美しい星

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
美しい星
13%
41%
36%
7%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

三島由紀夫の異色SF小説を、「桐島、部活やめるってよ」「紙の月」の吉田大八監督が映画化。平凡な家族が突如として「宇宙人」に覚醒する姿を、舞台を現代に置き換えた大胆な脚色で描く。予報が当たらないことで有名なお天気キャスター・大杉重一郎は、妻や2人の子どもたちとそれなりの暮らしを送っていた。そんなある日、重一郎は空飛ぶ円盤に遭遇したことをきっかけに、自分は地球を救うためにやって来た火星人であることを確信。さらに息子の一雄が水星人、娘の暁子が金星人として次々と覚醒し、それぞれの方法で世界を救うべく奔走するが……。父・重一郎役をリリー・フランキー、息子・一雄役を亀梨和也、娘・暁子役を橋本愛、母・伊余子役を中嶋朋子、大杉家に近づく謎の代議士秘書・黒木役を佐々木蔵之介がそれぞれ演じる。

2017年製作/127分/G/日本
配給:ギャガ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)2017「美しい星」製作委員会

映画レビュー

4.0リリー・フランキーの火星人ポーズ、クセになる

AuVisさん
2017年5月30日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

笑える

楽しい

私を含め原作を読んでいない人にとっては、三島由紀夫ってこんな小説も書いていたんだ、と意外な印象を受けるストーリー。リリー・フランキー、佐々木蔵之介らが特異なキャラクターをコントにしない絶妙なバランスで演じる。とくにリリー・フランキーのお天気キャスターが番組の最後を締めくくる一連の動きのポーズが破壊力満点。彼のとぼけた感じの表情にもはまっている。劇中で何度か繰り返されるのだが、そのうちに「もっと見たい!」と変な欲求がわいてきて困った。

橋本愛は、浮世離れした美少女の雰囲気をうまく出せていた。彼女には陰のあるキャラクターが合う気がする。そういえば「桐島、部活やめるってよ」でも暗い感じの女子高生を演じていた。吉田大八監督、さすがです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
AuVis

4.0【リリー・フランキー扮する火星人の決めポーズが忘れられない怪作】

NOBUさん
2019年11月26日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

知的

幸せ

 三島由紀夫の異色SF小説を吉田大八監督が”まさかの”映画化した作品。

 <大杉家の人々(宇宙人達)>

 父:大杉重一郎 テレビ気象予報士:火星人(リリー・フランキー)
 母:大杉伊余子 専業主婦:地球人(中島朋子)
 息子:大杉一雄 メッセンジャー(自転車宅配人):彗星人(亀梨
和也)
 娘:大杉暁子 大学生:金星人(橋本愛)

 と記載しているだけで、不思議感満載だった映画を思い出す。

 佐々木蔵之介演じる謎の人物、黒木の佇まいも宇宙人ぽくて宜しい。

 宇宙人として覚醒した重一郎の決めポーズの強烈なインパクトが鑑賞後、2年半経った今でも忘れられない。(私は、笑いを抑えるのに必死だった)
(橋本愛が”少し恥ずかしそうに演じる”金星人のポーズも忘れられない。)

<何故に、三島由紀夫は今作を世に出し、何ゆえに吉田大八は今作を映画化したのか?、それ自体がミステリーである。(褒めてます)>

<2017年5月26日 劇場にて鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
NOBU

1.0無謀な映画化

odeonzaさん
2019年8月16日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
odeonza

2.5原作好きです

ミカさん
2019年8月8日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

難しい

私は、三島由紀夫が好きなのですが、彼の小説の中で一番好きなのが「美しい星」です。「美しい星」は、耽美な三島文学の中でも上位に入る位に表現が美しいと思うのですが、映画はその文体の美しさを感じられなかったです。また、一家の選民思想的な思考や振る舞い、妄想の強さも、原作の方が上だと思いました。原作は、自死した晩年の三島の精神状態を垣間見れる位に狂気的ですが、その迫力もなかったです。原作好きが映画と比較するとどうしても酷評になってしまいますが。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ミカ
すべての映画レビューを見る(全102件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「美しい星」以外にこんな作品をCheck-inしています。