罪の余白

劇場公開日

罪の余白

解説

芦沢央による第3回野性時代フロンティア文学賞受賞作を内野聖陽主演、「FLARE フレア」「スープ 生まれ変わりの物語」の大塚祐吉監督により映画化。高校のベランダから転落死した女子高生の香奈。娘の死を受け止められず、自分を責める日々を送る父親の安藤は、事故か自殺か、娘の死の真相を知るために、娘のクラスメイトに接触する。そんな安藤の前に、校内カーストの頂点に立つ美少女・咲が現れる。安藤と対峙することになる咲役には、第13回全日本国民的美少女コンテストグランプリ受賞の吉本実憂。

2015年製作/120分/G/日本
配給:ファントム・フィルム

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)2015「罪の余白」フィルムパートナーズ

映画レビュー

3.0谷村美月が上司?

kossyさん
2022年3月4日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

 ただただ吉本実憂演ずる木場咲が怖くなる。どう対処しても社会的弱者とも言える女子高生に世間は味方し、父親の安藤は窮地に追い詰められることになるのだ。他人の名前を使って父親とともに遺書を探す。自分の名前が書いてあるのではないかと不安だった咲。しかし、名前を偽ったという時点で不信感が強まる安藤だった。それにしても女優を志すだけあるわ!普段から演技してんだもんね・・・こわぁ。こういう女子が痴漢に遭ったとかいって冤罪事件を作るんだよね、きっと。

 大学では谷村美月が助教授であり、講師の内野聖陽から見れば上司にあたる。谷村演ずる小沢も心理学では上かもしれないけど、実践に弱そうな性格。対面して後から客観的には性格分析できるけど、咲にはボロボロになるまで罵倒されてしまうのだ。頑張れ!美月ちゃん。負けるな~と応援したくなった。車の運転も頑張って!

 クラスでは女帝という立場がぴったりで、彼女の目にかなった生徒しか喋ることはない。まぁ、仲間というより奴隷ですね・・・ガツン。将来もモンスター決定。ただ、スカウトされたのに自己主張しすぎたために落とされちゃったのはしょうがない。社長もビジネスライクなのでわかってらっしゃる。

 もうちょっと心理戦が見られるかと思ってたけど、心理学講師にしては相手に陥れられてばかりだったのが残念なところ。まぁ、あとは体を張るしかないよね・・・心理学の教職という設定にしない方が良かったかも・・・

コメントする (コメント数 3 件)
共感した! (共感した人 7 件)
kossy

4.0現実ぎりぎりありそうなストーリーが良い

2022年3月1日
PCから投稿

現実にありそうな学校でのやり取りが怖くて、でもきちんと現実の世界でもぎりぎり通りそうな復讐劇が面白かったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Happy Life

3.5内野聖陽の芝居がすごい

白波さん
2022年1月11日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

何と言っても内野聖陽の芝居がすごい。
演技の幅が広く、くすぐらえているときとか顔がすごい可愛い。
それと同じくらい吉本実憂の存在感もすごい。芝居云々でなく、その役所がきっちりと伝わってくる。
観ていて少々突っ込みのある展開ではあるものの、それらも全部二人の空気感で持ってった印象です。
テーマも含め中々に魅せられた作品でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
白波

1.0結末ありきで作られた様に感じる。

2021年11月9日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

そして、それに至るまでの経緯が退屈で見るに堪えない。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
むにふに
すべての映画レビューを見る(全54件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る