猫侍 南の島へ行く

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
猫侍 南の島へ行く
11%
23%
38%
14%
14%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

北村一輝主演で、強面の浪人が愛らしい白猫に萌える姿が人気の時代劇コメディ「猫侍」シリーズの劇場版第2作。無双一刀流免許皆伝の腕前で「まだら鬼」の異名を持つ剣豪・斑目久太郎は、江戸で仕官できず、故郷の加賀藩でしがない浪人生活を送っていた。そんなある日、久太郎のもとに土佐藩から剣術指南役の誘いが舞い込みむ。愛猫・玉之丞を連れて土佐へと出立した久太郎だが、船着き場で謎の忍者に襲われて土佐行きの船に乗り遅れてしまう。なんとか小舟を借りて海に乗り出した久太郎は、土佐を目指すのだが……。今作では北村が原案・脚本も担当し、南の島に漂着した久太郎と玉之丞の新たな物語を描く。

2015年製作/85分/G/日本
配給:AMGエンタテインメント

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21
  • 画像22
  • 画像23
  • 画像24
  • 画像25
  • 画像26
  • 画像27
  • 画像28
  • 画像29
  • 画像30
  • 画像31
  • 画像32
  • 画像33

(C)2015「続・猫侍」製作委員会

映画レビュー

4.0あなごサンに捧ぐ😿

2019年11月30日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

単純

幸せ

…今年は、元号が変わった年でもありましたが、個人的には、敬愛する多くの方々が、昭和と共に逝かれた年でもありました🙏…当然多くの、名もなき動物たち・名がある動物たちも…

…本作は、北村一輝主演の「猫侍」シリーズで玉之丞を演じたタレント猫、あなごサンのスクリーンでの遺作になった😿

…メス猫のあなごサンは、1998年7月生まれ。6歳まで普通の家庭で飼われていたが、とある事情でZOOプロに引き取られた。引っ込み思案な性格で撮影には不向きと思われたが、主演作「猫侍」で才能を開花。以降、NHK大河「平清盛」、「猫侍」の玉之丞役、連続ドラマ「anone」(日テレ系)などドラマ、映画、バラエティーなどに多数出演したが…2019年8月13日に息を引き取った🙏…あなごサン可愛かったなぁ😭

…NHK/BSプレミアムで、今年9月18日放送された、甲本雅裕主演の「猫探偵の事件簿2」がテレビでの遺作…天国へ召される前に、最後の可愛さを残してくれました🙏

…あなごサンありがとうね😭ご冥福をお祈り致します😿

2016年9月14日/梅田ブルク7にて鑑賞😿

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
地蔵菩薩🙏

2.0そんなバニャバニャ!

近大さん
2019年7月23日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

単純

寝られる

強面&寡黙ながら、猫を愛して止まない侍、班目久太郎。
そんな通称“猫侍”と彼の愛猫・玉之丞。
TVシリーズは未見。映画前作は何年か前に鑑賞。

前作もそうだったが、脱力系ムービー。
北村一輝の顔芸とツッコミナレーション、ツンデレな感じの玉之丞、ユル~い笑いさえ楽しめればいい。
それでも前作は、時代劇としての定番もそれなりに踏んでいた。
さて、本作は…

江戸で浪人暮らしの久太郎。ある日土佐から仕官の誘いが。
家族を残し、玉之丞を連れ、小舟に乗って、いざ土佐へ。
“爆弾低気圧”に遭い、漂着した先は…

土佐…?
いや、違う。ここは…
南の島!

時代劇×猫というユニークさに、南の島漂流記の奇抜なアイデアはまあいい。コメディだから。
玉之丞が原住民にさらわれたり(何故か白い猫を神様と崇める日本語ペラペラの原住民)、海賊にも襲われたり(侍対海賊の夢の対決…!?)、未知の食べ物“バナナ”など、一応サバイバル。
玉之丞は島の黒猫とフォーリン・ラブ。
エンディングはご本人熱唱であの名曲のにゃんこバージョン。
このユルい雰囲気や笑いは悪くはないんだけども…、面白いとも言い切れない。

本当に話は無いようなもの。
ユルい笑いの設定やアイデアだけ。
脚本、誰書いてんねん!?…と思ったら、北村サンご自身!
意外とこういう系がお好き…?

何の気ナシにTVで見る分にはいいが、これを1800円も払って劇場で見せられたら…。
まさにこう思ってしまうだろう。

「そんなバナナ!」

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
近大

5.0幸せな時間

秋楡さん
2018年2月21日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

楽しい

萌える

強面の侍と綺麗な白猫を愛でながら愉快なストーリーとセリフにただただ笑わされて幸せなひと時を過ごしました。日頃の嫌なことを全部忘れてニコニコできて本当に楽しい時間だったなあ。そしてエンドロール。全てを持っていかれました。あれは反則(笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
秋楡

1.0

外は雨さん
2017年4月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

猫がかわいいだけ。本当に猫がかわいいだけ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
外は雨
すべての映画レビューを見る(全22件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「猫侍」シリーズ関連作品