殺人の疑惑

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
殺人の疑惑
殺人の疑惑
4%
50%
37%
7%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

自分の父親が重大事件の犯人ではないかという疑いを抱き、真実を求めて動き出す女性の姿を、「私の頭の中の消しゴム」「四月の雪」のソン・イェジン主演で描いたサスペンスドラマ。15年前に韓国社会を揺るがした誘拐殺人事件の公訴時効が迫り、警察は情報提供を求めて犯人の声を公開。それを聞いたダウンは、犯人が父親スンマンではないかという疑いを抱く。これまでずっと自分を可愛がり、育ててくれた父親を信じたい一方で、疑念を払いきれないダウンは、父親の過去を調べ始め、明らかになっていく真実に次第に混乱していく。父親役に「KT」のキム・ガプス。

2013年製作/95分/韓国
原題:共犯 Blood and Ties
配給:CJ Entertainment Japan

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • メメント
  • ヒッチハイク
  • フェノミナ
  • 魔性の夏 四谷怪談より
  • HAZE
  • 愛を複製する女
  • ディスコード
  • トーク・トゥ・ザ・デッド
  • クロユリ団地
  • ナイト・オブ・ザ・スラッシャー
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1

(C)2013 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved

映画レビュー

2.5主人公が一番一貫してない。

2019年9月12日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

主人公に腹立つ映画にたまに当たるのだけど、
それだった。

てめぇが疑いだして、周りを犠牲にしたのに
時効間際に心変わりしてんじゃねぇよ!
とイライラした。

事件の先にあるオチも
お父さんが狂いすぎてて、
というか途中で匂わしてたというか、
言ってたので、ビックリというか納得。

内容は最初本当にあった話だと思っていたので、
良い題材だけど、演出はイマイチだなと感じてたけど、
ラスト間近でこれは本当の話じゃないと気付いて、
ツッコミどころも目に付いた。

そりゃ声紋は違うのは何とでもなるし、
お父さんの突然のキャラ変もせこく感じた。
義理の弟も、何がしたいのか良く分からない。
お金が欲しい、
それだけで20年近くだまっていたのか?
お父さんも、あの義理の弟と母親を生かしたまま
時効を迎えられると思ってたのだろうか?
主人公も結局、お父さんに愛情はあるから
捕まえられるのは嫌だけど、
真実は聞かせて欲しいってその感情は何なのか、
よく分からなかった。

90分、色々複雑そうに見えてたけど、
最初から主人公分かってたやん。
というとくにひねりのない映画でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
奥嶋ひろまさ

3.5引っ張る割には・・・

2019年8月21日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

父親が怪しい、そう思っても普段の父は、
釣りに行くと嘘ついて生活費の為バイトしてたり、
娘には内緒で担当教授に挨拶に行ったりと、
娘の為に労を惜しまない誇らしい父親。
じゃあ変わった趣味はないかとパソコンを調べても、
ありきたりのエロ動画しかない。
いや、それだけでも親としたら見られるの嫌やけど。

ずっと引っ張られてオチへの期待は半端なくなったけど
最後は、あいつが喋るんかい!、とまあちょっとキレた。
要は期待はずれでした。
産婦人科医が出てきた時に読めてしまうかな。
でもなんで母親はあんなことになってたんでしょうね。

見てて思ったのは、
子どもとって父親は母親には勝てないんだな。
お腹痛めてないし、母乳は出ないし。
だから母親はいなかったのかな?とも思いました。

主演のソンイェジン、白夜行の人だと後で知りました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
クリストフ

3.5疑心

近大さん
2018年4月1日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

怖い

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
近大

4.0恐ろしいのは真実を知ることではない。信じた誰かを疑うこと。

調整中さん
2015年8月18日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

恐ろしいのは、真実を知ることではない。
一旦信じた誰かを、疑うことだ。
と、常日頃から思っています。
本作は、まさにそんな感じなんです。
これは凄い!「殺人の追憶」「母なる証明」に匹敵するサスペンス・ミステリーかも!と思いながら観てて、なんてこと!

勿体ない!

終盤に来て、どう纏めようか分かんないや!えーーーい!て投げた感じの、コストのかかってなさが残念です。
もうちょいやりようがあったのに。と、こっちが悔しくなりました!
勿体ない!久々に、あ”-って変な声が出ました。残念。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
調整中
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る