劇場版 境界の彼方 I'LL BE HERE 未来篇

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
劇場版 境界の彼方 I'LL BE HERE 未来篇
劇場版 境界の彼方 I'LL BE HERE 未来篇
31%
44%
20%
5%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

2013年10~12月にテレビアニメが放送された京都アニメーション制作「境界の彼方」の劇場版2部作の後編。テレビ版総集編にあたる前編「過去篇」から1年後を舞台に、ヒロインの栗山未来らに起こる新たな出来事を描いた完全新作の劇場版。戦いが終わり、これまらまた普通の日々が始まると思っていた秋人と未来だったが、未来の記憶が失われてしまう。新学期を迎えても未来の記憶は戻らず、高校3年生に進級した秋人は未来の幸せを願い、彼女を避けるように生活していたが……。

2015年製作/89分/G/日本
配給:松竹

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5

(C)鳥居なごむ・京都アニメーション/境界の彼方製作委員会

映画レビュー

4.0もう1度見直したいね。 評価上げるかも。

2020年4月21日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

興奮

難しい

いろいろ言うとネタバレになっちゃうけど、これだけは言わせてくれ。

バトルもかける京アニ天才。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
フェイト8@精神障がい持ちです。

2.0イマイチです

近大さん
2019年7月8日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

難しい

幸せ

萌える

ライトノベル原作のTVアニメの劇場版2部作の後編。
前編がTVシリーズの総集編だったのに対し、こちらは完全新作。
1年後の物語が展開される。

闘い終わり、平穏な日常が戻る筈だったが…、
前編のラストで記憶を失った未来。

自分が異界士である事も秋人との関係も忘れてしまった未来。気付いた時、目の前で悲しげな顔の秋人が気になって仕方ない。
秋人は未来を傷付けまいと、彼女から距離を置く…。

そんな時、妖夢でも傀儡でもない異形の怪物と謎のフードの男が現れる。
再び、未来と秋人は事件と運命の渦中へ…。

ダイジェスト的で初見者には把握しづらかった前編に比べ、後編は一応ちゃんと物語が展開。
TVシリーズのファンには賛否あるようだが、一本の物語としてはそこそこ入っていけた。
謎めいたダークファンタジーやアクションより、未来と秋人のラブストーリーとなっている。

しかしやはり、どうも最後まで面白さを感じる事が出来なかった。
ダイジェスト的な前編で作品世界の設定などが不明瞭なまま見たせいか、所々分からず、用語も時々ハテナ。
作品が悪いんじゃない。ほとんど興味無くただ見た自分が悪いだけ。

…と、言いたい所だが、そもそもこの作品とは合わなかったのかもしれない。
京都アニメーションはやはり、『涼宮ハルヒ』や『けいおん!』のような作品が好き。
本作のような作品はProduction I.G向きだと思う。

総じて、「イマイチです」。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
近大

4.5守りたいから"突き放す"、突き放すゆえ膨らむ"想い"。作品自体が張り裂けるほど二人の気持ちを叫んでました。

2016年9月18日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

興奮

幸せ

新キャラクターの投入をせず(いることはいるんですが、外部でなくて身内ですし)、既存キャラで収めてしまったところは正直頂けませんが、完成度はその欠点を考慮しても高いです。恥ずかしいこと書きますが、アバン時点で泣きかけましたし。

TVシリーズも『過去編』もとにかく涙を流しました。中でも秋人君と別れてたった一人“境界の彼方”へ挑んでいく未来ちゃんと、それを知って制止も振り切り、彼女の元へ走る秋人君。そこで流れる茅原さんのOP曲『境界の彼方』。このコンボがTVアニメ版『ジョジョ』1期最終回級!!ボロボロ涙は流しましたし、胸が一気に熱くなったし、とにかく二人が幸せになってくれって祈りましたよ。

そんなどっぷり感情移入した矢先の『過去編』ラスト。一応ネタバレぶっこむので、見てない方にはすいませんが、秋人君と過ごした記憶を未来ちゃんは失います。TVシリーズは再会を果たせたところで終わりましたし、ハッピーエンドと思っていた先がまさかのバッドですよ…。もう感情乱高下でどんよりしながら帰りましたね(苦笑)

ここで本題の『未来編』です。今まで描いてきた話が“ジレンマに苦しみながらも、惹かれあってく二人”でしたが、『未来編』は“惹かれあうゆえすれ違ってく”物語です。なので映画の基本トーンは重く悲しく痛切です。しかもとにかく速いテンポで(僕的にはベッソンの『96時間』よりも速いよ)、バトルもドラマも進んでいきます。大体この手の悲恋ものって流れは速くない気がしますが、ここではもうとにかく速い。立ち止まってる暇ないくらい(並みのアクション映画よりもおそらく速いんじゃないかな)。

でも映画は一度たりとも悲恋をまったく外しません。それどころか速いテンポが一層悲恋を盛り上げます。その最たる理由はやはり未来ちゃんと秋人君です。お互い異形の側にあり、孤独が日常だった二人は痛ましいほど純粋で、傷だらけで打ちのめられても、誰を恨まず必死に生きて、ただ誰かに“愛されたくて”、“愛したい”を求めてます。それがさっそく『未来編』始めで激流ばりに来ますから、もう目が潤んでばっかで困ってしまいましたね。イイ子ですもん!この二人が!!

正直僕は京アニ作品で泣いたことはなかったです。『映画 けいおん』の“プレゼントシーン”は温かい気持ちになったし、『たまこラブストーリー』の“告白の返事”も良かったです。でも涙が込み上げたのは『境界の彼方』が最初でした。それは前述したように二人がとにかく必死だからです。

勿論他のキャラクターも魅力的で輝いてますが(主役二人以外だったら、シスコン兄貴が光ってましたね。必死に背伸びするところとか、衰えない変態ぶりとかw)、どうしても未来ちゃんと秋人君に行っちゃいますね!!初々しく手を繋いで、未来ちゃんの“好きです”台詞。あんなラストで〆ちゃうなんて、石立監督ズルいですわ(笑)

ファンとしては後日譚の続編やってほしいですが、ここまで綺麗な幕引きだと、叶うのは無理でしょうね。TVシリーズのBlu-rayを揃えても一度味わいますか!!

あ、でも出来ることなら、続編あると嬉しいです(笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
平田 一

4.0ホッとする終わり方でした

大妖精さん
2015年10月6日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

少しアクションシーンが多かったような気もしましたが最後はホッとする終わり方でした。
あと、栗山さんが個人的にかわいかったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
大妖精
すべての映画レビューを見る(全24件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「境界の彼方」シリーズ関連作品