劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女
劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女
12%
38%
33%
13%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

魔法が技術として確立された世界を舞台に、通称「魔法科高校」に通う兄妹と仲間たちの波乱の日々を描いた人気ライトノベルで、2014年にテレビアニメ化された「魔法科高校の劣等生」の初の劇場版。魔法科高校に通う劣等生の兄・達也と優等生の妹・深雪。一学年目が終わり、春休みを迎えた2人は、仲間とともに小笠原諸島のとある島の別荘へ休暇に訪れる。つかの間の休息を楽しむ達也たちだったが、そんな彼らの前に、海軍基地から脱走してきたという少女・九亜が現れる。脚本を原作者の佐島勤が自ら手がけ、監督はテレビアニメ版で演出や絵コンテを担当した吉田りさこが務める。アニメーション制作は「IS インフィニット・ストラトス」のエイトビット。

2017年製作/90分/G/日本
配給:アニプレックス

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21
  • 画像22
  • 画像23
  • 画像24
  • 画像25
  • 画像26
  • 画像27
  • 画像28
  • 画像29
  • 画像30
  • 画像31
  • 画像32
  • 画像33
  • 画像34
  • 画像35
  • 画像36
  • 画像37
  • 画像38
  • 画像39
  • 画像40
  • 画像41
  • 画像42
  • 画像43
  • 画像44
  • 画像45
  • 画像46
  • 画像47
  • 画像48
  • 画像49
  • 画像50
  • 画像51
  • 画像52
  • 画像53
  • 画像54
  • 画像55
  • 画像56
  • 画像57
  • 画像58

(C)2016 佐島勤/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/劇場版魔法科高校製作委員会

映画レビュー

2.0いきなりだと無理

2021年3月4日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

TVなり予習なくして観るのは厳しい。それが常識なのかなあ。原作が長いので、映画で済ませるタイプなので、アニメ作品もそうだと嬉しいのだけど。
この作品では敵味方の関係が分からなくて???だった。30秒~2分ぐらいで経緯を説明して欲しかったな。結局、そこは謎のまま、終わった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
bluetom2000

2.5魔法技術

2021年1月5日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

魔法が技術として確立された時代の話で、専門学校に通う兄妹が主人公。
研究所で地球規模のテロを画策する所長と戦うことに。
美少女アニメの香りがする。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

5.0流石です、お兄様。

mcxxiさん
2020年10月11日
iPhoneアプリから投稿

この作品自体、達也をかっこよく見せるための舞台装置に過ぎない。

脚本がだめ?話がわからない?戦闘シーンがない?

そんなこと些細なこと。

お兄様を褒め称えよ。そうすればすべてを許せる。

コメントする (コメント数 3 件)
共感した! (共感した人 3 件)
mcxxi

5.0「一見さんお断り状態の『さすおに』映画だが説明台詞の応酬になるよりは、潔くて個人的は悪くないと思う」

2020年10月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

第2期テレビシリーズの一話を見て、劇場版を未見だったのを思い出し配信サービスにて鑑賞。
ちなみに原作はほとんど未読で第1期テレビシリーズは放送時に見て楽しんだ範囲の浅めのファンです。

一見さんお断り状態で、いきなり劇場用の映画として観ると、冒頭の簡単な世界観の説明のみで、物語が進み戸惑うが、馴染み客以外にサービスしない振り切った作りで、説明台詞の応酬になるよりは潔くて個人的はアリで悪くないと思う。

第1期テレビシリーズから製作会社が変わった影響も少ない様子で、今回の劇場版は、原作者のオリジナル脚本なので、お馴染みの登場人物の設定や描写にブレがなく、後半の戦闘シーンを含めて主役の達也の超人的活躍とお約束の「さすおに」部分も含め安心して見られる。

それとテレビ版には無い主要女性キャラの水着姿やお風呂のサービスショットが、前半の見せ場?だと思う。(ほのかの露出狂スレスレ私服はやりすぎだと思うが)

全体的には、独特なテンポ感と間合いでストーリー展開の起伏に乏しくて戦闘シーンなどの見せ場をもう少し盛ってほしい出来だが、主役の兄妹である達也と深雪が日常場面で、食事の支度をしていると達也がさりげなく手伝ったり、座る時に椅子を引いたりなど、お互いを思いやる心情や行動を割と丹念に描写しているので、達也の無敵で超人的活躍の原動力でもある大事な要素きちんと押さえていると思う。

懸念だったテレビシリーズ未登場のキャラであるアンジェリーナが突然現れて主要な役回りを演じたりするが、空港でのやり取りや作戦会議での振る舞いで何となく天然ボケの性格や軍人としての有能な部分が感じとれるので、初見でも想像出来る範囲に描かれている。

気になるところは、テレビ版もだが、日付や場所が表記されるが、特に緊張感やサスペンスを形成される訳でもないので必要なのか疑問。日付や場所の表記は原作にもあるが・・

達也がバカンスをしている島から2度も離れて軍の基地に行って戻るところを描写しているが、変化や事件も起きず省略しても問題ない部分。

生体兵器として実験的扱いを受けている魔法少女を8人も敵地に救助に行くのに対したプランも立てずに行くのはあまりにも雑な展開。
船の停泊している港まで車ぐらい準備して脱出するのが、普通なのに何故か徒歩で逃げる場面があり唖然とした。

レオとエリカの活躍も中途半端で、アクションシーンにもアニメ特有の動きや見せ方の工夫が足りない印象。

など色々と設定や展開にツッコミどころも多い作品ですが、やたらと泣き叫んだり激高してキレたりして敵に勝つアニメが多い中、冷静に淡々と実力やロジックを駆使して戦う主人公達也の活躍は安心して楽しめるので、テレビシリーズも含めお気に入りです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ミラーズ
すべての映画レビューを見る(全54件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る