バジュランギおじさんと、小さな迷子

劇場公開日

  • 予告編を見る
バジュランギおじさんと、小さな迷子
バジュランギおじさんと、小さな迷子
58%
37%
4%
0%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

インド人青年と、声を出せないパキスタンから来た少女が、国や宗教を超えて織り成す2人旅をあたたかく描き、世界各国でヒットを記録したインド映画。幼い頃から声が出せない障がいを持つシャヒーダーは、パキスタンの小さな村からインドのイスラム寺院に願掛けにやってきた。しかし、その帰り道で母親とはぐれてしまい、1人インドに取り残されてしまう。そんなシャヒーダーが出会ったのは、正直者でお人好しなパワンだった。ヒンドゥー教のハヌマーン神の熱烈な信者であるパワンは、ハヌマーンの思し召しと、シャヒーダーを預かることにするが、彼女がパキスタンのイスラム教徒だと分かり驚がくする。長い年月、さまざまな部分で激しく対立するインドとパキスタン。しかし、パワンはシャヒーダーを家に送り届けることを決意し、パスポートもビザもない、国境越えの2人旅がスタートする。主人公パワンをインド映画界の人気スター、サルマーン・カーンが演じる。

2015年製作/159分/G/インド
原題:Bajrangi Bhaijaan
配給:SPACEBOX

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21
  • 画像22

(C)Eros international all rights reserved. (C)SKF all rights reserved.

映画レビュー

4.0複雑な背景にシンプルな物語

2019年4月27日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

笑える

インドとパキスタン国境のあるカシミール地方では、最近も大きな攻撃があった。ここは国際社会の中でも極めて緊張感の高い紛争地域の一つで、両国の溝は我々が思うよりもずっと深いのだろう。
この映画は、難しいことは少しも描かない。バジュランギおじさんはひたすらに純粋で、少女を家に送り届けることだけを目的にする。出てくる登場人物もいい人が多い。ラストは現実社会に対して楽観的すぎるという意見だってあるだろう。けれども、この両国の融和を信じる気持ちがあるのだということもまたきっと事実なのだと思う。これがフィクションに過ぎないとしても、そのフィクションを信じる気持ちが世の中を本当に変えるかもしれない。
少なくともこの映画がインドで大ヒットしたという事実はある。本当はみんな争いたくないと思っているということじゃないだろうか。
両国の複雑な事情が背景にあるからこそ、このシンプルな物語が響く。とても力強い映画だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 14 件)
杉本穂高

4.0憎しみより愛を

ぐっちさん
2020年10月26日
Androidアプリから投稿

ハートフルなインド映画の王道でした!

予想通りのストーリー展開でもラストは泣けてしまうのはさすが。

しゃべれない6歳のヒロインが可愛く、主人公は度がつくほどの真面目で頑固、今でいうなら炭次郎のようなおじさん。

その真面目さが、憎しみはすぐに伝わるけど愛は簡単には伝わらないといった常識を覆す、、
インドとパキスタンの過去の戦争のことや、宗教で○○教は肉を食べないとか、色白だからカースト制度の○○身分の人だとか、、複雑な背景がわかってたらもっと楽しめたかも(^_^;)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ぐっち

5.0ボリウッドで人情モノを作ったら…

SpicaMさん
2020年10月11日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

主人公の女の子が無茶苦茶可憐でイイ。女の子を助けるおじさんが無茶苦茶カッコいい。全然、冴えないおじさんなんかじゃなくて、しょっちゅう風を浴びる王者の風格で描かれる。なので受難の量も半端ない。お話のスケールもロケのスケールもデカい。エキストラの数もやはり半端ない。壮大な景色。インド映画の良さ満載。押し寄せる感動の大波にザッブーン、ザザザーっと身を委ねられる一品。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
SpicaM

4.0アホの一念岩をも通す!

2020年8月19日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

楽しい

相も変わらず初っぱなから踊りまくるサルマーンカーン(笑)
ハヌマーンとバジュランギの掛け声に思わず笑顔が出てしまう(笑)
迷子のシャーヒダーは可愛いの一言。喋れないとは言え、知らない国のインドでちゃ~んと助けてくれるおじさんをゲットするのは強か(笑)
だけど、お母さんとはぐれるシーンは胸が痛い。

全般に優しい人が出て来て、皆笑顔で親切なだけにシャーヒダーの涙が印象に残る。
インドとパキスタンの緊張状態を考えると、シャーヒダーの父が「兵役に着いていたからインドへのビザがでない」とか、パキスタンの大使館にデモ隊が突入してくるシーン等を見ると国で争うと民衆個人でも心が頑なになってしまうのが解る。
さらにバラモン教徒とは違う宗教を信仰するムスリムである事など、容易に相容れないのが悲しい。
映画ではその点はやや薄くして、底抜けのお人好しパワン(サルマーンカーン)とシャーヒダーのパキスタンへの珍道中に相成るのだが、どうしてこうして良い奴が多い。国境越えから親切な奴が現れ助けてくれる。
しかしバカ正直にパキスタン軍に許可を貰おうとか言い出して、踏みまくられるパワンだが、パキスタン軍警備隊長が見逃してくれるのがまた涙。

以降も結構なお人好しが何人も現れ(ハヌマーンの御加護だ)パワンの素直な善意に触れて助けてくれる。
しかしスパイ疑惑で取っ捕まると話が違う。
再びぶっ叩かれるパワン…。

しかし、愛のあるインド人によって迷子が送り届けられた報道が流れると一転、パキスタン、インドの両国民が集まる中、国境が開きパワンはインドに帰る。
当然それだけじゃ終わらないのがインド映画だ。
しっかり奇跡も巻き起こる(笑)

本来、国同士のいさかいは拗れかたも酷いからこんな風には行かないけれど、憎しみでは発展がない…争って得なことなどないし、恨みはあっても心底争い合おうと思っている人は少ないと思う。
インド主導ではあるが、裏表ない愛のある社会になってほしいと願わずにはいられない。

パワンの様な愛のある行動を取れる人が増えたら争いも減るのだろう。とかく心の大きい人間になるのは難しい。例え天才でも人に優しい人間になるのは難しいと思う。

それにしてもサルマーンカーン兄貴には脱帽だ。いいインド人を演じさせたら最高の人材ではないのか?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
うにたん♪(コロナが当たり前の世界)
すべての映画レビューを見る(全133件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「バジュランギおじさんと、小さな迷子」以外にこんな作品をCheck-inしています。