バジュランギおじさんと、小さな迷子

劇場公開日

バジュランギおじさんと、小さな迷子
58%
37%
4%
0%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

インド人青年と、声を出せないパキスタンから来た少女が、国や宗教を超えて織り成す2人旅をあたたかく描き、世界各国でヒットを記録したインド映画。幼い頃から声が出せない障がいを持つシャヒーダーは、パキスタンの小さな村からインドのイスラム寺院に願掛けにやってきた。しかし、その帰り道で母親とはぐれてしまい、1人インドに取り残されてしまう。そんなシャヒーダーが出会ったのは、正直者でお人好しなパワンだった。ヒンドゥー教のハヌマーン神の熱烈な信者であるパワンは、ハヌマーンの思し召しと、シャヒーダーを預かることにするが、彼女がパキスタンのイスラム教徒だと分かり驚がくする。長い年月、さまざまな部分で激しく対立するインドとパキスタン。しかし、パワンはシャヒーダーを家に送り届けることを決意し、パスポートもビザもない、国境越えの2人旅がスタートする。主人公パワンをインド映画界の人気スター、サルマーン・カーンが演じる。

2015年製作/159分/G/インド
原題:Bajrangi Bhaijaan
配給:SPACEBOX

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21
  • 画像22

(C)Eros international all rights reserved. (C)SKF all rights reserved.

映画レビュー

4.0複雑な背景にシンプルな物語

ローチさん
2019年4月27日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

笑える

インドとパキスタン国境のあるカシミール地方では、最近も大きな攻撃があった。ここは国際社会の中でも極めて緊張感の高い紛争地域の一つで、両国の溝は我々が思うよりもずっと深いのだろう。
この映画は、難しいことは少しも描かない。バジュランギおじさんはひたすらに純粋で、少女を家に送り届けることだけを目的にする。出てくる登場人物もいい人が多い。ラストは現実社会に対して楽観的すぎるという意見だってあるだろう。けれども、この両国の融和を信じる気持ちがあるのだということもまたきっと事実なのだと思う。これがフィクションに過ぎないとしても、そのフィクションを信じる気持ちが世の中を本当に変えるかもしれない。
少なくともこの映画がインドで大ヒットしたという事実はある。本当はみんな争いたくないと思っているということじゃないだろうか。
両国の複雑な事情が背景にあるからこそ、このシンプルな物語が響く。とても力強い映画だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 11 件)
ローチ

4.0160分があっという間の作品!

イゲさん
2020年5月10日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

ラストシーンが凄い!
そこはマイベストかも!

盛り沢山な展開と良質な音楽と歌詞。
全てのテンポが良い!

言葉の喋れない子供のシャヒーダー。
表情で語る演技がとても良い。

ストーリー
展開
テンポ
風景


全てが良かった!

ラストの号泣度。
かなり高め。

大満足( ´∀`)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
イゲ

4.5国家間の対立という非常にシリアスな問題を扱いながら、内容はあくまでエンターテインメント。映画のあるべき姿を示してくれる大傑作!

2020年4月17日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

楽しい

幸せ

 迷子になったパキスタン人の少女を、家族の元へ還す為に行動するインド人の青年の奮闘を描くマサラ・ロードムービー。

 恥ずかしながら、インドとパキスタンの情勢について全く知らず、この映画の観賞後に勉強させていただきました。
 まさかこんなに複雑で深刻な対立構造を成していたとは…
 この映画を観なければ絶対に調べることはなかったと思うので、それだけでもこの映画を観る価値がありました!

 さて、この映画の扱っているテーマは宗教と国家の対立。
 ヒンドゥー教とイスラム教の対立により二分されてしまったインドとパキスタン。今日に至るまで幾度も戦争を繰り返し、果ては両国の核兵器開発にまで発展してしまいました。
 両国間の溝は非常に大きく、その間に横たわる憎悪については想像に難くありません。
 恐ろしくナイーブでシリアスな問題を扱っておきながら、映画の内容は涙あり笑いありダンスありバトルありの完全なるエンターテインメント!
 このバランス感覚が素晴らしい!
 難しい問題をシリアスに撮っている映画は数々あれど、重いテーマを娯楽映画に完全に落とし込んでいる作品は稀有でしょう。
 シリアス、なのに楽しい。この作品は矛盾している2つの要素を一つの映画のなかで完全に表現している。
 こんなに完成度の高い映画は滅多に存在しないでしょう。まさに映画としての完成形を示していると言えます。

 映画の内容は夢想的すぎるかも知れません。特に後半、パキスタンに入国してからの展開はあまりに現実味が無さすぎるとも感じました。
 しかし、映画の中でくらい、国境と宗教を超えた人間同士の交流を見てみたいではないですか!

 映画のテーマ性だけでなく、ビジュアル面でも非常に優れていると感じました。
 国境に広がる砂丘の雄大さや、カシミールに広がる山々の美しさには息を呑みます。

 そして何より、この映画の一番大事なポイント!
 迷子の女の子シャヒーダーの可愛さがヤバい!これは天使だ…👼

 とにかく、欠点らしい欠点のない、エンタメ作品の大傑作。
 インド映画ほぼ初体験の自分としては、バジュランギ初登場のど迫力ダンスシーンを観て、完全にシャヒーダーと同じ感覚を味わえました。
 これがカルチャーギャップというやつか…

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 13 件)
たなかなかなか

4.5前半部分

2020年2月9日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

バジュランギおじさんはたったと壁を乗り越える。
婚約者なんて、それより先に一番大切なことがわかってる。
肉を食べ、異教徒だとわかった名前も知らない子どもをギュッと抱きしめた!
ヒンドゥー教徒でも、イスラム教徒でも、インド人でもパキスタン人でもない私には、この映画の描こうとする難しさや問題の大きさが半分もわかってないだろう。でも、わかろうと努力することや耳をちゃんと傾けるってことをしたいと思った。
気になってはいたけど結局映画館に観にいけずに、自宅鑑賞した映画でこんなに泣いたことはない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
あきゃきゃってね
すべての映画レビューを見る(全125件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「バジュランギおじさんと、小さな迷子」以外にこんな作品をCheck-inしています。