ミスター・ダイナマイト ファンクの帝王ジェームス・ブラウン

劇場公開日

  • 予告編を見る
ミスター・ダイナマイト ファンクの帝王ジェームス・ブラウン
採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「ファンクの帝王」として音楽界に君臨し、アーティストだけでなく、ビジネスマン、黒人の権利を求める活動家としても活躍したジェームス・ブラウンの足跡を綴ったドキュメンタリー。本作では彼の権利を管理する「ジェームス・ブラウン・エステート」の全面協力により、これまで未公開だった映像や写真が多数登場。さらにメイシオ・パーカーらバンドメンバーなどの関係者や、「パブリック・エナミー」のチャックDらジェームスに影響を受けたアーティストたちのインタビューなどからジェームス・ブラウンの人物像に肉薄していく。伝記映画「ジェームス・ブラウン 最高の魂(ソウル)を持つ男」に引き続き、ミック・ジャガーが製作を担当。監督は「ヤバい経済学」「ゴーイング・クリア サイエントロジーと信仰という監禁」など、社会派ドキュメンタリーを数多く手がけるアレックス・ギブニー。

2014年製作/115分/G/アメリカ
原題:Mr. Dynamite: The Rise of James Brown
配給:アップリンク

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)2015 Mr. Dynamite L.C.

映画レビュー

3.5人間っていいな

Raspberryさん
2019年1月14日
iPhoneアプリから投稿

過酷な環境で生まれ育ち、自らの才能と努力でキングになった天才。彼が、自らの成功をどう捉えていたのか、本当のところ周りの人のことをどう思っていたのか、なぜニクソンを支持したかなど、それは本人にしか分からない。

分からないのにも関わらず、私には「I am JB!」と叫びたくなる瞬間が幾度かあった。
例えば。大学の学生寮において、白人と黒人の寮を分けて欲しいと黒人から要求された、という白人男性との談話のくだり。JBは強く反発した。
差別により分断された状況を放ったまま、当事者の自由意思を尊重するかのような論法を私は受け入れない。まさに私の思っていることを代弁してくれていた。

「格下に見るな!」成功して金持ちになったから認められるわけじゃない「21歳から俺は一人前だ!」

人間の経験は、その人の内なる世界の人々(同胞であり他者)の経験なしではあり得ない。内なる世界の他者とつながっているからこそ人間なのだ。もしそのつながりが無ければ、人間は何者でもない。

人間とは実に複雑で愛しいものだと思う。

この映画をミックがプロデュースしているということにまた大きな意味を感じ、感動した。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Raspberry

3.5そうだったんですか!ゲロッパ!!

2016年9月2日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

ジェームス・ブラウンの曲は多少知っている程度。
存在はもちろん知っている。
でも生い立ちや背景は知らない。
その程度の知識で観ると、ジェームス・ブラウンの曲を全部聞きたくなるし、過去に出演した番組を追いたくなる。

貧しかったため、強盗で逮捕され刑務所にいたとは知らなかった。
最初からバンドを組んでいたわけではなく、元からあったバンドにボーカリストとして迎えられたのも知らなかった。
どんどんバンドメンバーを増やしてドラマーが4-5人いたのも知らなかった。
ドラマーが多すぎて、ドラマーの二人がいじめて3人を辞めさせた話にはちょっとクスっとしてしまった。

圧倒的な存在感とパフォーマンスをするジェームス・ブラウン。
人を信じない・信じれないジェームス・ブラウン。
スーパースターで破天荒なジェームス・ブラウン。

現代のアーティストでジェームス・ブラウン的ポジションは、ブルーノ・マーズくらいしか浮かばなかった。
ブルーノ・マーズのパフォーマンスの原点も見れた気がする映画だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まえじー

3.5偉大でセコくて、最高で最悪な、寂しがり屋の姿。

2016年8月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

偉大でセコくて、最高で最悪な、寂しがり屋のファンクの神様の姿を描き切った一本。

貧困の底から自分の力で頂点まで上り詰めた故に、他人を認めることが出来ず。
然しながら、それ故に一人一人の個人が出来る事の可能性を信じている。

そんななんとも孤独な矛盾を抱えた身から生み出される、神様の音楽。

改めてJBの偉大さを胸に刻んだ作品。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
レビューも書かない阿呆からのフォローは迷惑千万、好きこそモノのヘタレなれ

4.0カッコ良すぎ

2016年7月30日
iPhoneアプリから投稿

かっこよすぎて泣いた。ライブシーンの度に泣いた。
JBがかっこ良すぎる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ペンペン
すべての映画レビューを見る(全9件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ミスター・ダイナマイト ファンクの帝王ジェームス・ブラウン」以外にこんな作品をCheck-inしています。