美しい星のレビュー・感想・評価

メニュー

美しい星

劇場公開日 2017年5月26日
101件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

リリー・フランキーの火星人ポーズ、クセになる

私を含め原作を読んでいない人にとっては、三島由紀夫ってこんな小説も書いていたんだ、と意外な印象を受けるストーリー。リリー・フランキー、佐々木蔵之介らが特異なキャラクターをコントにしない絶妙なバランスで演じる。とくにリリー・フランキーのお天気キャスターが番組の最後を締めくくる一連の動きのポーズが破壊力満点。彼のとぼけた感じの表情にもはまっている。劇中で何度か繰り返されるのだが、そのうちに「もっと見たい!」と変な欲求がわいてきて困った。

橋本愛は、浮世離れした美少女の雰囲気をうまく出せていた。彼女には陰のあるキャラクターが合う気がする。そういえば「桐島、部活やめるってよ」でも暗い感じの女子高生を演じていた。吉田大八監督、さすがです。

AuVis
AuVisさん / 2017年5月30日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

クソの三島に頼るクソ映画

いやはや、酷い話だ。
こんなふざけたストーリー、コメディーでもなく、オチもない。
橋本愛は宇宙人にふりした薬物でレイプされて妊娠させられる。
全部詐欺、騙し。
それで、リリーフランキーだけ宇宙船に乗るてか。
三島は純文学ではないし、国を憂いてもいない。
ただのホモの情死をカモフラージュしただけ。
この話の筋は支離滅裂。
亀梨はプラネタリウムをラブホにしようとして振られる。
リリーフランキーは助手と不倫。
でも、橋本愛は美しいな。
指先まで美しい、品があるのにエロい、あの陰翳がたまらん。
眼を閉じて震えてるだけで、股間が疼く、うーん、いや、それだけでも、最後まで観てしまいまぢた。

アサシン
アサシンさん / 2018年11月8日 / PCから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

『昼顔』からホタルつながりで見た(笑)

家族崩壊をテーマにしているのかと思いきや、宇宙人の話になり、そして地球の環境問題へと発展していく。
ヘンテコな作りだけど、内容は深く、とてと考えさせられる。

こんな作品をよくもここまで面白いできたもんだ。さすがは吉田大八監督。

サケビオース
サケビオースさん / 2018年11月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 楽しい 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

難しいなぁ

言いたい事は分かるけど
結局どうなん?ってのが残った

映画全体として胡散臭い
でもいい意味で(どんな意味やねんw)

それにしても、リリーフランキーはクセのある親父やらせたら最高やな

masamichi
masamichiさん / 2018年10月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

で、どっちだったの?

謎を残して終了。不思議な映画。

肉ネ~ム
肉ネ~ムさん / 2018年9月20日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

こんな内容やったんや

最後は天に召されたという事かな

JK
JKさん / 2018年9月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

よくわからない

散歩する侵略者を思い出した。リアルな宇宙人を描いている。それって、今の地球に起きている危機を我々に伝えているのだと思う。ただこの宇宙人は結局一体何がしたかったのかがよくわからない。なぜ地球に生まれてきたのかも。なぜそれが家族だったのかも。水との関連は?難しかったみたいです。

いつこ
いつこさん / 2018年8月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

何が表現したいのか

このままでは人類が滅ぶ道筋を歩んでいることを表現したいのか、
本当に美しい星は人間が存在しない星ということ?

上みちる
上みちるさん / 2018年8月12日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

異星人 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

地球環境問題など、単なる付け足しで主題ではない。
崩壊寸前の家族は、それぞれが独りよがりの相容れない価値観に従って行動しており、まさに異星人の集まりだから、自分の価値観に引き入れようとしても無理。異星人と認め合うことで初めて互いを認め合えるのだから。
主人公の末期ガンがきっかけで、家族が初めてひとつにまとまり、全員で主人公の心のよりどころであるUFOに会いに行く。最後のシーンは本物の宇宙船と言うよりも「魂」の容れ物だろう。そこから地上を見下ろして家族が寄り添っている様子を映すラストシーンは、「美しい星」のテーマが環境問題などではなく、人と人、或いは家族の繋がりだと教えてくれている気がする。

マルットロイド
マルットロイドさん / 2018年7月27日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

地球には未来がある

気象予報士の父(リリー・フランキー)は火星人、代議士の運転手をしている長男(亀梨和也)は水星人、女子大生の長女(橋本愛)、そしてお母さん(中嶋朋子)は地球人だった。
太陽系惑星連合を代表して父親は環境破壊を続ける地球人に警鐘を鳴らすのだが・・・。
なんとなく言いたいことは分かるのだが、突き抜けることはなかった。

いやよセブン
いやよセブンさん / 2018年7月25日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える 怖い
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ぶっとびすぎてる…

言いたいことは何となく理解したが、ついていけなかった。無念。

あれは狂言だったのだろうか。

コメディの中に、社会問題をぶち込むことが難しいと思うけれど、うまい具合に、いい具合に?融合した作品だとは思ったが、、、笑

リリーフランキーは最高でした。

ちゃーるすとん
ちゃーるすとんさん / 2018年7月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

原作を読んだほうがいいのか?

上智ソフィア祭は協力して失敗なのでは?
劇伴は良かったけど難解
どうでもいい役で藤原季節目立ちまくり
橋本愛のウェディングドレス姿が拝める

個人的下書き
個人的下書きさん / 2018年6月6日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  難しい 笑える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

失苦笑

だらだらと訳の分からない家族の垂れ流し。
十分時間を浪費させられた上、感想まで書く気になれない。
そんな映画だった。

みみず
みみずさん / 2018年3月1日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ポスターデザインは大事やで ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

三島由紀夫アーンド吉田大八
となると食い付かないわけもないわけですが、さすがに劇場には足を運ばなかったにしろ。
(しかし、あのポスターセンス無さすぎだろ。萎えるよ)

とか言っても正直三島由紀夫の文体が苦手でほとんど読んだことがない。「仮面の告白」くらいかな、あと「金閣寺」は途中であきちった。
堅苦しい表現が受け付けなくて

何を血迷って?こんなSF書いたのか知らないが当然読んでません。

考えるまでもなくかなりオリジナル要素が入ってるんでしょうが、原作はともかくこの映画は…
端的に言えば中途半端かなあ。何がしたいのかもわからない

コメディとしてもいまいち崩壊していく家族を描いたとしてもいまいち。
なんかこうピンとこない。何かを皮肉ってるとか、暗示してるとかいうのもいまいち伝わって来ません。

というか中盤で飽きてしまった、何ヵ所か声出して笑えたけど全体的に退屈。
それに佐々木蔵之介の黒木いう人は結局なんなんだ?
リリー・フランキーの演技が素晴らしかったかな。なんかもう完全に役者になってきたなあ、この人
(声優はダメだと思ったけど他で書いたけど)

守銭奴
守銭奴さん / 2018年2月3日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

あんなお天気おじさん困るだろ(笑) ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

完全に危ないおじさんになってて、周りはあの状態でも精神科連れてかないんだ?ってなる。

家族全員宇宙人かと思ったら妻は地球人(笑)
父親は特に特殊能力もなく、息子も見た目が良いだけ、娘は風を起こしてたが処女懐胎をぶち上げる電波状態。

宇宙人であると言う言い分はさておいても、家族のドラマにしては長いし、宇宙連合にしては噛み合わないので、「なんだこれ?」と言う気持ちが残る。
リリー・フランキーのあの決めポーズは笑うから止めてほしい(笑)

うにたん♪
うにたん♪さん / 2018年2月3日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  楽しい 悲しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

あかん…

自分には合わず。とにかく早く終われ〜といった感じ。早回ししたくて仕方がなかった。

あみ
あみさん / 2018年1月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

脚本家の力不足を感じる映画。

いきなり温暖化に本気を出す火星人お天気キャスターお父さん役のリリーフランキーさん。
へんなミュージシャンと知り合い、私は金星人と言い出す娘役の橋本愛さん。
周りの人達にのめり込み自らも水星人と言い出す息子役の亀梨和也さん。
唯一地球人なのにネズミ講に引っかかるお母さん役の中嶋朋子さん。
各惑星人が繰り広げるシュール過ぎる映画。。。
はっきり言って長い。映画としてはつまらない。
演劇スタイルをそのまま映画に持ち込みました感が強すぎる。

テーマは環境問題を絡めたりするのは良い事。だけど内容が古い。二酸化炭素で温暖化?昔より冬は年々寒くなっているんですが?温暖化だけでは今や話が通用しない。
オゾン層破壊以外も環境変化に影響している事はたくさんある。

また、嘘を平気で流すテレビが紹介する環境問題をみんながみんな鵜呑みにしてはもらいたくはない。
そこを語ってくれれば評価は高くなったのだが、残念。脚本家の力不足を感じる映画でした。

巫女雷男
巫女雷男さん / 2018年1月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ヘンテコが地球を家族を救う!?

シュールって言葉があるが、シュールな映画を見た(笑)
三島由紀夫自ら“ヘンテコ”と称した小説の映画化。確かにヘンテコ!
印象的な作品多い吉田大八監督作の中でも、格別異色作!

助手の女の子と不倫してるお天気キャスターの父。
明らかに胡散臭いミネラル・ウォーター販売にハマる母。
メッセンジャーのフリーターの息子。
女子大生の娘。
よくある“一見裕福そうだが、崩壊寸前”の家族。
そんな家族の絆再び…って話じゃない。
だって、各々宇宙人に覚醒するんだから!

父は火星人、息子は水星人、娘は金星人。とあるきっかけで覚醒!
父はお天気の生放送の場で地球の環境問題について警告する。太陽系連合の一員!
娘はとあるストリート・ミュージシャンと出会い、彼も金星人、彼の子…つまり、金星人の子供を妊娠する。
息子はひょんな事から議員の仕事を手伝う事になるが、その秘書も宇宙人…?
社会生活でも、家族の中でも、周囲を巻き込んで大騒動!
でも、母だけは地球人。何故か地球人。

火星人の父・リリー・フランキー、地球人の母・中嶋朋子、水星人の息子・亀梨和也、金星人の娘・橋本愛。
普段から何処となく地球人離れしてるリリーが火星人を好演。あの“火星人ポーズ”はツボに入った(笑)
橋本愛は金星人になってもやっぱ可愛い。奇妙な金星人ポーズは萌えちゃうやろ!
議員の秘書で宇宙人…? 佐々木蔵之介も独特の存在感を放つ。

彼らは本当に宇宙人か…?
それとも、ただの思い込みか、妄想か…?
明確にしてるのではなく、見る側に解釈を委ねてるのが面白い。
地球温暖化。環境問題。
それは誰の責任か、これからの子供たちはその責任を背負ったまま生きなければならないのか。
訴えるだけの輩。今、行動を起こさなければ意味が無い。
この“美しい星”を、救うには…?
地球の危機。家族の危機。
…などなど、一応メッセージ性も勿論込められ、哲学的でもあるが、やはりこのシュールな作風に魅せられる。
皆大真面目にやってるんだけど、何故か笑えてくる。最後は凄みを感じる。
どういうオチになるか最後まで飽きず、シュールな作風を普遍的な家族ドラマとして収束させ、何とも言えぬ不思議な余韻で締め括る。
本当に何だか、不思議と気に入ってしまった。

これは、メッセージのある社会派映画である。SF映画である。コメディである。静かな感動呼ぶ家族の物語である。

しかし、本当に宇宙人に覚醒した地球人って居るのかな…?
映画では居たね。
1964年、金星の超高度文明を一夜にして滅ぼした宇宙超怪獣の襲来を予言した金星人が。
「わたくしは、金星人…」

近大
近大さん / 2018年1月12日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 4 件)

少し不思議

桐島が面白かったから、これも観てみましたが‥

内容は少し不思議。だけどその不思議を自分なりに解釈してみたくなる程の深さは持ち合わせていない。

軽いから?恐さがない?メッセージ性が弱い?何かわかりませんが、宇宙人を出すのだったら圧倒的な分かり合えなさが欲しいと思いました。宇宙人も地球人も変わらない描写だった。それとも宇宙人自体実は一人もいないかもしれない感を出したかったのかな?

原作未読ですが、製作サイドの三島由紀夫原作リスペクトが悪さをしているのかも。

申し訳ないけど魅力が伝わらない。もったいない。

カルカソンヌ
カルカソンヌさん / 2018年1月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

個人的にはあまりハマらなかった

お天気おじさんのお父さん、メッセンジャーの兄と美人で大学生の妹、専業主婦のお母さん、がそれぞれ、火星人、水星人、金星人、地球人だったという、吉田大八版「未知との遭遇」みたいな作品。

原作は東西冷戦時代に書かれた三島由紀夫の同名SFで、時代設定を現代に置き換えて再編しているらしい。(原作未読なので)

観終わったあとは正直「ん? なんじゃこりゃ」と困惑した。
吉田作品は「霧島~」がハマらなかったので、正直合わないのかなーと思ってたんだけど、本作もイマイチハマれなかった感じ。
上手いとは思うけど、面白くはないっていうか。

原作を読んでいれば、また印象も変わったのかな?

青空ぷらす
青空ぷらすさん / 2018年1月6日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

101件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報