ブランカとギター弾き

劇場公開日:

ブランカとギター弾き

解説

写真家として活躍する長谷井宏紀がイタリア製作映画として手がけた監督デビュー作で、フィリピンを舞台に、孤児の少女と盲目のギター弾きの旅を描いたロードムービー。マニラのスラムに暮らす孤児のブランカは、母親を金で買うことを思いつき、盲目のギター弾きピーターと旅に出る。ピーターから得意な歌でお金を稼ぐことを教わったブランカは、レストランで歌う仕事を得てお金を稼ぎ、計画は順調に進んでいるかに思えた。しかし、そんな彼女の身に思いもよらぬ危険が迫っていた。長谷井の第一回長編監督作品となる本作は日本人初となるベネチア・ビエンナーレ、ベネチア国際映画祭の出資で製作され、第72回ベネチア国際映画祭でソッリーゾ・ディベルソ賞、マジックランタン賞を受賞。

2015年製作/77分/PG12/イタリア
原題:Blanka
配給:トランスフォーマー

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)2015-ALL Rights Reserved Dorje Film

映画レビュー

4.0スラムを舞台にやさしさ描く、瑞々しい作品

2017年7月31日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

笑える

幸せ

フィリピンのスラムを舞台にした作品だが、悲惨さを感じさせない。前向きでやさしいエネルギーに満ち溢れた作品。同日公開の「ローサは密告された」もフィリピンのスラムを描いているが、麻薬に汚染されるシビアな視点を持ったあちらとは対称的だ。

孤児のブランカはお母さんを金で買うことを思いつき、盲目のギター弾きのピーターとともに路上で歌って金を稼ぐ。本当に欲しいのは愛や信頼。それをお金で買えるかどうか。お金はなくてもピーターと親子のような絆を結べていること自体が、ひとつの答えになっている。

ブランカ役のサイデル他、出演者がどれもリアルで素晴らしい。ストリートで暮らす男の子2人も実際にスラムで暮らす少年だそうだ。

瑞々しさとストリートの雑多なパワーに溢れた美しい作品だった。さすがカメラマン出身の監督だけあって絵心もある。

コメントする (0件)
共感した! 3件)
杉本穂高

3.5透明感あふれる映像に浮かび上がる信頼と絆

2017年7月31日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

ファーストカットから路上の臨場感が伝わってくる。その雑踏に小さく少女を見つけた瞬間、ああ彼女が主人公なのだなと確信した。可愛らしさとともに何か別の言いようのない切実な感情を胸に抱いている彼女。それが何なのかは自分自身、わかっていない。おそらくこれはその想いや欠けたものを探す旅なのだろう。

一方の盲目のギター弾きは、彼が現れた瞬間、その正体は神様なのではないか、と感じてしまうほど不思議な存在に思える。彼はそのやわらかな存在で少女ブランカを常に肯定してくれる存在。二人が公園のベンチで、ギターの音色と歌声を調和させる時、夕暮れ時の路上に穏やかな風が吹いたように思えた。

どこにでも罠がいっぱいで、悪い奴らもいっぱいいる。それもまた路上の日常。だが、そんな過酷な環境にあったとしても、本作は自ずと信頼や絆といったものを丁寧に、優しく浮かび上がらせていく。その描き方にとても好感が持てる作品であった。

コメントする (0件)
共感した! 2件)
牛津厚信

2.0お金に呪われた家族映画。そしてニューハーフは優しい。

2022年8月18日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

怖い

単純

内容は、時は21世紀の現代のフィリピン🇵🇭スラム街に産み落とされた手癖の悪い10才程の少女ブランカと町の公園で物乞いギター弾きピーターを取り巻く家族と愛情をテーマとした作品。どこかで見たぞこんな映画。そう!『万引き家族のフィリピンバージョン🇵🇭下位互換』そんな感じの映画でした。好きな言葉は『鶏🐓昔は飛べた。人間に甘やかされて飛べなくなった。私飛べるよ!』2人の新たな新天地に移動中にバス🚌の中での1場面。自由に憧れ得られない自由に希望を募らせる言葉。『皆んな目に見えるモノにこだわり過ぎる』ピーターの言葉。戦争🪖批判とも取れるTV📺番組やお金💰💴しか映さないTV📺番組にも伝えたい事が分かりやすく映像として伝わった。好きな場面は、やはり孤児院に連れて行かれて別れ間際のピーターの手を映すシーン🫱🫲握り返したい気持ちが痛いほど伝わりお互いの気持ちが苦しいほど伝わりました。印象深い場面は、ブランカが鶏小屋に監禁され助けにきたピーターに対して子供のギャングがピーターに言う言葉『この子が欲しいなら俺から買え!』この発言は自分を一番に家族として迎えて欲しいと勘違いしてしまいました。台詞の使い方難しいですね。赤の他人同士のが普通の家族よりも強い絆に結ばれると言う脚本は荒削りで場当たり的でもありましたが監督が写真家という肩書きもあり構図が決まって普通に見れました。手ぶれのカメラワークの緊張感や夕日の美しさスラム街のゴミ浮かぶ川や湿気の多い焼け付く日差しと立ち上る臭いがその場にいるかの様に感じられ心地悪かった感じがしました。最後に流れるメッセージ『家それは誰かが貴方を待ってくれる場所 バウミ』これが伝えたかったな?!走り走りの伏線が単発で回収されず脚本に不備がある。上手く伝わらないもどかしさを映像が美しすぎるのて受け入れられてしまう非常に不思議な作品でした。

コメントする (0件)
共感した! 2件)
コバヤシマル

3.5主演女優のアナク良かった SNSで聞いた

2021年12月22日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

2022年8月19日に配信が終わるので、もう一度見た。感想は同じ。彼女は歌がうまいので、もう少し活躍してもらいたいと感じた。日本の就業人口が減るのだから、難民や貧困層を受け入れると言う方法もありだと思う。少なくとも『plan75』よりはマシだと思う。但し、フィリピンは日本に対してあまり良い感情は持っていないが。

日本人目線でフィリピンを描いているのかなぁ?
僕は養子縁組には反対ではないなぁ。
もう少し、歌が聞きたかったなあ。
You Tubeで主演の女の子の歌聞いた。声量はあるし、低い声なので、ミュージカルとかもできると思った。アナク(息子)暫くぶりに聞きました。良かった。
ミュージカルで神田沙也加と共演させたかったかなぁ。大変に残念です。ご冥福を祈ります。

コメントする (0件)
共感した! 3件)
マサシ
すべての映画レビューを見る(全40件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ブランカとギター弾き」以外にこんな作品をCheck-inしています。