世界で一番いとしい君へ

劇場公開日

世界で一番いとしい君へ

解説

「超能力者」「群盗」のカン・ドンウォンと「秋の童話」「グランド・マスター」のソン・ヘギョが主演し、韓国の人気作家キム・エランの「どきどき僕の人生」を映画化。若くして夫婦になった男女と、その間に生まれた早老症の息子の3人が支え合って生きていく姿を描いたドラマ。テコンドーの選手として活躍するハン・デスと、アイドルを夢見るチョン・ミラ。運命的な出会いを果たした2人は17歳で子どもを授かるが、生まれてきた息子は人よりも早く年をとる早老症という病を背負っていた。17歳という若さで夫婦になった2人と、17歳ですでに80歳の身体年齢を持つ年老いた息子の3人は、数奇な運命を背負いながらも支え合って生きていく。

2014年製作/117分/韓国
原題:My Brilliant Life
配給:ツイン

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)2014 ZIP CINEMA All Rights Reserved.

映画レビュー

3.5しにます設定のバランス

津次郎さん
2022年2月15日
PCから投稿

カンドンウォンて彼女を信じないでくださいの時からPeninsulaまでぜんぜん変わんない。どうなってんだろうか。

かわいそうな話だがいたずらにお涙ちょうだいせず、爽やかにつくられている。見るのがすごく楽だった。

いっぱんに死のまわりでは、それに対してうやうやしくへりくだるのがふつう。言い方が変かもしれないが日常のなかで死はいちばん偉いものとされている。したがって死は生者を平伏させるために利用することができる。よくつかわれるのが詐欺とドラマ演出。たとえば多くの人々が絶賛してやまない湯を沸かすほどの熱い愛のプロットの頂点に君臨しているのは主人公の露命である。死にますといってお金をあつめる詐欺と湯を沸かすほどの熱い愛の演出はまったくおなじ方法を用いている──という話。

そこは韓国映画なので泥臭い演出は払拭されている。いたずらな美化がなく、死が見ているものをひれ伏させる「偉いもの」になっていない。見るのがすごく楽だった。──とはそういう意味。

イソンミンというよく見る中堅俳優が医者役。これから死ぬっていう人にたいして強硬な態度をとる/とれる剛健な感じがよかった。言っていることが解かるだろうか。相手の境遇によって、人は萎縮するときがある。「かわいそうな境遇」というものは、社会生活のなかで、とんでもない武器になる、ことがあるわけ。

日本映画は露骨にそれを武器にしているし、対人関係を有利にすすめようとするとき、じぶんの負荷となっている不遇=貧乏や病気や不幸や苦労を言い訳にする人はよくいる。
そのばあい「もうすぐ死ぬからなんだってんだ?」という態度をとれる全人に対してフェアな医者は爽やかである、まっとう人間性を感じられる。──と言いたかった。

ドラマチックになりすぎるのを避けている。前述した湯を沸かす~では人間ピラミッドをつくる(←死ぬ人がエジプト行きたいと言ってたので)という全身鳥肌立つ拷問のようなシーンがあったが、普信閣の鐘を聴きたいと言っていたアルムは到達せずに車内で天に召された。エモーショナルだが、それを制御していて、さすが韓国映画と思った。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
津次郎

3.5かわいそうなお話にとどまらないあたたかさ

mistyさん
2021年5月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

病気の子供の描写の「かわいそう」エピソードだけで引っ張るわけではなく、父と母の馴れ初め、日常のエピソード、両親の考え、おじさんとの何気ない日常も丁寧に、かつ笑いを交えて描かれていて、あたたかい気持ちになる。お涙頂戴ものとはわかりつつ、丁寧な描写のせいもあり、やはり泣いてしまう。太陽の末裔で凛とした美人女医を演じたソン・ヘギョが浮いちゃうんじゃないかと思ったが、しっかり庶民的なお母さんでした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
misty

4.5泣けた

H1DE!さん
2021年3月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

悲しい

子を持って父親の気持ちがわかる
久々に会いに行った父は歳を取っていた

そしてアルムが生まれ変わったら"父さんになりたい。父さんになって父さんの気持ちを知りたい“
と言う

子供って母親の体から産まれるので
母親との繋がりは自然と出来てしまう

が、
父親ってなかなか繋がりを見出せない
でもデスの愛情や笑いなど
一生懸命さがきっと伝わったんだろうね

と、ここまで物語が進んで
現実に戻る
親子3人手を繋いで歩いて行く

カタルシス〜ぅ

ま〜とにかく韓国映画は
監督や脚本、演出や美術など
素晴らしいですが
やっぱ一言で言うのであれば
「センス」が違いますね
とにかくセンスがズバ抜けてます!!

そして何より平坦な喋りの日本語よりも
韓国語の方がアクセントやメリハリがあって
表現が伝わりやすいと思います

怒ってる時
嬉しい時
悲しい時
苦しい時…
など、表情や言葉が面白い
逆に言えば喜怒哀楽がわかりやすい

日本では沖縄がそれに近いと感じます

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
H1DE!

4.0親子の愛にあふれた作品。

こもえさん
2019年8月24日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

よかった。

泣けるんだけど、泣かせようとしてるわけではなく、自然に胸にじわ〜っとくる感動があった。

親子の愛にあふれた作品。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
こもえ
すべての映画レビューを見る(全11件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「世界で一番いとしい君へ」以外にこんな作品をCheck-inしています。