スパイ・レジェンド

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
スパイ・レジェンド
スパイ・レジェンド
10%
48%
38%
3%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

5代目ジェームズ・ボンドで知られるピアース・ブロスナンが、「007 ダイ・アナザー・デイ」でボンド役を卒業して以来、12年ぶりにスパイアクション映画に主演した作品で、世界的陰謀に立ち向かう元CIAエージェントの戦いを描いた。「ザ・ノベンバー・マン」というコードネームで活躍した元CIAエージェントのピーター・デベローは、スイスで静かな引退生活を送っていた。しかし、当時の同僚たちがCIAによって次々に消されるという事態が発生。かつて愛した元同僚の女性を目の前で殺されてしまったピーターは、自らが育てた現役最強のCIAスパイとの攻防を繰り広げながら真相を追うが、事件の裏には、ロシア大統領選をめぐる国際的な陰謀が隠されていた。「バンク・ジョブ」「13デイズ」のロジャー・ドナルドソンが監督、共演に「007 慰めの報酬」でボンドガールを務めたオルガ・キュリレンコ。

2014年製作/108分/R15+/アメリカ
原題:The November Man
配給:KADOKAWA

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • メメント
  • ヒッチハイク
  • フェノミナ
  • 魔性の夏 四谷怪談より
  • HAZE
  • 愛を複製する女
  • ディスコード
  • トーク・トゥ・ザ・デッド
  • クロユリ団地
  • ナイト・オブ・ザ・スラッシャー
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)2014 No Spies, LLC. All Rights Reserved

映画レビュー

4.0面白かった

tunaさん
2020年3月29日
iPhoneアプリから投稿

スピード感があり、あっという間に終わった。
オルガキュリレンコは美しかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tuna

2.5レビュータイトルが思いつかない(笑い)

よしさん
2020年2月25日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

引退したCIAエージェントが、ロシア大統領選に係る暗闘に巻き込まれる物語。

スパイ物として、基本的な設定はしっかりとしていました。また、アクションは迫力がありましたし、緊迫感のあるシーンも多く楽しめた作品でした。
ただ、それでも評価は厳しめ。理由は、面白くする為の設定や場面を盛り続けて、収拾がつかなくなったように思えるところ。
例えば、主人公の敵側に回ったCIAエージェントの扱い、教え子と恋仲になった女性の扱い等がそれでしょうか?
もう少し設定を詰めてくれれば、説得力を感じる展開になったように思え勿体なく感じます。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
よし

3.5とても見やすく後味すっきりの良作品。 007ばりのピアース様がやっ...

miharyiさん
2019年1月6日
PCから投稿

とても見やすく後味すっきりの良作品。
007ばりのピアース様がやっぱりしぶい。
2014.10.21

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
miharyi

2.5シルバースパイ

近大さん
2019年1月6日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

単純

興奮

ピアース・ブロスナンがMI6からCIAに移籍して、スパイに復帰。
本作の見所はそれに尽きる。

過去の事件が原因で引退した伝説的敏腕エージェント、ピーター。
元同僚で恋人が殺され、再び現場へ。
CIAや国家が絡む陰謀が…。
銃撃戦、肉弾戦、カーチェイスを刻み、スリリングでつまらなくはないが、特に目新しさは無い。

ブロスナンの役所もあの名スパイのような活躍を期待すると肩透かし。
女にモテモテでもヒロイックでもないが、年相応の渋さが光る。程よく、いぶし銀の魅力。
元同僚の恋人を殺し、彼を追い、敵対するのは、かつて教育していた教え子、デヴィッド。師弟対決。
敵役的な位置付けだが、やはりピーターの方が上手。
ピーターがデヴィッドと関係を持った女性を人質に取り、逆に脅しにかけるシーンも。
どちらが善でどちらが悪か、時に手段を厭わぬ非情なスパイの世界。
陰謀に巻き込まれたピーターの復讐ドラマでもあり、デヴィッドの苦悩・葛藤のドラマとしても見れる。

行動を共にするヒロインに、元ボンドガールのオルガ・キュリレンコ。
偶然か狙ったのか、彷彿させるようなキャスティングは粋でユニークで、先にも述べた通りつまらなくはないが…、
ストーリーもアクションも至って平凡な任務だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
近大
すべての映画レビューを見る(全29件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る