ある神父の希望と絶望の7日間

  • AmazonVideoで今すぐ見る

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

アイルランドの田舎町を舞台に、突然の殺害予告に苦悩しながらも誠実に生きようとする神父の葛藤を、ブラックユーモアを織り交ぜつつ描いた人間ドラマ。寒村のカトリック教会で神父をつとめるジェームズは、ある男から衝撃的な告解を受ける。幼い頃に神父から性的虐待を受けた恨みを晴らすため、すでにこの世にいないその神父の代わりに1週間後にジェームズを殺すというのだ。告解を他人に明かすことはできないため警察に通報することもできず、ジェームズは怯えながら運命の日を待つが……。「ハリー・ポッター」シリーズのブレンダン・グリーソンが主人公の神父を演じ、ブリティッシュ・インディペンデント・フィルムアワード2014で主演男優賞を受賞した。監督・脚本は「ザ・ガード 西部の相棒」のジョン・マイケル・マクドナー。

2014年製作/アイルランド・イギリス合作
原題:Calvary

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

2.0ある神父の不条理で笑えぬ7日間

近大さん
2018年10月26日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

難しい

寝られる

懺悔中、ある男から一週間後に殺害予告を受けた神父。苦悩と恐怖の日々。
…という重厚な人間ドラマかと思ったら、ブラックユーモア仕立て。

そもそも、この殺害予告自体、不条理。
男は幼い頃に別の神父から性的虐待を受けていて、復讐しようとするが、その神父はすでに他界。
そこで、堕落した神父を殺すより、善良な神父のアンタを殺す…という。
主人公の神父はこの男とは一切関係ナシ。なのに、とばっちりと言うか、神父代表として歪んで歪んで恨みを持たれただけ。
何故私が?…と言っていい。

さて、この神父、それからどうしたかと言うと、相談したのは上役の祭司くらいで、後は誰にも相談せず、特にこれと言って何もせず、いつもと変わらぬ日々を送る。
その一週間。
舞台はアイルランドの寒村。閉塞的な土地柄のせいか、住んでる人々も一癖二癖あり。
いつも通り人々と話をし、悩みなどを聞くが、個人的な問題やしょーもない事ばかり。
こちとらひょっとしたら殺されるかもしれないのに…。
小さな村の中にも、問題や不満。が、ささやかな幸せも。
そんな日々が淡々と描かれ、見てるこっちも例の殺害予告なんてついつい忘れがちに。

しかしそんな時、神父のペットが殺され、教会が燃やされる事件が。
あの殺害予告は本当に本気なのか…?
そして、遂に迎えたその日。神父は約束の場に赴く。
きっと神父は、村人たちと平凡に接するように、この男の苦しみも何もかも受け止めて、救おうとしたのだろう。
オチはやはり予定調和で…と思ったら、
本作で唯一、衝撃的でもあった。

聖職者の性的スキャンダル。
人々の悩み、不平不満。
世の不条理。
でも決して嫌な事ばかりではなく、希望の光も…。
…などなど、そういったテーマやメッセージが込められているのだろうが、いまいちよく分からず。
ドラマとしても地味で、ブラック・コメディとしても笑えない。
どう見たらいいのか…。

ブレンダン・グリーソンは抑えた好演。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
近大

2.0暗い

ガブさん
2017年5月7日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

怖い

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ガブ
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る