レジェンド・オブ・アロー ロビンフッドの娘

解説

キーラ・ナイトレイが初主演を務めたディズニー製テレビ映画。ロビン・フッドの娘として生まれた少女グウィン。幼い頃に母を亡くした彼女は、不在がちな父によって修道院に預けられ、そこで美しく成長する。ある日、獅子王リチャードの不在中にフィリップ王子の暗殺を企むノッティンガム代官の策略にハマり、父ロビンが捕らえられてしまう。グウィンは父を救うため、髪を短く切り男装して弓を取る。共演に「マスク・オブ・ゾロ」のスチュアート・ウィルソン、TVシリーズ「トゥルーブラッド」のスティーブン・モイヤー、「時計じかけのオレンジ」のマルコム・マクダウェル。「ビルとテッドの地獄旅行」のピーター・ヒューイットがメガホンをとった。

2001年製作/88分/アメリカ
原題:Princess of Thieves

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る