天使が消えた街

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
天使が消えた街
3%
22%
43%
23%
9%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「イン・ディス・ワールド」のマイケル・ウィンターボトム監督が、イタリアで実際に起きたイギリス人留学生殺人事件を題材に描いた社会派ドラマ。容疑者が若く美しい女性だったことから事件の本質とは異なる部分で国際的に注目を集めた同事件の闇を、ひとりの映画監督の視点から重層的にあぶり出していく。2011年、イタリア・トスカーナ州シエナの街で、4年前に世間を騒がせたイギリス人留学生殺人事件の控訴審が始まろうとしていた。事件を映画化するため現地を訪れた気鋭監督トーマスは、大衆向けにスキャンダラスな報道を繰り返すメディアの実態を目の当たりにし、被害者とその遺族に寄り添った映画をつくろうと決心する。主人公の映画監督トーマス役を「ラッシュ プライドと友情」のダニエル・ブリュール、取材に協力するジャーナリスト役を「アンダーワールド」シリーズのケイト・ベッキンセール、トーマスの窮地を救う女子大生役を世界的トップモデルのカーラ・デルビーニュがそれぞれ演じた。

2014年製作/101分/R15+/イギリス・イタリア・スペイン合作
原題:The Face of an Angel
配給:ブロードメディア・スタジオ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ランチ・レディース
  • ナイト・オブ・ザ・スラッシャー
  • ザ・チェアマン
  • ヘア・ウルフ
  • ヒットマン:ザ・バトルフィールド
  • ヘイヴンハースト
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!劇場版・序章【真説・四谷怪談 お岩の呪い】
  • アダム・チャップリン 最・強・復・讐・者
  • 封印映像33
  • カルト
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3

(C)ANGEL FACE FILMS LIMITED / BRITISH BROADCASTING CORPORATION 2014.

映画レビュー

4.5「映画」とは

さん
2017年1月30日
iPhoneアプリから投稿

出だしから神曲(しんきょく)のようなものが流れてきて、あぁ ただ事ではない(バットエンドか問題提起してくるタイプの)作品だなと感じた

フィクションなのかノンフィクションなのか
劇中にも言及されているように2つを織り交ぜることで問題を提唱する

生と死、妻の元に戻るか新しい彼女を迎えるか、地獄から煉獄へそして天国へ

作中で監督を演じるキャラクターの理想そのものが映画になっている

最近、映画を作る側に関する映画を立て続けに見ているんですが、中でもこれが私の中ではダントツで好みでした

ドキュメンタリーのようでもあり、史実のようでもあり、でもそのどれにも至っておらず
見ようによっては中途半端な と思いもするけれど、それこそが生と死と人生なのかなと

ダンテを読んだことがないので自分の解釈があっている自身はないけれど…

地獄とは
妻を奪われ愛する娘と会うのもままならず、映画監督として新たな作品が出せていない(スポンサーの求めるものではなく彼の想う作品を出したいという思いが強いが故)という状況
また、真実を追求しようとせずうわべしか報道しないメディアへの憤りも地獄であり、煉獄への橋渡しかな

煉獄とは
真実を見つけられなくて薬に手を出し始めてから。誰も信じられなくなって真実を見つけられずに、プロットもうまくいかずに何も進まないという試練、というかままならない状況

天国とは
ここは見てたらわかるけれど、答えを、真実を求めてくすぶっていたけれど、それがわからずともダンテ巡礼の時に穏やかな雰囲気になっていたので 裁判後が天国かな
煉獄からの解放は元妻ときちんと話し合おうと決めて前に進んだこと

結局こうやってみると、事件については監督の成長?のためのファクターであって真実がどうだったかとかわかんなくてもオッケーだったんだなぁと
気になりはするけど実際 真実がうやむやな事件だってあるだろうし そういうままならないのが社会なのかな

監督の書いてるプロットが映像と一緒に流れるシーンは特に好きです
脚本から映像ってこうやって撮るんだと感動

ほんとに、起承転結 答えを必ず求める人にとっては「だから 何がどうなった????」って映画なんだけれど、キャラクターの語る「撮りたい映画」「映画とはこうあって欲しい」と思うように物語が進み スポンサーやオーディエンスが求める「商品」ではなく 映画としてあるべき形で映画ができていて素晴らしいと感じた

なかなか 映画業界も大変(日本はそうだけど海外はどうなんだろ?)で 売れるものを作らなきゃスポンサーにもついてもらえない。でもそれが果たして映画のあるべき姿なのか。
その問題提起がいちばん感じられて、自分もそう思うところがあるのでいい作品だなと感じた

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
☆

3.0まあまあ

素子さん
2016年8月10日
iPhoneアプリから投稿

少しストーリー展開が理解できないとこもあるが、結局事件の真相もわからず、ただ監督のダンテの引用といい、わしには理解できんが深い気がする。女優は可愛い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
素子

3.0企画も流れ女房も寝取られコカインに逃げるクソ監督の逃避

2016年7月18日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

萌える

難しい

寝られる

本当の事実や裁きは存在しない、がテーマの映画を作ろうとするも筆は遅いわ方向性は定まらないわダメダメ監督の劇中劇というかセルフドキュメントというか。
ダンテの神曲、新生
女優陣が可愛いのが救い
支配的なセックスは何を意味するのか

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
個人的下書き

3.5みなさんが書いている通りの映画(でも私にとってはけっこうよかった)

mさん
2015年10月9日
スマートフォンから投稿

みなさんが書いている通りのつかみどころのない映画。
低評価の意味がよくわかる。映画の中で監督が言っていた通りに作った感じ。
でも、私にとってはけっこうよかった。
なぜだろう。
映画の中ではまったく描かれていない被害者なのだけど、一人の人間として生きた、まわりの人にとってはかけがえのない存在というか。
実際、私たちにとっては、人の死なんてそんなもんですよね。
知らない人の死なんて悲しくもなんともない。
だけど当事者たちにとっては、それこそ深い悲しみの中から立ち上がることさえできない。
うまく言えないのだけれど、なんかそんなことを感じながら見終えました。

わからなかったという人は、レヴューのりゃんひささんの解説が一番よくわかるかも。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
m
すべての映画レビューを見る(全10件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る