ホラー・シネマ・パラダイス

劇場公開日

ホラー・シネマ・パラダイス

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

廃館寸前の映画館の女性支配人が本物の殺人映画製作にのめり込んでいく姿を描いたホラーコメディ。亡き父から小さな映画館を受け継いだ女性デボラは、毎晩集まってくるホラー好きの観客たちを相手にカルト映画を上映し、細々ながらも劇場を守り続けてきた。ところがある日、意地悪な母親が劇場の売却を決め、勝手に契約まで結んでしまう。逆上したデボラは母親を惨殺し、しかもその一部始終を誤ってスクリーンで上映してしまう。慌てるデボラだったが、意外にも観客たちはリアルな殺人映像に熱狂していた。主演は「アメリカン・パイ」シリーズのナターシャ・リオン。共演に、テレビシリーズ「ターミネーター サラ・コナー クロニクルズ」のトーマス・デッカー、「LOOPER ルーパー」のノア・セガン。2015年1~2月にヒューマントラストシネマ渋谷で開催の「未体験ゾーンの映画たち 2015」上映作品。

2010年製作/98分/アメリカ
原題:All About Evil
配給:アサルトワン、天空

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 封印映像27
  • 封印映像28
  • ハロウィンII
  • ファンハウス
  • モーガン・ブラザーズ
  • ハロウィン2016
  • ロスト・ボディ
  • トランストリップ
  • 道化死てるぜ!
  • 監禁/レディ・ベンジェンス
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2

(C)2010 All About Evil Films, LLC

映画レビュー

3.5ちなみにトト君は出ません。あしからず。

2019年8月15日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

萌える

午後10時の映画祭で鑑賞。いやはや〜、トト君の演技が切なくて切なくて、、、、、いや、違う⁉️

あっちは「ニュー・シネマ・パラダイス」
こっちは「ホラー・シネマ・パラダイス」
B級ホラー映画をチョイスで御座います🙇‍♂️

廃館寸前の父の形見の映画館(ホラー映画メイン)をどうにかしようと頑張る娘デボラ。そこに映画館を売却しようと母親が権利書にサインを求めにやってきて、手違いで殺してしまう。その監視録画映像を間違えて上映しちゃったら意外にもウケちゃって、、、、
デボラも調子に乗っちゃって色々なホラー映画を作り出す御話。

前半のチョー頼りないデボラにB級臭さを感じ、最初の事件に馬鹿馬鹿しさや有りえなさを感じたものの、エスカレートしていく脚本には中々面白いものを感じた。
(だけど、展開は何処か違う作品で観たことある様な)

また、仲間の胡散臭い映写係の爺さん、ブッ飛んでいる殺人鬼姉妹はB級感たっぷりで良かった。(残り1人の男性が危ない感出しているものの、そうでも無く残念。時計じかけのオレンジに出てくるアレックスの様な狂気ぶりが観たかった。)

後半、B級を貫いていくものの、何故か物足りなさ感が。飛び降りのシーンなどでもう一捻りの皮肉さがあればと思うと残念である。

B級ホラー映画とすれば、間違いなく面白い部類。
ある意味、邦題勝ちでもあります。
(もう一度言います、トト君出ません。)

コメントする (コメント数 11 件)
共感した! (共感した人 0 件)
巫女雷男

1.0これぞB級ホラーだね

2019年7月24日
PCから投稿

笑える

悲しい

B級ホラーって途中もう観るの止めようかどうか悩みながらダラダラ観続けるものだが、この作品がまさにそんな感じ
ラスト屋上から落下したデボラが女教師に激突してくれれば評価2だった

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ニホンではなくニッポン

3.5新しいスプラッタ

w.sさん
2015年10月28日
iPhoneアプリから投稿

映画のタイトルからなんか面白い予感。
本当の殺人現場を映画にするなんて新しい発想で面白かったです。ところどころ笑もあり、B級映画ですがなぜかハマってしまいます。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
w.s

4.0邦題パロり過ぎ(笑)

2015年7月24日
PCから投稿

笑える

13日の金曜日のラストの台詞を叫びながら、母親を殺す冒頭のシーンだけで良作の予感。でも最近多い、70年代80年代オマージュで、ノスタルジックが止まらなくさせて誤魔化す作戦じゃないの?という、意地の悪い私の予想は裏切られます。
ますます好感度アップ。

父親の呪縛から逃れられない劇場主の娘が、経営の厳しい劇場を実際の殺人ホラームービーを作成して盛り上げようとする。
リアル殺人劇場。面白い。
悪趣味だけど、ポップで可愛い。絶妙な匙加減。
双子のゴスロリ娘とか、主役のナターシャ・リオンがツボ。

ナターシャは「アメリカン・パイ」でドライで賢い女の子を演じてる頃から好きだった。
もっとホラーに出ればいいのに。
原題は「ALL ABOUT EVIL」です。
どう考えても、例の感動作をパロった邦題です。
例の感動作、未見です。すみません!
邦題、珍しく気に入ってます(笑)

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
さぽしゃ(まこさぽチャンネル)
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る