ホーンテッド・キャンパス

劇場公開日:

解説

第19回日本ホラー小説大賞・読者賞を受賞した櫛木理宇の同名小説を、中山優馬主演で実写映画化した青春オカルトミステリー。怖がりなのに幽霊が見えてしまう青年・八神森司。一浪して大学に入った森司は、そこで高校時代に片思いしていた後輩こよみと再会を果たす。憧れのキャンパスライフに期待をふくらませる森司だったが、成りゆきからこよみと一緒にオカルト研究会に入るハメに。ひと癖もふた癖もあるメンバーが集まるオカルト研究会には、謎の怪奇現象に悩む人々が次から次へと訪れてくる。森司は仲間たちと共に、呪われたキャンパスの謎を解くべく奔走するが……。中山は映画初出演で初主演となり、主題歌も担当。こよみ役に「劇場霊」で映画主演を務めたAKB48の島崎遥香が扮するほか、オカルト研究会の個性的な仲間たちにも「黒執事」の大野拓朗、「リアル鬼ごっこ」の高橋メアリージュン、ジャニーズJr.の安井謙太郎ら旬のキャストが集結。

2016年製作/93分/G/日本
配給:松竹

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4

(C)2016「ホーンテッド・キャンパス」製作委員会

映画レビュー

3.0ぱるるなければ、TV2時間ドラマ

2022年10月15日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

TVドラマのような軽いタッチで、島崎遥香が出なければ入場券買って観たいとも思えないかな。彼女のピュアな役づくり。仕草・セリフだけでなく、衣装やヘアのコーディネイトまでよく作ったと思う。主演の華やかさを落とした彼女の存在感が、暗くなりがちなテーマを意外に温かみ安らぎを生んでいる。
思いのほか面白かったし、若手の出演者もはまっていたと思う。ただ、出演者の誰かの熱心なファンでもない無党派をどう呼べるのか、興行マーケティングを考えてしまう。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
Bluetom2020

2.0深夜ドラマの内容

2021年8月2日
Androidアプリから投稿

正直、映画にするほどの作品では
はないと思う。
見せ場もラストの部分だけ。
高橋メアリージュンの生足を
拝めるぐらいしか見所がない。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
to

3.0オカルト青春ラブコメホラー、意外と楽しめました

2018年1月29日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

怖い

萌える

作品自体への期待値はそう高くなかったので、ハードルが低かったことも幸いしてか、これはこれで意外と楽しめました、ジャニーズ含むキャストのファン以外はとてもじゃないが見れたものではないぐらいまで想定していたので、これは嬉しい誤算でしたね。
勿論、高評価されるような良作映画でもないのですが、一応ミステリー要素を含んだホラー物としてもまずまず見れましたし、大学のサークルを舞台にした学園青春物+ラブコメ映画としてもまずまず見れましたので、とりあえず見て損と言うことは無かったです。

青春ラブコメ6割、ホラー4割・・・いやもっと少ないかぐらいでしたので、それはホラーファンが見たら全然物足りないでしょう、でもまあ一応ホラーとしての体を保ちつつも、中山優馬or島崎遥香ファンだけどホラーは苦手と言う方でもある程度大丈夫なレベルのホラーではあったので、悪く言えば中途半端なのですが、一応映画として、普通に見れるレベルの内容ではあったかと思いました。
中山優馬が演じた主人公の大袈裟なぐらいヘタレな様子には最初ゲンナリしましたけど、超絶イケメンがヘタレなのもこれはこれで悪くないと言うか、あまりにも草食系なところも含めてちょっと応援したくなるような愛すべきキャラクターが何気に好印象な映画ではありましたね、演技力云々を言ってしまえばまだまだアレですが・・・。

まあそれより何より、私的にはお目当てのぱるるがねぇ、思わず守りたくなってしまうような可愛いらしいヒロインキャラだったので、見ていて思わずキュンとしてしまいましたよ、物語のベースにあったのが彼女を主人公やサークルの仲間達が守ろうとする温かい雰囲気だったので、そこにノセられて最後まで楽しめたところもあったかなと、ぱるるは上手いんだか下手なんだかよく分からない演技だったけど、その危うさがこのキャラに絶妙にフィット、困り顔も笑顔も可愛くて、ぱるるファンなら絶対これは見ておくべき映画だなと思いましたね。
お互いどう考えても両思いだろうと想像できるのに、なかなか前に進まないもどかしさ、ピュアさも、ホラーな部分とは対照的で妙にほっこりとさせられました。

サークルの先輩三人も皆キャラ立ちしていて、しかも温かくて良かったですね、高橋メアリージュンの世話焼きオバサンな要素が結構ツボでした、でもこの人達・・・ちゃんと勉強してるのか?サークル活動か学食で何か食べてる様子しかなかったけど(苦笑)
またミステリー要素がありつつのオカルトホラーストーリー二本立て的構成も、意外と悪くなかったですね、切ない要素もあったりして、話的には十分見れるレベルでした、終盤そう簡単に上手くいくか?的ツッコミどころはありましたけどね・・・。
まあ他にもいろいろと演出面で気になる部分はあったのですが、でも好きな子を守る為にヘタレ主人公が成長していく物語としても、ぱるるの可愛さを堪能する映画としても、まずまずは楽しめましたよ。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
スペランカー

4.0青春とホラーのミックス

2017年6月25日
Androidアプリから投稿

幽霊を見えてしまうが、臆病な主人公が、オカルト研究会の活動を通じて、好きな女の子を助けるために成長する物語。ホラーだけど、グロくないし、恋愛要素があるけど、エロくない。オカルト研究会の緩いようで、でも、幽霊に立ち向かう時は真面目な雰囲気もいいですね。なかなか楽しめました。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
朝の視聴者
すべての映画レビューを見る(全51件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る