ボーン・イエスタデイ(1950)

0%
50%
50%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

1950年製作/102分/アメリカ
原題:Born Yesterday

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第23回 アカデミー賞(1951年)

受賞

女優賞 ジュディ・ホリデイ

ノミネート

作品賞  
監督賞 ジョージ・キューカー
脚色賞 アルバート・マンハイマー
衣装デザイン賞(白黒) ジャン・ルイ

第8回 ゴールデングローブ賞(1951年)

受賞

最優秀主演女優賞(コメディ/ミュージカル) ジュディ・ホリデイ

ノミネート

作品賞  
最優秀主演女優賞(ドラマ) ジュディ・ホリデイ
最優秀監督賞 ジョージ・キューカー
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.5当たり役

2020年2月22日
Androidアプリから投稿

ブロードウェイでヒットした舞台を映画化
ストーリーは米国のプロパガンダを感じさせ、凡庸か
(台詞のやりとりには、工夫がみられる)

ただ、愛人ビリーが舞台で当たり役となった
ジュディ・ホリディが映画でも主役を務めていて面白い

グロリア・スワンソン (サンセット大通り)
ベティ・ディヴィス (イヴの総て)
アン・バクスター ( 〃 )
エリノア・パーカー (女囚の掟)
を抑えてアカデミー主演女優賞を獲得している

旦那(妻なし)とジンラミーをする場面が出色で
そのカード捌きに おかしさと共に放置された愛人の悲哀も滲ませていた
(毎晩 ひとりでカード遊びして上達か… )
その声も不思議だったが、ミュージカルで受賞もしてるので YouTubeで歌声を聴いてみたら、美声だった!
この辺りが 強敵を退けた要因かな

監督がキューカーなのも 映画を彼女の独壇場にしているし、ワシントンDCの名所も 美しく織り込んでいる

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
jarinkochie
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ボーン・イエスタデイ(1950)」以外にこんな作品をCheck-inしています。