劇場公開日 2016年5月21日

  • 予告編を見る

海よりもまだ深くのレビュー・感想・評価

3.6202
19%
56%
19%
4%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全202件中、1~20件目を表示

2.5名台詞の数々

ケイさん
2020年9月13日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ケイ

2.0海よりも?タイトルとテーマ理解しづらかった

ケイトさん
2020年7月25日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

泣ける

悲しい

お祖母ちゃんの懐の深さのことなのか‥。最後の硯のシーンは、ちょっと分かりづらかったような。(うっぱらったのかと思って勘違いしてしまった(笑))共感できる日常シーンもあるけれど、樹木希林だけ特筆して、素晴らしかった。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ケイト

2.0哀しいかな、駄作の量産態勢に入ったのか、是枝裕和監督は。

2020年7月19日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

素人が現実をそのまま映画にしてしまうと、観るに耐えない品物になることがあります。

この映画は、そのような品物に、きわめて近いです。

ダメな大人の男と女の間に、とても良くできた子供がいる、という状況をスケッチした作品です。
これで観客が、ダメ男か、ダメ女か、甘やかし婆さんのどれかに自分を投影できるなら、それで勝ちだぜ……という監督の計算なのかも知れませんが、そいつは甘過ぎる計算です。
観る側の個人的な事情に期待するような作品など、失敗映画としか言いようがありません。

父親役の阿部寛は、ダメ人間を熱演していて、もしかしたらその役柄を楽しんでいるようにも見えますが、ほんとダメ人間です。
母親役の真木よう子も、与えられた役柄を演じているものの、やはりダメ人間でしょう。

大切なところについて説明を省略して、観る側の想像力に丸投げする傾向が、この監督にはあるのですが、この方法に頼ってしまうと駄作が大量生産される危険があると思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
お水汲み当番

4.0言葉を書き留める

llさん
2020年6月16日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ll

3.5惨めでも、情けなくても人生

2020年5月17日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
秋野咲良

3.5どうしてこうなっちゃったのか

runさん
2020年5月7日
iPhoneアプリから投稿

理想と現実と人間味が
とても上手く描かれている。

やはり是枝演出は良いですね。
俳優陣の演技も素晴らしい!

是枝作品の良いところでもあるが、
もう一歩踏み込んだ感じが欲しかったなぁ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
run

3.0家族だから…は甘えでもあり救いでもある

2020年4月21日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

樹木希林さんが亡くなって、フジテレビが放送していたこともあり、気になっていたこの作品。家族をよくテーマにする是枝監督だが、台風を軸にした日常のワンシーンを感じさせる設定だけに、リアリティを感じてよかった。
ギャンブル好きで金に目がない…ということを父のせいにする良多。家族を大事に出来なかったことは、自身の負い目とは微塵とも感じていない。台風をきっかけに、家族という形を再び考え、自身を見つめる。序盤から長々襲いかかる自堕落な主人公は目に余り、少々耐えられなかったが、小さな光を見つけ、自身を見つめ直していく様は少しだけ美しかった。
家族らしい軽妙な会話、外出できない今だから気づかされる価値観がここにあったと感じた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
かわちゃん

3.0身に沁みた・・・

2020年4月12日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

ストーリーはお世辞にもテンポが良いとは言えない。しかしその分後半の染み込みがとても良い‼️

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
mark108hello

1.0わたくしには難しいです。

2020年3月22日
iPhoneアプリから投稿

映画の視点、目の付け所のセンスがないのか、わたくしにはこの映画は難し過ぎます。
そんな深い愛が描かれてるのか?…

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たけさん!

3.5単純な日常をドラマチックに

2020年2月21日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

是枝裕和監督らしいなぁと感じる優しく温かくも鋭い作品。何気ない日常をリアルに描きながら、そこに生きる人と活きるメッセージを存在させる。

樹木希林という大女優を観るだけでも価値がある。
その彼女から溢れ出るセリフがいちいち突き刺さる。

「幸せは何かを諦めないと手にできないもの」
「なりたいものになれたかより、そういう気持ちを持って生きているかどうかが大切」

そしてタイトルのセリフが効果的に彩る。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
映画野郎official

4.0卒業式

2020年1月3日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
bluetom2000

4.0私もなれなかった。だから、おもしろい

2019年12月30日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

なりたい大人になれなかった人へ向けてのストーリー。なので、主人公は底辺ギリギリのぱっとしない中年男。犯罪を犯す訳でもないので、そういった意味での映画映えもない。でも、この男を主人公に据える映画って貴重だなと思いました。現実にはたくさん存在してるはずなのに、何かいないような気がする人たち。完全に自分とは違うと言えなくて同族嫌悪から来るのかな。

この映画は何も起こらない、だから何も変わらない。
でも、胸に刺さるセリフがたくさんあって、余韻が残りました。

私もなりたい大人になれなかったひとり。と言うより「なりたい大人」の想像力が乏しかった。
自分の親を見てここは親と同じようになりたい、ここはなりたくないという視点しかなくて、自分の欠点や長所に目を向けて努力することを知らなかった。

「私の人生どこで間違っちゃったんだろう」も間違いの終点に着いてから出てくるセリフだなとしみじみ。
途中だと分からないんですよね。残念な事になぜか。
そこが、なりない大人になれた人となれなかった人の境目なのかもしれないなと思いました。

希林さん演じる淑子の住む団地、すごく懐かしさを感じました。昔は同じ所に同じような人が集まって似たような生活を送ってたのにね、今の若い人たちはどこに行ってしまったんだろう。

淑子が「海よりも深く人を愛した事がない」と言っていて、それは子供も含めてよね…だとしたら、淑子にはっきりそう言ってもらえて嬉しかった。
それに続く「深く愛した事がないからこそ、生きていける」もそうかもしれないな、と。
深く愛するって人によって定義が違うとは思いますが、愛の深さを測ってそれに捉われたら生きていけないのは確か。

希林さんの仕草ってただの自然な仕草じゃなくて、親近感のある自然な仕草だなと思います。母親や祖母を思い出す仕草。
実家に帰ったような安心感があるからこそ、淑子のセリフは私に向けて言われたように感じました。

この映画を観て、ほっとしたり十数年後の未来が怖くなったり、夫婦の難しさを感じました。
ある程度、歳を重ねたら考えすぎてはいけない。
自分の手に収まる中で幸せに生きることを考えないと。理想のなれてたかもしれない自分を作り出して、あるはずだった未来なんて考えてたらだめだなと思いました。

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
りりまる

2.5自分が定義するメディア作品の外にある

2019年12月15日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

ドラマって見せ場を強調したり、いらないところをカットしたり、時には時間軸をこんがらがせたりするの思うんですが、そこんとこ上手くやる作品が名作だと思うんですが…。

そんな概念を敢えてやっていないので、酷評することもできません。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ジンクス

3.0序盤は良かったけど。

2019年12月3日
PCから投稿

なんか中盤から中だるみ…。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
宮西瀬名

2.5ひどい、、、残念、、、映画じゃなく

2019年11月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

普通の家庭や家族ってこんなものなのかな〜
おばあちゃんとおばあちゃんが好きな孫
この二人が一番まとも

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
mamagamasako

2.5落ち着いて考えればおかしな所が多い

みちさん
2019年10月28日
iPhoneアプリから投稿

幸せ

結局何が言いたかったんだろ
てか、離婚した相手の実家に行くってそもそも現実的に考えれば無いでしょ...

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
みち

4.0共感出来る

2019年10月28日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

泣ける

知的

幸せ

大きな出来事はないけれど、よくあるような日常が、後から振り返ると大きな出来事なのかもしれない

こんなに登場人物に共感出来る映画はなかなかない

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
Daiki Sugiyama

4.0あるあるながら深い

taretanさん
2019年10月22日
iPhoneアプリから投稿

不器用な主人公の生き様のようなものを日常から表現している映画で、大きな展開はないものの、引き込まれるのは是枝作品ならでは。
時々、共感してクスリとしまう、主人公のふるまいがアクセントになりました。

タイトルの意味を毎度考えられます。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
taretan

3.0哀愁漂う作品

向日葵さん
2019年10月20日
Androidアプリから投稿

団地暮らし、晩夏、手作りカルピスアイス。私には全く経験ない事なのに、なぜか哀愁が漂っていて切なく感じました。
理想の自分になれなくて、お金もなくて、ギャンブルで散財、元妻には未練たらたら。どうしようもない阿部寛ですが、そのキャラクターや息子との接し方を見ていると憎めない。
樹木希林さんの演技はとってもリアルだと思いました。すごく、本物っぽい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
向日葵

3.5感慨深いんだけど意味は分からない。 でも響いてくるものはある。 是...

2019年10月20日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

感慨深いんだけど意味は分からない。
でも響いてくるものはある。
是枝監督の映画は少し難しいな。
どこにメッセージがあるのかとか、明確なオチがあるわけじゃないから自分で見つけないといけない。
自分で見つけた所でそれは正しい解釈なのかは監督にしか分からない。

一箇所思ったのはラストの宝くじを拾うシーン。
拾いに行く阿部と息子にどうせ当たらないという真木。
阿部は真木に必ず300円、つまり1枚は当たると言う。
それを聞き真木も拾うのを手伝う。
きっと阿部が宝くじを夢だと言ったからじゃないのかな。
そして「家族皆で夢を拾う」という表現かとも思った。
家族に戻れたらそれが一番いい。
でも阿部には向いてないし前に進むと決めた。
それでも希望は捨て切れていないというか。
皆がそれぞれの夢を思い拾っていたんだと思う。

電車で宝くじを全てあげたシーン。
あれは阿部が父の思いを知り成長した姿でもあり、夢を諦めた姿でもあるんじゃないかと感じた。
是枝監督の映画は響いてくるものは確かにあるけどそれを表現するのが難しい。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
かぼはる
「海よりもまだ深く」の作品トップへ