U-31

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
U-31
25%
25%
25%
0%
25%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

綱本将也・原作、吉原基貴・作画によるサッカー漫画を、劇中に登場する「ジェム市原」のモデルでもある「ジェフユナイテッド市原・千葉」の25周年記念として映画化。強豪チームに所属し、31歳で戦力外通告を受けた河野敦彦。古巣の弱小チーム「ジェム市原」に戻り、再起を賭ける河野だったが、移籍の条件はエースナンバーである背番号10を付けることだった。全盛期を過ぎているにもかかわらず、背番号10を付けることに対する若手選手たちの冷たい視線を感じながら、河野は静かにひたすら練習を続ける。そんな彼の姿は、チームメイトたちに少しずつ影響を与えていく。主人公・河野敦彦を「特命戦隊ゴーバスターズ」のブルーバスター役などで知られる馬場良馬が演じ、中村優一、谷村美月、勝村政信、大杉漣らが脇を固める。

2016年製作/86分/G/日本
配給:トキメディアワークス

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)2016 綱本将也・吉原基貴/講談社/「U-31」製作委員会

映画レビュー

5.0プロという意識

maruoさん
2016年9月13日
スマートフォンから投稿

泣ける

知的

熱狂するファンの一過性や、
そうした評価との狭間で
苦悩するサッカー選手の心理に
とても共感できました。

評価は他人がするもの。
だが、その評価に惑わされ、
自分が本当にしたいことを見失う
先輩プレイヤーたちの姿はともすれば
多数派なのかもしれない。

プロとしての意識を持って、
いかに自分を輝かし続けられるか。
考えさせてくれる良作でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
maruo

5.0数年後にもう一度みてみたい

02ohさん
2016年9月2日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

幸せ

スポーツ映画ははずれが多いのであまり期待してなかったのですが、思いのほか楽しめました。サッカー映画というより、30歳を越えた会社員がみると何か感じ取れるのではないかと思います。サッカーも好きなので評価甘めですが、今このタイミングでみれてよかったです。数年後にもう一度みてみたい作品です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
02oh

4.0切なく爽やかな、非スポーツ映画

けんたさん
2016年6月27日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
けんた

1.0サッカー映画未満

えるさん
2016年6月5日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

単純

寝られる

この映画をサッカー映画として見ると、チーム同士で試合のシーンさえ無いことにまず落胆するでしょう。
では人間ドラマか? というと、そこも非常に薄っぺらい。
せめてサッカーが得意じゃない役者さんが頑張ってる姿に拍手するぐらいしか、見どころはない映画です。それではお遊戯会と変わりません。

まず、この監督はサッカーの中継を見たことがないのか? と思うぐらい撮影がひどい。
フィールドを走る役者をソフトフォーカスで追いかけるだけで、フィールド全体の状況や他の選手の動きがまったくわからない。
ゆえに彼がどのようなプレイを主体とした選手なのか、まるで伝わってこない。
だから彼のプレイを見て動かされていく周囲の人物が、なぜ動かされたのかが観客にはわからないまま、ただアップで撮られるセリフだけが上滑りをしていく。
サッカー映画でなく、セリフ映画になってしまっています。
セリフの問題は後述します。

次に脚本ですが、時系列がめちゃくちゃです。
アトランタオリンピックで活躍したことになっている主人公が31歳ということは、2000年代前半でないと無理があります。それらの説明は一切ないまま、2016年の東京が映されているのはどういうことでしょうか。
果たして脚本家は原作を読み込んだのでしょうか? なんとなく設定だけを持ってきているように見えます。
原作では主人公がジェフに戻るのは27歳でした。31歳では、選手として条件に要求するものが大きすぎないでしょうか。

さらに言えば、この作品にはいわば視聴者批判ともいうべきセリフがあります。
原作にもある、重要なセリフです。
取り扱いには慎重にならないといけないセリフを、試合もプレイも猛練習もろくに見せないまま聞かされた観客がどう思うか、まるで考えられていません。
これは予算が少ないとか、言い訳でなんとかなる話ではない。
ひたすらソフトフォーカスが続く画面を見せられた後で、観客に唾を吐いているようなものです。

いちおう練習を頑張っただろう役者のために1点は入れましたが、本来だったら0.5点も加点したくはありませんでした。
あまりにも酷い映画です。見ていて悲しくなってきましたが、映画そのものは希望を含めたラストになっているのが皮肉だと感じました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
える
すべての映画レビューを見る(全4件)

他のユーザーは「U-31」以外にこんな作品をCheck-inしています。