バンクシー・ダズ・ニューヨーク

劇場公開日:

バンクシー・ダズ・ニューヨーク

解説

謎のストリートアーティストとして世界的に知られるバンクシーが、2013年10月、ニューヨークの路上に作品を発表し、その場所を探し当てるために人々がニューヨークを駆け巡った1カ月間を記録したドキュメンタリー。13年10月1日、スプレー缶を手にした少年の絵がニューヨークの路上に現れた。それから1カ月間、バンクシーは毎日1点、ニューヨークのどこかに作品を残し、場所を明かさずに公式サイトに投稿。人々はTwitterやInstagram、Facebook、VineといったSNSを駆使し、その作品がどこにあるかのを捜索する「バンクシー・ハント」に明け暮れた。「都市や屋外、公共の場所こそアートが存在すべき場所」「アートは市民とともにあるべき」という持論を展開するバンクシーの仕掛けにより、人々が熱狂した1カ月を追った。

2014年製作/81分/G/アメリカ
原題:Banksy Does New York
配給:アップリンク、パルコ

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0バンダリズムとは

2022年7月10日
iPhoneアプリから投稿

一方的に公共を破壊汚していく芸術ではなく、公共を通じて既成概念を破壊する投げかけをする芸術である。と言わんばかりのドキュメンタリーであった。
その点でバンクシーはデュシャン以降の上手物芸術の世界ではなく、ヒップホップ以降の下手物から上位概念まで通関する作家であると言えるのだろう。大衆に大衆が避けたがる行為を適切に提供してくれる作家だし作品である。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
tomokuni0714

3.5バンクシー騒動を良く知れた

2022年6月3日
Androidアプリから投稿

バンクシーって何であんなに騒がれてるのか、路上の壁に絵を描く人?って感じだったけど、この映画を観て、なんとなくバンクシーの活動や社会へのメッセージを知ることが出来て良かった。
サウサンプトンの画廊が一番気の毒です(笑)

コメントする (0件)
共感した! 0件)
えいちゃん

3.5エンドロールに本人がいそう。

2020年9月12日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

一応、美学とか美術史学とかを大学で学んだことがある私ですが、そこまでどっぷり浸かっているわけでもなく。
バンクシーはもちろん知ってますが、ほとんど知らない。そんな感じ。
冒頭では小池都知事の発言とかでも話題になった日本の作品も紹介されてましたね。

ニューヨークでの一ヶ月の創作活動で色んな住人が彼のアートワークの周辺でわちゃわちゃする様を楽しめた。
いろいろとやってたけど、一番面白かったのは一枚60ドルで街頭販売した件。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
toΣ

5.0バンクシー

2016年12月4日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

河内タカ氏トークショーつき。
バンクシーの計算し尽くされたアート同様、恐らくドキュメンタリーという体だが相当に本人の監修が入っているであろう計算された映画。
バンクシーというアーティストの作品を追うだけで、ストリートアート自体の今を知ることが出きる。
あれ真っ白に塗っちゃうのもったいないなー。

90

コメントする (0件)
共感した! 0件)
ヨッシー
すべての映画レビューを見る(全24件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る