君はひとりじゃない
ホーム > 作品情報 > 映画「君はひとりじゃない」
メニュー

君はひとりじゃない

劇場公開日

解説

2015年・第65回ベルリン国際映画祭で監督賞となる銀熊賞を受賞したポーランド映画で、ポーランドのアカデミー賞であるイーグル賞で作品賞、監督賞、主演男優賞、主演女優賞を受賞した、父と娘の再生を描いた人間ドラマ。病気で母を亡くした娘と検察官の父。心身を病んだ娘は摂食障害となり、日に日にやせていく。喪失感を拭えない父は、検察官として立つ事故現場で人の死に何も感じなくなっていた。埋められない溝ができてしまった父と娘は、お互いを傷つけあった。そんな娘の体を見かねた父は娘をセラピストのもとへと通わせてリハビリをさせるが、そのセラピストによる療法は普通では考えられないものだった。監督はポーランド人女性監督マウゴシュカ・シュモフスカ。ポーランド映画祭2016や15年・第28回東京国際映画祭ワールド・フォーカス部門で上映されている。

作品データ

原題 Body/Cialo
製作年 2015年
製作国 ポーランド
配給 シンカ
上映時間 90分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

特集

感動? コメディ? それとも……!? “意味深”なこの物語をどう受け止める? あなたのラスト5分の解釈は? ベルリン銀熊賞受賞の父娘の《愛と再生の物語》
見る者によってシリアスにもコメディにも受け取れる、「意味深」な描写に満ちた注目作

第65回ベルリン国際映画祭で、監督賞に当たる銀熊賞を受賞したポーランド発のヒューマン・ドラマ「君はひとりじゃない」が、7月22日より全国順次公開される。愛する母を亡くした娘とその父、そして彼らに関わるセラピストという、心に傷を抱えた3...特集

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

断絶した父と娘、そして死者との“つながり”を描く超自然的ヒューマン・ドラマ
君はひとりじゃないの映画評論・批評

ポーランドのマウゴジャタ・シュモフスカ監督が手がけたこの映画は、断絶した父と娘の物語だ。数ある親子関係の中でも何かと本音で向き合いづらい父と娘の接し方がややこしいことは、近作「ありがとう、トニ・エルドマン」でも面白おかしく描かれていた...君はひとりじゃないの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.1 3.1 (全16件)
  • ブラックユーモアあふれる人間ドラマ 感動ものとして宣伝されているが、どちらかと言うとブラック・コメディ。首をつっていた男が、まだ生きていて突然あるきだしたり、霊を感知できるというセラピストが奇妙なセラピーを展開したりと、不条理劇的... ...続きを読む

    ローチ ローチさん  2017年8月28日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • シュールな入り方 ワルシャワ、グダンスカ駅 けっこう猟奇的な殺人が起こる でかい犬 なんでも胡椒味にするお父さん 拒食症の娘。母の死がきっかけ ワルシャワの街は古いかと思ったら高速道路のアーチはすごく未来的なデザ... ...続きを読む

    e eさん  2018年8月6日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 父と娘 妻を亡くした父親は検察官で、一人娘とは意思の疎通が難しい。 一人娘は母親が死んだ責任は父親にあると思い込み、摂食障害を引き起こす。 カウンセラーの指導を受けるが、このカウンセラーが霊媒師だった。... ...続きを読む

    いやよセブン いやよセブンさん  2018年7月18日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

30日間無料トライアル 月額400円で映画見放題

カティンの森 トリコロール/白の愛 ラヴァーズ・ダイアリー
カティンの森 (字幕版) トリコロール/白の愛 (字幕版) ラヴァーズ・ダイアリー (字幕版)
  • Powered by Amazon

他のユーザーは「君はひとりじゃない」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi