神様の思し召し

劇場公開日:

神様の思し召し

解説

傲慢な医師が型破りな神父との交流を通して人生を見つめ直していく姿を描いたイタリア製コメディドラマ。腕利きだが傲慢な心臓外科医トンマーゾは、医大に通う息子アンドレアに後を継がせようと期待していたが、アンドレアが突然「神父になりたい」と言い出したことから大騒ぎに。息子が誰かに洗脳されたと決めつけたトンマーゾは、アンドレアが慕う神父のもとへと向かうが……。主人公トンマーゾ役を「赤いアモーレ」のマルコ・ジャリーニ、神父役を「トランスポーター2」のアレッサンドロ・ガスマンがそれぞれ演じた。2015年・第28回東京国際映画祭コンペティション部門に出品され、観客賞を受賞した。

2015年製作/88分/G/イタリア
原題:Se Dio vuole
配給:ギャガ
劇場公開日:2016年8月27日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

(C)Wildside 2015

映画レビュー

4.0神の力だと思えばいい

2024年7月16日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

主人公トンマーゾは全てを自分の思い通りにしたいと考える人。部下に仕事を任せることもなく、家族の選択をコントロールできると思っている。
これが最善なのだからこうしたほうがいいということなのだろうな。自分もそんな傾向があるのでトンマーゾの気持ちはなんとなく分かる。

しかし、人というのは常に最善を選択するわけではない。仮に駄目だと分かっていても選びたい気持ちというものがある。
それに、コントロールされる側の気持ちはどうだろう?
トンマーゾの妻は自分が必要とされていないと感じ学生運動に傾倒していく。
息子のことで頭がいっぱいのトンマーゾは、そんな妻の行動に気付きもしない。

息子が一番最初に同性愛者であると告白してくると思っていたトンマーゾは、違う告白に戸惑い冷静さを失う。
何でも思い通りにいくものだと信じていた男が、何も思い通りにいっていない事態に直面するのだ。
そしてピエトロとの交流を経てトンマーゾは変わっていくことになる。

ピエトロは神父なので神の話をするが、神を信じなさいのような布教じみたことは言わない。
ピエトロ自身、おそらくこう考えている。信仰心やその他全てのことは自身の中から自然と湧き上がるもので、誰かに何かを言われて選ぶものではないと。
説教くさくないからピエトロは人気があるのだろう。彼の話を聴く者、彼を支持する者たちは信徒に見えない人たちも多い。

ピエトロは話は実はシンプルだ。ピエトロは神の力だと表現するが、つまりは、何かが起こることは自然なことで、それを個人がどうこうできるものではないと。
起きたことに対してヤキモキするよりも、神の力が働いたのだと受け入れるほうがいいということだ。

個人的にエンディングは違ったほうが良かったなと思うけれど、中々笑えるコメディで、内容も良かった。
ちょっと難しいフランスの笑いよりイタリアのコメディは日本人向き。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
つとみ

3.5【堅物で傲慢な外科医が医学生の息子が神父になりたいと言った事により、オロオロし、イロイロ画策するもムショ帰りのカリスマ神父と出会い、仲良しになり人間性を取り戻すアイロニックなヒューマン・コメディ。】

2023年12月10日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

単純

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 5件)
NOBU

5.0🎦恋は光と双璧を為す

2023年6月30日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

笑える

知的

ブーゲンビリアも糸杉も、洋ナシも、ワインもヴェスパも・・・イタリアのそこここに愛と共に神がいる・・・笑いと涙と衝撃が走る映画。よくぞこの短い時間に纏め上げたと驚愕である・・・
万人が見れる映画、万人が笑える映画、万人が泣ける映画、そして万人が衝撃を受ける映画、そして考えさせられる・・・・映画でした。余韻半端ね

コメントする (0件)
共感した! 0件)
mark108hello

3.5神父いいヤツ

2023年1月25日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

うぬぼれの外科医トンマーゾは息子の告白を受けて暴走を始める、というコメディ。原因となった神父のしっぽを掴もうとするのだが逆に... なかなか笑えるお話。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
arlecchino
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る