リグレッション

劇場公開日

リグレッション
4%
30%
52%
8%
6%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「アザーズ」「海を飛ぶ夢」で知られる名匠アレハンドロ・アメナーバルが、「アレクサンドリア」以来6年ぶりに手がけた長編監督作で、「6才のボクが大人になるまで。」のイーサン・ホークと、「美女と野獣」のエマ・ワトソンが共演。1980~90年代初頭のアメリカで、悪魔崇拝者による儀式が次々と告発され、人々が不安にかられて社会問題となった騒動に着想を得て生み出されたサスペンス。90年、アメリカ・ミネソタ。刑事のブルース・ケナーは、父親の虐待を告発した少女アンジェラの事件を取り調べることになるが、当のアンジェラも訴えられた父親も、どこか記憶が曖昧だった。著名な心理学者に協力を仰いで真相究明を進めるケナーは、アンジェラたちの記憶をたどっていくうちに、事件が単なる家庭内暴力ではないことに気づき、町の各所で起こっているほかの事件との関連を調べ始める。やがてケナーは、町に秘められた恐ろしい闇に迫っていく。

2015年製作/106分/R15+/スペイン・カナダ合作
原題:Regression
配給:ポニーキャニオン

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)2015 Mod Entertainment Mod Producciones Himenoptero Regresion Canada Inc Telefonia Studios Regression A.I.E

映画レビュー

3.5追う立場のはずが追い詰められる不条理

2018年8月31日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

怖い

興奮

アレハンドロ・アメナーバル監督の過去作では「アザーズ」を思わせるゴシックホラー風味の演出で、じわじわと恐怖をあおってくる。ただし本作、一筋縄ではいかない。「アザーズ」のような大仕掛けはないものの、事件を追う刑事と同様、観客も思わぬ方向へと導かれていく。

刑事役のイーサン・ホークは、追う立場のはずが精神的に追い詰められていく緊迫感と焦燥感を的確に表現。エマ・ワトソンは珍しくダークな側面を感じさせる役どころにチャレンジしている。

アメリカの地方のコミュニティーが抱える闇という点では、ダニエル・デイ=ルイスが主演した「るつぼ」を想起させる。ただし本作のベースになった出来事は80~90年台という。ごく最近までこんな騒動が起きていたということにも驚かされる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
高森 郁哉

4.0だれの思い込み?

toさん
2022年4月18日
PCから投稿

悪魔崇拝を題材にしたサスペンス。
田舎の特有の閉鎖的なところを舞台に、
いかにも感がでていてよい。

教会、牧師、ジョージ、アンジェラ、
心理学者、刑事、身近な人物、街中、
聖書、信仰、悪魔崇拝の精神
全てが怪しい。
洗脳あるいはマインドコントロール。
自身の内なる記憶、体験。または夢、空想。
現実と真実。答えはシンプル。

あちこちに伏線が隠されているので、
見終わった後あらためて見直すと面白い。
ちゃんと辻褄が合うようになっていて
脚本が素晴らしい。
悪魔崇拝、都市伝説などという非現実的で
でも実際にこの世に植え付けられている考え。
これは過去のことではなく、現在も陰謀論やフェイクニュース
などに形を変えそこかしこに潜んでいる。
今こそ見てほしい作品。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
to

2.0精神病?

yuuさん
2021年10月10日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

寝られる

助けを求める女性を助けたいと翻弄するが踊らされただけ。
崇拝者というか精神病に思えた。

虚言や騙し、【記憶探偵と鍵のかかった少女】のオカルト版みたい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yuu

2.5悪魔崇拝による悪夢

bunmei21さん
2021年4月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悪魔崇拝と虐待が絡んだ、サスペンス・スリラー。1つの事件が、主人公の刑事をジワジワと締め付け、ミイラ取りがミイラになっていく、恐怖を描いている。

父親による性的な虐待を受けたというアンジェラ(エマ・ワトソン)の訴えを受けて捜査を始めたブルース(イーサン・ホーク)。しかし、捜査をしていく中で、単なる父親の虐待事件に留まらず、黒魔術の組織が蠢いていることに気づいていく。

その事によって、捜査をする立場のブルースが、悪夢にうなされ、精神的に追い込まれていく。そして、次第に悪夢と現実が交錯していく。

エマ・ワトソンが、これまでにないダークな役柄を演じて、ストーリーのキー・キャストとなっている。また、イーサン・ホークは、1人で奔走しながら、孤立感を強め、のめり込む刑事役を務めている。

しかし、途中からアンジェラの役回りが見え隠れする中で、最後が見えて来てしまい、サプライズも無く、それほどの面白さは無く、すっきりしないエンディングだった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
bunmei21
すべての映画レビューを見る(全36件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る