映画 聲の形

劇場公開日

  • 予告編を見る
映画 聲の形
44%
43%
9%
2%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「週刊少年マガジン」に連載され、「このマンガがすごい!」や「マンガ大賞」などで高い評価を受けた大今良時の漫画「聲の形」を、「けいおん!」「たまこラブストーリー」などで知られる京都アニメーションと山田尚子監督によりアニメーション映画化。脚本を「たまこラブストーリー」や「ガールズ&パンツァー」を手がけた吉田玲子が担当した。退屈することを何よりも嫌うガキ大将の少年・石田将也は、転校生の少女・西宮硝子へ好奇心を抱き、硝子の存在のおかげで退屈な日々から解放される。しかし、硝子との間に起こったある出来事をきっかけに、将也は周囲から孤立してしまう。それから5年。心を閉ざして生き、高校生になった将也は、いまは別の学校へ通う硝子のもとを訪れる。

2016年製作/129分/G/日本
配給:松竹

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
原作
大今良時
脚本
吉田玲子
製作
八田英明
吉村隆
沖中進
加藤雅己
高橋敏弘
吉羽治
企画
八田陽子
古川陽子
西出将之
中嶋嘉美
黒田康太
松下卓也
プロデューサー
大橋永晴
中村伸一
植月幹夫
飯塚寿雄
立石謙介
アシスタントプロデューサー
瀬波里梨
鎗水善史
長谷川百合
高橋祥
奥長祥正
伊藤洋平
キャラクターデザイン
西屋太志
総作画監督
西屋太志
絵コンテ
山田尚子
三好一郎
山村卓也
演出
小川太一
河浪栄作
山村卓也
北之原孝將
石立太一
設定
秋竹斉一
作画監督
門脇未来
丸木宣明
明見裕子
植野千世子
角田有希
岡村公平
池田和美
西屋太志
原画チーフ
北之原孝將
石立太一
佐藤達也
色彩設計
石田奈央美
色指定
石田奈央美
宮田佳奈
特殊効果
三浦理奈
美術監督
篠原睦雄
3D美術
鵜ノ口穣二
撮影監督
高尾一也
3D監督
冨板紀宏
音響監督
鶴岡陽太
録音
名倉靖
音響効果
倉橋裕宗
音楽プロデューサー
中村伸一
音楽
牛尾憲輔
主題歌
aiko
編集
重村健吾
アニメーション制作
京都アニメーション
制作協力
アニメーションDo
全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第40回 日本アカデミー賞(2017年)

ノミネート

優秀アニメーション作品賞  
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21
  • 画像22
  • 画像23
  • 画像24
  • 画像25

(C)大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会

映画レビュー

5.0映画としてのセンスが抜群

ローチさん
2017年12月27日
PCから投稿

知的

幸せ

京都アニメーションと山田尚子監督は、今日本で特に注目するべき存在だろうと思っている。いずれ日本映画をしょってたつ存在になるのではないか。
山田監督は、その映画視聴遍歴の分厚さからくる演出力は、どこか古今東西の名画の香りを漂わせる画作りを可能にし、アニメならではの柔らかさも見事に活かせてもいる。京都アニメーションの技術力の高さと監督の類まれなセンスが非常に高次元でマッチしている。

山田監督はカメラアイをとりわけ意識した画作りをするが、本作は主人公の一人称で構成された物語なので、特に一人称視点のカメラが効いている。

声優の芝居も素晴らしい。入野自由は、ナイーブな男子高校生の役が「あのはな」に続いてすごくハマっている。出色なのは、硝子の妹、結弦を演じた悠木碧。少年や少女、のような型を超えて地に足ついた人間の存在感が最も強いキャラクターに仕立て上げている。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 10 件)
ローチ

4.5平凡な一少年の視点に絞った脚色の妙。

2016年10月26日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

笑える

原作未読で観た。主人公と結絃という2人のキャラを除き、ほかの登場人物の主観がほぼ排除されていることに感心した。

聾唖のヒロインとの恋物語と勘違いされがちだが、映画後半では明確に主人公が抱える「他者とのディスコミュニケーション問題」に焦点が絞られていく。本作では、長い原作から群像劇の側面を敢えて外すことで(原作は後から読んだ)、映画としてひとつの筋が通ったストーリーを紡ぎ出しているのだ。

川井さんがとんでもないモンスター女子なのは映画だけでもわかるが、確かに原作にはほかのキャラクターの内面も事細かに描写されている。どなたかが書いていた映画→原作→映画という流れで観ると二倍三倍楽しめるように思う。

原作の違いで印象的だったのは、主人公の「卑屈なのに他人をバカにしてしまう自己嫌悪」の描写が減っていること。これには賛否あるだろうが、映画では間口をより広く取るために「平凡な一少年」として描いたのだと理解した。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 23 件)
バッハ。

4.5是非、観てください!

zinさん
2019年12月10日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

原作を読まないで、映画を最初に観ました。会話による意思疏通が当たり前の事で、聲の重みを気づかせてくれた映画でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
zin

5.0言葉を聲にする大切さ

KZKさん
2019年12月7日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
KZK
すべての映画レビューを見る(全456件)