ハン・ゴンジュ 17歳の涙

劇場公開日

ハン・ゴンジュ 17歳の涙
ハン・ゴンジュ 17歳の涙
13%
56%
21%
4%
6%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

2004年に韓国で起きた「密陽女子中学生集団性暴行事件」を題材に描き、ロッテルダム国際映画祭最高賞など数々の映画賞を受賞したドラマ。普通の女子高生ハン・ゴンジュは、ある事件に巻き込まれたことをきっかけに転校を余儀なくされる。絶望の淵に立たされながらも、新しい友だちとの触れあいや大好きな歌を通して少しずつ笑顔を取り戻していくゴンジュだったが、前の学校の親たちが彼女の前に現われたことで状況が一変する。主演は「サニー 永遠の仲間たち」「母なる証明」のチョン・ウヒ。2015年1~2月にヒューマントラストシネマ渋谷で開催の「未体験ゾーンの映画たち 2015」上映作品。

2013年製作/113分/韓国
原題:Han Gong-ju
配給:「ハン・ゴンジュ 17歳の涙」上映委員会

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5

(C)2014 VILL LEE Film Co. All Rights Reserved.

映画レビュー

4.5とてもリリカル。 ひどすぎて、頭に来るけど。ヒロインがすごくいい。

えみりさん
2020年6月28日
スマートフォンから投稿

とてもリリカル。 ひどすぎて、頭に来るけど。ヒロインがすごくいい。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
えみり

5.0ヘル韓国の王女

ate2さん
2020年3月10日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

近頃韓国について知る人が増えた。以前は日本人は韓国社会を知らないから、こんなエグイ社会派の映画を日本人が理解することなんて出来るはずない。

でも日韓関係が険悪化して、みんなが韓国社会の異常さや厳しさを話題にして知るようになったし、パラサイトがアカデミー賞をとったりして、格差のひどい社会だって言われたりして随分わかりやすくなったんではないかと思う。

例えば以前この映画を見た人なんかはなんでこんなもの作るんだ、見ていて胸糞悪い話で救いがないし、ひどすぎる。誰か親身になって助けてやれよ、とか言っていたが、そんなことを気楽に韓国人が出来るくらいなら、こんな映画を作る必要無い。

こんなに敵が多くて、外聞が悪くて親も見放すくらいに不運で、居場所もなくて、しかも若い女性を、ひとり二人や十人くらいの人が助けようとしたって、韓国社会では一緒に潰されかねない。よほど力のある人ならできるかもしれないけれど、そんな人は見栄っ張りだし利益のないことはしようとしない。日本人が見たら信じられない親たちとか、平気で相手を追い詰めたりとか、韓国人が見たら結構あるあるなんだと思う。

若い女の子がちょっとしたことで恥をかいたからもう生きてけないって死ぬとか珍しくもない。あんなに親しくしようとしてた友達だって怖くて逃げることしかできないのは当然なのかもしれない。

慰安婦のバアさんをかわいそうだと熱心に助けるのは、それで利益を得る市民団体に力があるから、協力することに不利益がなくて、晴れがましいことだとされてるからで、そうでないなら見向きもされないんじゃないだろうか。韓国だっていい人はいるし、むしろ情に厚くて面倒見がいいって言うけど、面倒な大勢の敵を相手にしてまでとかそんな人がいないのは、不買運動みててもわかる。

この監督のメッセージはだからタイトルについて考えるとほとんど出てる気がする。この子の名前はハンゴンジュで、漢字で書くと韓公主、韓国の王女ってことになる。この救いのない子が、こんな生きづらい生活してるのにきれいな歌声で歌って、どんなに生きたいと思ってるかって、どんなに理不尽な目に会っても生きようとしてるかって、そんな映画を作る。こんなことが現実に起こってるんだってことをとことんリアルに知らせる。

この映画を見た多くの人が苦しくなって、こんな社会を心底恥ずかしいと思って、それでも何としても生きてほしいと思う。そうしたら、せめてこの映画の中でなら、河に飛び込んでも泳いで生き残れるかもしれない。それは幻だけど、観た人たちのたくさんの心がそう願うんならこの子は生きれるんだよって話になる。

多くの勇者が守りたいと願う王女様になったとしたら、こんな国でもきっと生きていけるはず、とかね。

なんか現実よりさらに悲しくて虚しくなっちゃう事かもしれないけれど、、そーいう現実よりはずっとあったかい監督とか製作者たちの気持ちのほうを見てほしい映画だよ。

韓国の社会派映画ってみんな残酷でリアルで激しいけど、この映画はそこがちょっと違ってると思う。無理して作ったみたいだし。ホントに丁寧で良くできた映画だと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ate2

4.0予想通りどんより

jukokoさん
2017年4月19日
Androidアプリから投稿

実話を元にした映画だが、実話の方が胸糞エピソードがもっとたくさんあった。映画として退屈しないような作りだと思う。序盤から主人公の現在の日常が描かれ、楽しげな日々が過去の出来事とクロスオーバーしながらが徐々に崩れていくのがしんどい。
友人を救えなかった絶望を抱えながら
何度も息継ぎした結果たどり着いた希望。
どんよりする余裕のある時にどうぞ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
jukoko

5.0何よりも映画として見てほしい作品。

onjuさん
2016年11月15日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

怖い

幸せ

この作品は実話を基にした映像作品であって、ノンフィクションではない。

痛ましい実話をもとにしているということはあまりにもわかりきったことで、そのことに忠実であるというだけでは映画としての存在意義は弱い。

しかし事件自体に対しても大いに雄弁でなければならないという意思が感じられ、この映画を見た者が事件の悲痛さに驚きや憤り、哀惜の念をあらたにすべきことも意図してはいる。

けれどもこの作品に施された伏線、事件を離れて創作されているフイクションの部分に注目したとき、ただ興味本位に事件を再確認することの無意味さ、無力さ、無神経さを理解したうえで乗り越えようという意思を感じる。

映画のタイトルは「ハンゴンジュ」であり、コンジュとは公主、王女のことになる。

抗うことのできない現実を、ただ受け入れるしかなかった人間としてではなく、そんな現実の中ですら魅力的でかけがえのない日常の輝きを放つ「人生の主人公。」

見終わったときに残るものはおぞましい人間性への嫌悪でも、現実への諦めでもない。

ただそれでも生きてほしい、生きたいという、悲痛で切実な心の渇きではないだろうか。

この映画を見終えた後、いつまでも繰り返し響き続けるコンジュの歌声を感じたすべての人には、単なる他人ごとではない生きることへの渇望が宿る。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
onju
すべての映画レビューを見る(全8件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ハン・ゴンジュ 17歳の涙」以外にこんな作品をCheck-inしています。