主演作ということで、前編を観ました。

将棋については将棋崩しくらいしかできない私が、前編の戦う姿に魅了され、後編に期待して観賞しました。

この映画を見ている間とにかく、息を吸うのを忘れてしまうことが多々ありました。るろうに剣心とその辺り通ずるものがあります^_^
大友監督の戦う姿の描き方、演出がきっと自分は好きなんだと思います。

一言でこの後編を説明するならば、愛の物語だと思いました。家族の愛、師弟愛、周りの人への愛、自分の趣味への愛、恋人への愛。
それぞれにある愛情がたくさん描かれ、苦しく、切なく、尊く、どのシーンもとても良かった。

後編の一番好きなところはやはり後藤戦です。
神木くんの演技がとにかく素晴らしかったです。
今までもとにかく素敵な俳優さんだなと思っていましたが、ますます好きになりました。

彼自身が自分との戦いに目を向け、向き合い、そして気付く。彼の成長を2作品でしっかり観ることができ、後編のラストシーンは晴れ晴れとした彼の表情に感動しました。

大友監督はじめ、スタッフさん、役者さん達、皆さんの努力と愛情がこんなにも素敵な作品を生み出し、それを観賞出来たことがとても幸せです。
ありがとうございました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
M hobby

2.0前編よりはよかった

shiaさん
2020年4月21日
iPhoneアプリから投稿

前編よりはよかった

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
shia

5.0面白かった。

2020年2月13日
Androidアプリから投稿

原作を知らないものにとっては、見応えのある内容だった。映画の時間に収まり切るように作るには原作をはしおるのはよくあること。全く驚かないし作者が同意してのことだろうしボウトクでも何でもない。原作を知ってしまうと原作にとらわれすぎる
。もう映画になったら違う作品として見るべきだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
れいすけ

5.0涙が涸れるほど泣いた

2019年8月20日
PCから投稿

ほとんど泣きながら見た。
主人公に感情移入して同化した。
有村架純も凄いが、清原かやの演技にも泣かされた。
感動したい人は必ず見るべし。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
アサシンⅡ

5.0幸田柾近(演・豊川悦司)が模範的な人物

2019年7月13日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

知的

萌える

将棋に「成る」というルールがあります。上級者は、あえて「成らず」という手も使います。成らないことで、香車や桂馬や銀は、金よりは、動きが制限されますが、その駒独自の動きを、生かすことができるのです。成金になれる時でも、あえて「成らず」を選べば、人生の有段者。───(ソーテック社『目力の鍛え方』)

あなたが生まれた日に、神様がコインを投げて賭けをしたとしよう。表が出たら、あなたは生涯究極の正直者を通すが、あらゆる人々からならず者だと思われる人になる。裏なら、常習的なうそつきなのに、模範的な人物と見なされる。さああなたは、どちらの人生を選ぶだろうか? 西洋哲学史で、人類にもっとも大きな影響を与えてきた書物の一つ、プラトンの『国家』は、表を選ぶべきだとする議論を長々と展開している。彼によれば、徳が高く見えるより、実際そうであるほうが重要なのだ。───(紀伊國屋書店『社会はなぜ左と右にわかれるのか――対立を超えるための道徳心理学』)

将棋も終わった後の感想戦が楽しいのです。「あそこでこういう手があったな」という感想戦で力が伸びていきます。───(きずな出版『生きる誘惑 自分を動かす61の工夫』)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
HEALTH AND GRAVITY

1.5余計なことしすぎ!!原作レイプ

さーきさん
2019年4月12日
スマートフォンから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
さーき

2.5後編の見所は、倉科カナの色気

2019年3月12日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ふぁーびー

4.0前編と変わらず将棋のシーンはなってない。あんなど素人の終盤のような...

2019年2月26日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波、CS/BS/ケーブル

前編と変わらず将棋のシーンはなってない。あんなど素人の終盤のような局面までプロは指さんわ(笑)
このダサいシーンを極力排除、川本家との人間ドラマに重きを置いたことは良かった。ひなたいじめに妻子捨男登場。面白く見ることが出来た。
しかし両問題とも今ひとつの結末。
・いじめに苦しみ泣いてる時に「ありがとう」とか言われる。いやー、引くやろ。
・主人公が謝罪に行く前に現れろよ三姉妹!そうすりゃもう少し感動できたのに。

いよいよの名人戦、その顚末を描かなかったのは正解。やっぱこの名人、威厳なし。エンディングの曲ももう一つ。
原作を盛り込もうとしすぎて深みがない印象。だが、後編の方が人間模様があり、飽きずに見ることが出来たかな。
清原果耶の庶民的透明感が素晴らしい。有村架純のミスキャスト度は変わらずMAX。ただ子役は有村に似ててなぜか笑える。

お気に入りの台詞
自分で作ったバケモノと闘うんじゃないぞ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
はむひろみ

4.5将棋の世界を堪能

2019年2月12日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波、CS/BS/ケーブル

興奮

知的

幸せ

原作は未読。前編は☆3.5にしましたが、後編はぐっとおもしろくさが増し将棋の世界に引き込まれました!

将棋の知識はほぼゼロなので前編はイマイチ入り込めなかったのですが、後編は何故だか雰囲気で状況が伝わり、将棋の勝負をおもしろいと感じました。

それぞれの人間関係も動き出したのもおもしろかったです。
ですが、原作ファンの人から不満が出てる川本三姉妹の父親を零が追い払おうとするシーン。
私も観ててこのシーンは悲しかったですし、川本三姉妹らしくなくて嫌悪感がありました。
このシーンは原作と違う云々ではなく、何でこの発言?何でこうなる?と腑に落ちず残念でした。

零が将棋にはまる気づきになったシーンはよかったです。夢中になってる様子に大興奮でした!

前編、後編というよりは4時間映画だと思います。
前編で一応の完結があるものと完全に中盤で終わるものがありますが、後者だと思います。
将棋の世界をゆっくり丁寧に鑑賞というタイプの映画でした。

ちょっと中年男性にははまらない気がしますが(ちょっと深みが足りないかな)、それ以外の方になら将棋の世界を一度堪能してみる意味でおすすめします。
深みがない分、難しくなくて見やすいです。足りない分は役者さんの演技力がカバーしてます。

でも、「舟を編む」みたいな大人向けに作ったのが観たかったです。漫画原作だから仕方ないのかな。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
りりまる

4.0豪華キャストが持ち味を発揮

光陽さん
2019年2月12日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:TV地上波

楽しい

前編を観ての期待値が高かったので後編はやや肩透かしをくらった感じでしたが、それでも最後まで飽きずに観ることができました。
前編後編通じてたくさんの豪華キャストがそれぞれ持ち味を発揮していて良かったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
光陽

1.0キャストはすごく良いので残念。 原作とは別作品でした。

dl_mkさん
2019年2月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

キャストはすごく良いので残念。
原作とは別作品でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
dl_mk

4.0前編と趣を異に

2019年1月20日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

将棋の世界には前編で引き込まれているだろう。それに対して、後編では三姉妹が大きく描かれている。清原果耶は、素晴らしい存在感。今後もよい作品に出て、活躍してほしい。後半はとにかく、いろんな「勇気」があって、その勇気をもらった感じ。すばらしい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まこべえ

3.5長かった

のののさん
2019年1月14日
スマートフォンから投稿

2時間18分もあるんですねこれ。
長くて見るのが疲れた。

将棋のシーンが無いというレビューをよく見かけるが、原作通り将棋と人間関係を通してのヒューマンドラマなので原作通りという感じ。

長いけどうまくまとまってた気がする。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ののの

2.5将棋よりヒューマンドラマ化

ぴーこさん
2019年1月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

単純

前編が将棋推しだったので、もう少し将棋のシーンに期待したけど、色々な人間ドラマが入り過ぎて散らかってた印象。

原作だったらもっとストーリーに厚みがあるんだろうけど、映画で2時間にしちゃうと薄っぺらい感じ。もったいない。

結構色々な人の感情が描かれてる分宗谷名人の何もわからなさがすごい、耳が聞こえない件も一回出たきりで放置、、、うーん
色々な部分が伏線のようでまとまりきらずだったんだろうなと思った。

宗谷名人のスピンオフとかないかばー?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ぴーこ

5.0涙が止まらない、この想いを胸に生きていきたい

2018年12月25日
PCから投稿

前編を観て、想いを高めて敢えて期間をおいて観ました。
彼に皆んなが引き寄せられる謎について答えを知りたくて。
彼にまつすぐな想いとひたむきさ。
ともすれば誤解を招くような不器用さ。
それでもやっぱり届けたい想い。
あの三姉妹のひたむきさにも心が打たれます。
そうなんです。
みんなが彼に寄り添うことで、感動し、生きる歓びを感じているのです。
養父もその家族も反目しつつ、絆を深める。
苦しみに生い立ちに目を背けることなく、前を見て、生きていく。
そうすれば怖いことなどない。
大切なことを教えてもらいました。
感動を有難うございました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アサシン

2.018130

2018年12月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波、CS/BS/ケーブル

将棋じゃない話が多い

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たかたかたか

5.0とても良い作品でした。

2018年12月21日
iPhoneアプリから投稿

心の深淵に共感を覚えた。
将棋知らないのに、笑って泣いて良いため息をつけた。
前編と後編と見て、更に後があって欲しい、彼や彼女らを見続けたいと思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
totechinsyan

3.0将棋というよりも家族ドラマ

あっこさん
2018年12月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

正直に言うと、前編の方が面白かった。
前編将棋が題材であるからこその内容であったと思うけど、後編はありきたりな家族愛のドラマが中心だったように思う。

有村架純ちゃんに加えて、清原果耶ちゃんの演技は心に響くものがあった。
泣き叫ぶシーンは本当に刺さるものがあった。

物語としての見応えは前編の方があった。
最後の獅子王戦の結末も見たかったなと思う。
続編してほしい。

全く触れなかったけど、神木くんはさすがだった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あっこ
「3月のライオン 後編」の作品トップへ