XX(タプル・エックス) 美しき凶器

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

殺し屋という裏の顔を持つピアニストと男との危険な駆け引きを描くエロティック・サスペンス。大沢在昌の小説『眠りの家』(ケイブンシャ文庫・刊)を原作に、「ほしをつぐもの」の小水一男が監督・脚本を手がけたVシネマ作品で、劇場公開された。ヒロイン役の宮崎ますみの熱演が話題となった。

1993年製作/93分/日本
配給:東映

ストーリー

日本のフィクサーである国分は腹心の吉沢に殺し屋の手配を任せていた。吉沢は坂上という殺し屋を雇っていたが、坂上は酒で身を持ち崩し、今ではしがないピアノ弾きとして暮らしていたので、別の殺し屋・大木を山奥の一軒家に送り込んだ。坂上は、そこで大木が女を抱いた直後に殺される様子を目撃した。女もまた吉沢の殺し屋だったのだ。そんな坂上のもとへ吉沢から殺しの依頼がくる。ターゲットは例の女だった。自分の命が危ないことを知りつつも、女の美しさに惹かれ、抱いてしまう吉沢。だが国分のために殺しを遂行してきた女もまた命をねらわれている身であった。部屋にいた吉沢が銃口を女に向ける。女はそれに気づかない。彼女は盲目だった。銃声が響く。血まみれになって倒れている吉沢の前に、殺されたはずの坂上が立っていた。吉沢は国分と女の関係を語り、息絶えた。国分を崇拝してきた女は、その時初めて自分自身の人生を歩き始める決心をした。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

監督
原作
大沢在昌
企画
松田仁
企画協力
長濱治
プロデューサー
岡田真
室岡信明
杉浦敬
撮影
伊藤昭裕
音楽
大野雄二
録音
志満順一
照明
水野研一
編集
鈴木歓
助監督
松本裕幸
スクリプター
泉昭男
林いず美
全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「XX(タプル・エックス) 美しき凶器」以外にこんな作品をCheck-inしています。