ドライブ・ハード

劇場公開日:

ドライブ・ハード

解説

ジョン・キューザック、トーマス・ジェーン主演によるカーアクションバディムービー。運転教習所のパート教官ロバーツ。かつてはレーシングドライバーとして活躍した彼だが、今では家計を支える弁護士の妻に相手されることもなく、主夫をしながら日々を送っていた。ある日、アメリカ人ケラーが教習生としてロバーツの前に現れた。路上教習の最中、車を銀行に横付けるケラー。教官として同乗していたロバーツは銀行強盗に巻き込まれ、共犯者として報道されてしまう。フォード・マスタングを走らせる2人は、警察やマフィアが雇った殺し屋からの逃走劇を展開する。

2014年製作/96分/PG12/カナダ
原題:Drive Hard
配給:アークエンタテインメント

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

フォトギャラリー

  • 画像1

(C)2013 ODYSSEY FILM STUDIOS AUSTRALIA PTY LTD.

映画レビュー

3.0マスタング好きには・・・

2020年4月27日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 オーストラリアの観光映画だと思えば気軽に楽しめる作品。カーアクションは序盤のみで、自動車教習所の車が活躍。逃亡が始まり、マスタングを乗り継ぎケラーの指定する目的地までのロードムービーとなる。

 人は殺したことがないというケラー。国際銀行の重役の椅子に座るマリオ・ロッシという男にはめられ、5年間服役していたが、宝石を盗んだ報酬を貰えないことで恨んでいた。ロッシの責任ともなる900万ドルの債権を盗み、ロンダリングの嫌疑でFBIが追跡を続けていたために三つ巴、いや四つ巴の追跡劇が繰り返されるのだ。

 奥さんが弁護士なので、家の中でも空気のような存在だった元レーサーのロバーツ。しかし、小学生の娘レベッカは存在感のない父親が銀行強盗として報道されたことに大喜び。この茶目っ気たっぷりの娘が笑わせてくれる。マスタングを傷つけないように撮影されたためか、緩い展開ではあったが、一般人をも巻き込んでの人間性を曝け出す脚本は見事だと思った。ただ、ある4人が撃ち合ってみんな死ぬところはブラックすぎる・・・

コメントする (0件)
共感した! 0件)
kossy

1.0凄さが…

2020年4月20日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
KEI

3.5気楽に観れる

2017年1月7日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

バディ・ムービーといえばそうで。反発しあい、最後は立場が逆転しはじめるとか、結構面白かったです。
ただ最後でなぜあの4人は討ち死にとなっちゃったのか意味不明なところも。
ジョン・キューザックって顔に迫力ないから、サングラスをずっとしてたのはいい作戦かも。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
ゆき@おうちの中の人

0.5迫力ゼロ

2016年5月21日
Androidアプリから投稿

0点だ

コメントする (0件)
共感した! 0件)
のりすけぇ
すべての映画レビューを見る(全10件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る