灼熱

劇場公開日

灼熱
14%
60%
16%
6%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

クロアチアのユーゴスラビアからの独立をめぐり、クロアチア人とセルビア人との間で起こった民族紛争を背景に、3つの時代の3つの恋愛を描いた人間ドラマ。2015年の第68回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門で審査員賞を受賞した。1991年、クロアチアのユーゴスラビアからの独立をめぐって、クロアチア人とセルビア人の民族対立が激化。仲の良かった隣人同士が、民族の違いを理由に戦い、殺し合うことが日常の光景となってしまった。本作は紛争ぼっ発時に一夜にして敵同士となってしまう1991年編、紛争終結後に互いの民族を憎しみながらも激しく惹かれあう2001年編、平和が戻り過去の憎しみを乗り越えようとする2011年編と、3つの時代を舞台に、セルビア人女性とクロアチア人男性の2人の若者を主人公にした異なる登場人物による3つの物語が展開。ゴーラン・マルコビッチ、ティハナ・ラゾビッチの2人が、それぞれの時代の3組の恋人たちを演じる。監督はクロアチア出身のダリボル・マタニッチ。15年・第28回東京国際映画祭のワールド・フォーカス部門では、「灼熱の太陽」のタイトルで上映されている。

2015年製作/123分/クロアチア・スロベニア・セルビア合作
原題:Zvizdan
配給:マジックアワー

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第68回 カンヌ国際映画祭(2015年)

受賞

ある視点部門
ある視点部門 審査員賞 ダリボア・マタニック

出品

ある視点部門
出品作品 ダリボア・マタニック
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)Kinorama, Gustav film, SEE Film Pro

映画レビュー

3.0属性、特にたまたま生まれた場所、民族の属性に、過剰に自らのアイデン...

J417さん
2022年3月24日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

属性、特にたまたま生まれた場所、民族の属性に、過剰に自らのアイデンティティーを投影するとロクなことにならない。まず、個が不安定だから、自らの属性が優れてるという思い込みで、根拠の無い自信を持つ事が始まり、他の属性に対してマウントを取るようになる。そして差別が始まり、お互い喧嘩になる。規模が大きければ戦争・・・。日本凄いとか言ってる輩は危ないと思う。世界中 どの国も色々凄い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
J417

3.0クロアチアとセルビア

2021年9月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

映画は知らない国を知る窓
行ったことも行くこともない国を垣間見る
知らないことが多すぎるあたし…60年も生きてるのに

この映画自体は複雑な心境を粘り強く描いていることと、その土地の風景を見せてくれていることで見て良かった
もっと良かったのは
この映画の公式サイト
大変詳しく旧ユーゴスラビアからそれぞれの民族が独立して行くこと、その歴史の背景を説明してくれている
自分の理解としては浅いかも知れないけど
この周辺を把握できたことはとても為になった

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
mamagamasako

4.0【”民族とは何であるのか。何故に異民族同士は争うのか・・。”という難解で深遠なテーマを斬新な構成で描いた作品。だが、この国で大多数を占める大和民族の男にとっては真の理解は難しいと思った作品でもある。】

NOBUさん
2021年9月12日
PCから投稿

悲しい

知的

難しい

ー 今作で1991年、2001年、2011年の三つの時代で描かれるセルビア民族の女性と、クロアチア民族の男性の愛憎の物語を”日本と言う島に住むほぼ同一民族である、大和民族の男”が真に理解することは、非常に難しいと思った作品である。ー

 ■この作品の構成は、観れば分かるが、クロアチア民族が旧ユーゴスラビアからの分離独立及び、クロアチア人とセルビア人との民族対立をめぐって起きたクロアチア紛争が始まった1991年を皮切りに、
 紛争が表面上終結した2001年
 近代化が進み紛争の面影がバルカン半島から表面上、ほぼ消えた2011年
 を舞台に、セルビア民族の女性と、クロアチア民族の男性の3つの異なる愛憎の物語を、同じ俳優2人が演じている。
 当時の資料では、それを”1つの愛の物語 2つの民族 3つの時代”と表現している。

◆感想
 1.1991年の物語
  ・民族紛争勃発前夜に永遠に引き裂かれた男女、イヴァンとイェレナの哀切極まりない姿を描く。
 ー 3つの物語の中では、民族間紛争の哀しさを最もシンプルに描いている。愛する女イェレナを遠目に見ながら、トランペットを吹くイヴァンの姿と銃声が哀しい。ー

 2.2001年の物語
  ・クロアチア紛争は、表面上は収まったが、セルビア民族と、クロアチア民族の間に出来た溝は埋まっていない事が、兄をクロアチア人に殺されたナタシャと、父をセルビア人に殺されたアンテの恋の中で、痛切に描かれている。
 ー ナタシャが思い出の海岸にアンテと行った際にお互いに口にしてしまう、”言ってはいけない言葉”が哀しい。ー

 3.2011年の物語
  ・平和を取り戻した現代。
  過去のしがらみを乗り越えようとするセルビア民族のマリヤとクロアチア民族のルカ。
 ー 二人の間には幼き子供がいながら、過去の二人の間の出来事を乗り越えられない姿。ー

<日本と言う小さな島で圧倒的大多数を占める大和民族(他は、アイヌ民族と琉球民族であるが圧倒的少数民族であり、且つ差別の対象であった。)に属する者にとっては、今作が訴えかけてくる”異民族同士は、何故に争い合うのか”という難解で深遠なテーマを真に理解する事は、難しいと思った作品。

 同一民族でも、大国の思惑により長年対立し続ける朝鮮民族や、ロヒンギャの様に、近年まで存在自体を否定されつつあった民族。

 民族とは、一体何なのであろうか。

 ヨーロッパの火薬庫と呼ばれたバルカン半島で、数世代に亘り、民族間紛争を経験してきた家系の人間でないと、本作の本質を理解することは、非常に難しいと思った作品である。

 但し、映画として観た場合には構成の特異さや斬新さ、3つの時代を生きた異なる男女役を演じたゴーラン・マルコヴィッチと、特にティハナ・ラゾヴィッチの姿には強烈な印象を抱いた作品である。>

<2017年9月10日 京都シネマにて鑑賞>

<2021年9月12日 別媒体にて、再鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
NOBU

4.5三つの物語だが

shuhari55さん
2020年12月25日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

1991年と2001年は、連続した内容として設定されている
2011年は1991年の登場人物と設定を一部使ってるが、別のお話
とても綺麗な映像で、クロアチアセルビアの景色が堪能出来る
カメラマンと監督は流石だ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
shuhari55
すべての映画レビューを見る(全12件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る