細い目

劇場公開日

  • 予告編を見る
細い目
細い目
15%
50%
27%
4%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

2009年に51歳で他界したマレーシアの名匠ヤスミン・アフマド監督が04年に手がけた長編第2作で、アフマド監督作品ではおなじみとなるオーキッドという名の少女が登場する“オーキッド3部作”の第1作。マレーシアの多民族社会を背景に、マレー系の少女と中国系の少年の初恋を大胆かつ繊細な描写で描き、マレーシア・アカデミー賞でグランプリをはじめ6部門、東京国際映画祭で最優秀アジア映画賞を受賞した。香港の映画スター・金城武が大好きなマレー系の少女オーキッドは、露店で海賊版のCDやDVDを売る中国系の少年ジェイソンと出会い、恋に落ちる。民族も宗教も異なる2人だったが、互いの家族に温かく見守られながら、かけがえのない初恋を育んでいく。しかし、民族的出自が原因で大学進学の道が閉ざされているジェイソンは、裏稼業の元締めであるジミーやその妹マギーとの関係を断ち切ることができない。一方、オーキッドにはイギリス留学の日が近づいてきて……。19年7月「伝説の監督 ヤスミン・アフマド 没後10周年記念 特集上映」(19年7月20日~8月23日、東京・シアター・イメージフォーラム)での上映されたのち、同年10月から全国で単独劇場公開。

2004年製作/107分/マレーシア
原題:Sepet
配給:ムヴィオラ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

3.0ジョン・ウーと李小龍、そして『恋する惑星』

kossyさん
2020年8月19日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 クローゼットを開けると金城武の写真がいっぱい貼ってある。金城といえば日本語、台湾語、北京語、広東語、英語を駆使するマルチリンガルな俳優だ。そんな少女オーキッドはマレー系で、マレー語、英語が堪能だし、北京語も勉強中。とにかくマレーシアではバイリンガルが当たり前の社会なのです。“プラナカン”という言葉も登場し、多民族国家となった経緯を軽く学ばせてもらいました。

 民族の違いはあるけど、差別の描写はほとんどない。オーキッドと中国系ジェイソンはデートするものの、ファストフードばかり。イスラム教で禁止されている肉という障害もあるが、ジェイソンは魚肉の方が好きだというから、宗教上の問題も解決か・・・

 ジェイソンの友人キョンも映画好きで、なにかとオーキッドと気が合いそうだった。しかし、ジェイソンには“初恋”だという絶対的自信もあり、キョンはフォローに回るのです。そんなジェイソンとキョンは裏稼業でやばい立場にあったので、やがて彼らには暗い展開も訪れる。

 なんだか日本映画でも似たようなプロットがある気もしたのですが、他民族、異文化・異言語という独特な背景はマレーシアならではのもの。純愛かと思えば、ジミーの妹との関係を断ち切れない弱さも見せるし、すべて寛容の精神がなす愛なのか。雰囲気に飲み込まれそうになってしまいました・・・

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

3.0どうなんだろう

りやのさん
2020年7月30日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

ありがちなストーリーだし、スッキリしない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
りやの

2.0やっぱり・・・

2019年11月21日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

この監督作の「タレンタイム 優しい歌」は評価が高く、見に行ったのだが自分は心揺さぶられるものが無かった。寧ろ退屈な部類の作品に加えられた。
そういった経緯もあり、若干不安でありながら鑑賞したが、どうもこの監督作品との相性は悪いようだ。なんと言っても、これはコメディなのか純愛映画なのか単なるラブストーリーなのか、とにかく位置付けが全てにおいて中途半端。ラストなんか、全くもって意味不明。
とは言え、もう亡くなっている監督なので新作を見る機会は無いのだが、今作品は、どうもスッキリしないモヤモヤ感だけが残った内容だった。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
オクやん

3.5違いを乗り越えて

2019年10月31日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

民族、宗教、言語など、異文化のるつぼと言われるマレーシアは、さすがに複雑。けど、その中で違いを乗り越えることは、他のエリアの参考に。
内容は、人を見る目が優しい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
こばりん
すべての映画レビューを見る(全9件)