細い目

劇場公開日

  • 予告編を見る
細い目
19%
52%
19%
5%
5%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

2009年に51歳で他界したマレーシアの名匠ヤスミン・アフマド監督が04年に手がけた長編第2作で、アフマド監督作品ではおなじみとなるオーキッドという名の少女が登場する“オーキッド3部作”の第1作。マレーシアの多民族社会を背景に、マレー系の少女と中国系の少年の初恋を大胆かつ繊細な描写で描き、マレーシア・アカデミー賞でグランプリをはじめ6部門、東京国際映画祭で最優秀アジア映画賞を受賞した。香港の映画スター・金城武が大好きなマレー系の少女オーキッドは、露店で海賊版のCDやDVDを売る中国系の少年ジェイソンと出会い、恋に落ちる。民族も宗教も異なる2人だったが、互いの家族に温かく見守られながら、かけがえのない初恋を育んでいく。しかし、民族的出自が原因で大学進学の道が閉ざされているジェイソンは、裏稼業の元締めであるジミーやその妹マギーとの関係を断ち切ることができない。一方、オーキッドにはイギリス留学の日が近づいてきて……。19年7月「伝説の監督 ヤスミン・アフマド 没後10周年記念 特集上映」(19年7月20日~8月23日、東京・シアター・イメージフォーラム)での上映されたのち、同年10月から全国で単独劇場公開。

2004年製作/107分/マレーシア
原題:Sepet
配給:ムヴィオラ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

2.0やっぱり・・・

2019年11月21日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

この監督作の「タレンタイム 優しい歌」は評価が高く、見に行ったのだが自分は心揺さぶられるものが無かった。寧ろ退屈な部類の作品に加えられた。
そういった経緯もあり、若干不安でありながら鑑賞したが、どうもこの監督作品との相性は悪いようだ。なんと言っても、これはコメディなのか純愛映画なのか単なるラブストーリーなのか、とにかく位置付けが全てにおいて中途半端。ラストなんか、全くもって意味不明。
とは言え、もう亡くなっている監督なので新作を見る機会は無いのだが、今作品は、どうもスッキリしないモヤモヤ感だけが残った内容だった。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
オクやん

3.5違いを乗り越えて

2019年10月31日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

民族、宗教、言語など、異文化のるつぼと言われるマレーシアは、さすがに複雑。けど、その中で違いを乗り越えることは、他のエリアの参考に。
内容は、人を見る目が優しい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
こばりん

1.0環境最悪

tak__yanさん
2019年10月19日
iPhoneアプリから投稿

アップリンクで鑑賞

オリジナルはフィルムで撮影してるのに、デジタルになってるせいで、映像の情感が全部消されてる

英語、日本語のダブルの字幕がついてるのはしょーがないとして、
日本語の字幕が、明るい映像に重なった時に何も見えなくなるのが致命的

ずっと我慢してたけど、最後の大事なシーンで内容を知りたい時にそうなって、発狂しそうになった

見終わったあと、クレームを言おうとしたが劇場のせいでは無いと思い、とどまった

そんなこんなで終始映画に集中できなかった

そんなイライラで見てると映画も良くないように思えてくる

使い古されたストーリーで、一昔前の日本のテレビドラマに、国籍、宗教、貧富の差を入れてるだけ

フィルムで、あるいはちゃんとフィルムの良さが反映されたデジタル映像で見れたらもっと高評価です

これで、1800円はあまりにも高すぎる

家で見る方がまし

あと、劇場内寒すぎる

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tak__yan

2.5普遍的ドラマinマレーシア

chazさん
2019年10月14日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

対立する家やグループ、階級を超えた恋愛ほど描かれ続けてきたテーマもないでしょう。
ロミオとジュリエット、ウェストサイドストーリーもそうですね。
さて、本作も正統を受け継ぐ作品です。
それだけでなく、過去の名作の影響が、明示的にも、暗示的にも見てとれます。
本作は、言ってしまえば、ザ・王道ドラマを多民族国家であるマレーシアを舞台に描いた、という映画です。

レビューの評価は高いし、受賞もしてるし、悪い作品ではもちろんないのですが、脚本、演出ともに未熟さや甘さが目につきました。早世したために、残された作品も少ない、日本の血もひくムスリムの女性監督の作品、色々な要素があって、2019年の東京でも、観客は入ってました。でも、ごめんなさい、平凡な作品だと感じました。

唯一、主演のシャリファ・アマニは可憐だし、ラストの演技は神がかっています。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
chaz
すべての映画レビューを見る(全7件)