A Film About Coffee ア・フィルム・アバウト・コーヒー

劇場公開日

A Film About Coffee ア・フィルム・アバウト・コーヒー

解説

2015年に米ブルーボトルコーヒーが世界初進出の第1号店として東京に店舗を構えるなど、近年、世界的な広がりや盛り上がりを見せる本格志向のコーヒーカルチャー。現在のコーヒー文化を牽引する、ニューヨーク、サンフランシスコ、ポートランド、シアトル、東京の5つの都市で活躍するコーヒー店オーナーらプロフェッショナルたちのコーヒーへの哲学や仕事ぶりなどを追った。日本にも進出したサンフランシスコの「ブルーボトル・コーヒー」創設者ジェームス・フリーマン氏をはじめ、2013年に閉店した表参道の「大坊珈琲店」オーナー・大坊勝次氏、下北沢の「Bear Pond Espresso」オーナー・田中勝幸氏、表参道の「OMOTESANDO KOFFEE」オーナー・國友栄一氏ら、東京で活躍するコーヒーの達人たちも登場。コーヒーの「求道者」とも言える彼らのこだわり、コーヒーへの思いが描かれる。監督はサンフランシスコ在住のCMクリエイター、ブランドン・ローパー。

2014年製作/66分/アメリカ
原題:A Film About Coffee
配給:メジロフィルムズ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)2014 Avocados and Coconuts. (C)2015 mejirofilms

映画レビュー

4.5コーヒーの奥深さを知る。

2022年5月3日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

コーヒーの奥深さを知るドキュメンタリー映画なのですが、それと同時に、気軽に飲んでいるコーヒーの背景に、生産者の如何ほどの苦労があるのかという事を垣間見ました。

昨今、フェアトレードと言って、ちゃんと生産者の人にも利益が回る様にとちゃんと考慮されてコーヒーが作られていると言われますが、それでもね、これを見ると、生産者の人がどれほど苦労してコーヒーを作っているのかという事が良くわかります。ちゃんと、エシカルなコーヒーを選ぼうかと思います。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
勝手な評論家

4.5毎朝のコーヒーが昨日よりもちょっぴり美味しくなる映画

2021年7月9日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
といぼ:レビューが長い人

3.0時間や労力を考えると安すぎる値段です

2021年1月7日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
shimo

4.0タイトルなし

lilyさん
2021年1月3日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

原産地 その栽培の様子から
究極の1杯を提供するまで
コーヒーに情熱·人生をかける人々
その姿を描いたドキュメンタリー
.
コーヒーの国ルワンダ
人々はコーヒーを殆ど飲まないそう。
大半が国外輸出。
作って売るのみ。
悲劇の印象が強く残るルワンダ
経済も崩壊しコーヒー産業壊滅から
2000年代に復活を果たした国
.
ドキュメンタリーの中では
世界初進出が東京·清澄白河で驚いた
"ブルーボトルコーヒー"の創設者や
閉店した"大坊珈琲店"オーナーなど
出演されています
生産地の人々の姿が印象に残った
ドキュメンタリー映画でした
.
観賞後は美味しい珈琲が
飲みたくなります☕️
美味しい珈琲には正当な対価を

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
lily
すべての映画レビューを見る(全15件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「A Film About Coffee ア・フィルム・アバウト・コーヒー」以外にこんな作品をCheck-inしています。