ハイヒールの男

劇場公開日

6%
31%
49%
6%
8%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「グッドモーニング・プレジデント」「ガン&トークス」のチャン・ジン監督と「シークレット」「約束」の演技派俳優チャ・スンウォンがタッグを組み、女性になりたい願望を抱える敏腕刑事がたどる過酷な運命を描いたノワールアクション。並はずれた強さと暴力性で、警察内部ばかりか犯罪組織からも一目置かれる存在の刑事ジウク。容姿にも恵まれ、誰もが羨むほど完璧な男のジウクだったが、実は心の内に女になりたいという欲望を秘めていた。長年にわたってそのことを悩み続けてきたジウクは、ある出来事をきっかけに本当の自分と向きあうことを決意する。しかし、そんな矢先、ある事件に巻き込まれてしまい……。2015年1~2月にヒューマントラストシネマ渋谷で開催の「未体験ゾーンの映画たち 2015」上映作品。

2014年製作/125分/韓国
原題:Man on High Heels
配給:クロックワークス

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5

(C)2014 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

映画レビュー

5.0これはすごい!!韓国映画の醍醐味

redirさん
2021年10月15日
iPhoneアプリから投稿

これはすごい。韓国映画は、予備知識ナシあまり期待しとらんでも見たらすごいやつたくさんあるが、これとそのひとつ。韓国映画の懐の深さ、独創と実現力、俳優さんの実力、そして本当に普遍的に心を打つ、人間の悲哀と多分神の愛を知るものならではの迫力、慈愛、プラス容赦ない暴力、超絶アクション。強い、強い、優しい、かっこいい。これはやばいです。最高。そして、中学生時代の2人がとても可愛いし、ジウク刑事の中学生子役が体型がっしりだが岡本圭人似で、ヤクザの弟の方はまるで大泉洋で、もう何が何だか。面白い。あっぱれです。大雨の中傘をさしての立ち回りも最高、チャミンも切なくてかわいい、この兄妹の可憐さは確かに人生賭けても助けたくなる。アシアナ航空カウンターの人も、タクシー運転手さんもそんな方たちも、ジヌくんも、みんな最高。LGBT とか、なんか物哀しい風な映画がよく学習用にありますが、この作品を見て考えたらよいよ。そんな気負いもなく、しっかり伝わる。深くて広い引き出し。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
redir

4.0新感覚ハードボイルド

さん
2021年10月13日
スマートフォンから投稿

女裝が趣味の刑事というから、コメディかな?と思って観たが、笑いの要素もありつつ主人公のせつなさも伝わってくる面白い作品だった。韓国はLGBTに関して保守的と聞いたことがあるが、結構攻めた内容なのではないだろうか?

ラストはアジョシに似てる感じだけど、女裝でのアクションシーンになるとは!あれだけ筋肉質なのに線が細くて完璧なシルエットに脱帽。

主人公を演じたチャスンウォンは、終始格好いいのだが、格好良すぎて逆に面白いっていうか、コメディもシリアスもできる俳優だと思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
雪

3.0ぼくが考えたさいきょうのLGBTQ(物理)

ipxqiさん
2021年9月1日
iPhoneアプリから投稿

映像はロマンチックだしすごく真面目に丁寧に主人公のドラマを描こうとしてるのは伝わる。

でも異性装とトランスセクシャルと同性愛はそれぞれ別の要素なのに、ドラマ的には同一視されてる感じがして、そもそものプランニングがちょっと雑に感じた。

私も当事者でないのであくまで想像ですが、ヘテロな男だけど女装が趣味、女なのに男の身体を持ってしまって本来の自分を回復したい、男だけど男が好き、とそれぞれのケースを想定すると一緒くたにはできないはず。
一番大事な要素はトランスなんだろうから、それ一本じゃダメだったのかなぁ…

結果的にMtoFかつ男性を愛する志向、は成立するけど、若い頃のエピソードからは女になりたがってる感が弱かったので、愛する男への想いと、すべてを捨てても女になりたい動機とが今ひとつ繋がらなかった。
幼い頃からこっそり女装していた、とか女装の自分を認めてくれる男と出会って恋した、とかやりようはあったはず。
結果的にはちょっと変わり種のアクション映画、というくらいの塩梅。

劇中に出てくるような「ニューハーフ」の人に取材くらいしてるかも知れませんが、出来上がったものはあくまでヘテロな人たちが保守的な世間に向けて作った話、という印象。今ならもっと深く掘り下げられたのかなぁ。
(そうなると当事者をキャスティングするのか問題もあるわけですが。韓国映画界ならやれるのでは?)

主演の俳優さんは長身で腹筋バキバキ、アクションもキレキレ、海兵隊出身のガチマッチョの役だけど顔が優しくて、女装にあんまり意外性はない。
仕上がりのキレイさ(観客の受け入れやすさ)を優先したのかも知れないけど、似合いそうだなーって人より、えっこの人が? って落差があった方が映画的にはアガる。
海兵隊上がりの最強の男→女装、の設定自体、その落差を狙ったものだろうし。。

それと邦題にもなってるハイヒール、せっかくなら履いた状態で闘う場面が見たかった。
厳密にはハイヒールでなくとも女物の靴、スカートにウィッグ、フルメイクで並みいる強者たちを圧倒する場面が見たかったな。。
たしかに動きづらいだろうし、身体的負担は大きいと思うけど、Perfumeだってハイヒールで踊ってるくらいだし、それこそ筋肉やトレーニングの出番では。
映像的にもそっちの方がカタルシスがあったと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ipxqi

3.0男も憧れるほどのめっぽう強い刑事の秘めたる苦悩

mittyさん
2021年8月20日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

悲しい

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
mitty
すべての映画レビューを見る(全9件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る