ポッピンQ

劇場公開日

  • 予告編を見る
ポッピンQ
ポッピンQ
12%
30%
38%
13%
7%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

老舗アニメプロダクションの東映アニメーションが創立60周年を記念して手がけた、完全オリジナルの長編劇場アニメ。それぞれに悩みを抱える5人の少女がぶつかり合い、成長していく姿を、華やかなダンスや音楽を交えて描く青春ストーリー。自分を変えたいのに変えられないことに悩む中学3年生の伊純は、海辺で美しく輝く「時のカケラ」を拾う。カケラの持つ力で、全世界の時間を司っている「時の谷」と呼ばれる不思議な世界に迷い込んだ伊純は、そこで同じカケラを持つ同い年の4人の少女と出会い、「時の谷」の住民である「ポッピン族」の長老から、世界の危機を知らされる。その危機を回避するためには、時のカケラを持つ5人の少女が、ダンスで心をひとつにしなくてはならず……。監督は、「プリキュア」シリーズのダンス映像を数多く手がけてきた宮原直樹。

2016年製作/95分/G/日本
配給:東映

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15

(C)東映アニメーション/「ポッピンQ」Partners 2016

映画レビュー

3.5主題にして最大の疑問

2638さん
2019年3月26日
Androidアプリから投稿

泣ける

萌える

見に行こうと思いつつ、結局DVDです。
私にとってこの映画の最大の魅力がキャラデザなので、無条件に★3は入れます。ストーリー的にも思春期の各々の悩みは、共感できるものが五人のお嬢さんたちのうち誰か一つは観賞者の心にぶち当たりそうだと思うので、大筋はファンタジック青春映画で良かったと思います。

しかし主題にして最大の疑問はダンスです。ダンスじゃないと駄目な理由がストーリー上で分かりにくく、「ダンス流行ってるから流行りに乗っただけでは?」と思ってしまいます。
五人の力を合わせないと駄目という展開なら、五人の協力と努力により、得意不得意を見極めて、素材を持ち寄って何か作るとかで良かったのでは。最後の彼女は作る役とかで。
ダンスは得意不得意があって全員が完璧に同レベルにするのは困難です。得意な人が不得意な人をサポートするのは確かに美しい姿勢ですが、そこにはどうしても得意な人への優位性が生じ、最大の功労者が一人だけ出ることになります。これまではそれが主人公(この作品では赤と紫)と呼ばれる存在でした。
しかしもうそんな時代ではないのです。全く違う土俵に見えるけれども、大局で見れば全員が各々できることを最大限に努力して、それが平等にみんなの役に立っているという世界が求められているのではないでしょうか。
その点では、この作品はちょうど過渡期にあると言えるかもしれません。それぞれ得意不得意がありつつ、技能的に主人公に注目する視点は捨て切れない位置にあります。もう少し時間が経つと「フレンズによって得意なこと違うから!」が大絶賛される時が来て、主人公の叡智はすごいけど「あなた何もできないのねえ」という作品が出るわけです。

長くなりましたが、といった具合のストーリー上の大事なところに引っかかったので、大手を振って面白いとは言い難いのですが、最初に述べましたとおり、キャラデザだけで素晴らしいのと、今後続編に期待ということで★3.5です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
2638

0.5ダンスで戦闘は無理がある。

2018年12月15日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

寝られる

数年前劇場で公開されていたのは覚えていて、公開が短かったのは覚えていて、「ポッピンQとは何ぞや?」と思っていた作品。東映60周年記念のアニメらしい。

作画は日曜朝にテレビ朝日にて放映されている少女アニメ調で、時折フルCGキャラも組み込まれている。
だが、〇〇周年にて凄く手間がかかっている訳でなくTVアニメの質に少し毛が生えた程度であった。

内容とすると、浜辺にて綺麗な星のかけらを拾い、ファンタジーな世界へ導かれる中学3年少女達の物語。
ファンタジー内容も朝アニメ並み。

このファンタジーの世界を助けるにはダンスらしい。
まるで某業界にそそのかされて義務教育体育にもダンスを取り入れたかの様な「?何故ダンス」なのである。
ダンスのフルCGも酷い酷い、、、。
眠たい眠たいw

いざ闘いへ。
ダンスフォーメーションって何?
ダンスで敵と闘うってどういう事だってばよ!www
いささか、こじ付けが大変なバトルでした。
(昔、肩にスピーカー付けたロボットのロックバンド調アニメあったぁ、ぐらいのこじ付け)

どこ対象向けアニメなのかなぁ?
成人アニメオタク向け?
3歳〜小学校低学年の少女でも母親と一緒に劇場で楽しめるかなぁ〜と?不思議でならない内容。
分かりやすく、もっと夢ある内容なら良かったのに。。。。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
巫女雷男

0.5全然楽しくない!!

2018年9月6日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

寝られる

萌える

女の子のデザインが可愛く、特に現実世界の背景はとても良いですが、ストーリーはとてもつまらないです。ダンスで解決するなら、変に小難しくしないで単純で楽しい内容が良かったです。ポッピン族のデザイン(特に長老)も酷いので、記念作品なのだから別のデザイナーと分担した方が良かったと思います。全然楽しくないのに、続編を臭わせる終わり方も妙にイラつきます。まだまだ東宝に追い付けない感じがします。

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
𝔄𝔫𝔤𝔢𝔩𝔬

2.5駆け足すぎて唐突に感じる

shotgunさん
2017年11月7日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

卒業式を控え、部活にも私生活にももどかしさを感じる中学3年生の伊純はある日気がつくと異世界に居た。そこで世界の危機が迫っていると知り…。
一部に熱狂的なファンがいるので鑑賞。世界の危機をダンスで救う以外は割と順当な青春モノ。それにしても駆け足すぎるような…。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
shotgun
すべての映画レビューを見る(全41件)