マダム・マロリーと魔法のスパイス

劇場公開日

マダム・マロリーと魔法のスパイス
18%
63%
17%
2%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

老舗フレンチレストランを経営する女性が、新興インド料理店との対立と、絶対味覚と呼ばれる才能をもった青年シェフの作り出す料理などをきっかけに、頑なな心に変化が訪れる姿を描いたヒューマンエンタテインメント。スティーブン・スピルバーグとオプラ・ウィンフリーが製作、「クィーン」のオスカー女優ヘレン・ミレンが主演、「ギルバート・グレイプ」「ショコラ」の名匠ラッセ・ハルストレムがメガホンをとった。南仏でマダム・マロリーの経営するレンチレストラン「ル・ソール・プリョルール」は、究極の味と穏やかな雰囲気を重んじ、ミシュランで1つ星も獲得している老舗店。ある日、そんなマロリーの店の真向かいに、賑やかな音楽とスパイスたっぷりの料理を提供するド派手なインドレストラン「メゾン・ムンバイ」が開業。全く異なる価値観の2つの店は、道を隔てて対立するが、「メゾン・ムンバイ」店主の息子ハッサンが亡き母から譲り受けたという「魔法のスパイス」とハッサンの持つ天才的な料理のセンスが、次第に両店主の頑なな心を溶かしていく。

2014年製作/122分/G/アメリカ
原題:The Hundred-Foot Journey
配給:ディズニー

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第72回 ゴールデングローブ賞(2015年)

ノミネート

最優秀主演女優賞(コメディ/ミュージカル) ヘレン・ミレン
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4

(C)2014 DreamWorks II Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.

映画レビュー

5.0クラシカル(伝統)の語源はクラッセ(品格)

きりんさん
2021年3月8日
Androidアプリから投稿

そういえば、僕は若いころレストランをやる夢を持っていたんです。
もしくはトップクラスの給仕(ギャルソン)に。

美味しそうに食べる市長さんが良いなぁ!

インド料理とフランス料理、
ふたつを同時に楽しませてくれて、ユニークな体験でした。
もう、観おわってお腹がペコペコですよ(笑)

香料が魅惑の渦を巻くインド料理と、目にも美味しい圧巻のフランス料理(分子キュイジーヌは除く)。
自分で作るのも楽しいけれど、プライドある料理人の細心のもてなしを受けるべくレストランへ飛んでいきたくなりました。

なるほど、
製作陣と配給元を見ればこの映画の願いが分かります。

スピルバーグは夢を、
ハルストレムは冒険を、
ディズニー社は希望を
“スパイス”としてこの映画に方向付けを与えていますね。

ヘイトの荒れ狂う現代社会で、大人たちが変わるのは至難のわざ。
だからこの映画の差し出す“メニュー”は、「子どもたちには国境や人種や文化の垣根を越えて人生飛躍してもらいたい」と、祈りを込めているのだと思いました。

そして「食育」って大切。
味覚だけでなく、心と体の根本に作用するから。
ハッサンのお母さんが劫火の中から命がけで救い出したスパイスは貴いですね。

食材と、作り手と、食べる側、それぞれの命への敬意・品格が光ってました。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 1 件)
きりん

3.0タイトルなし

ケイさん
2020年11月25日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

楽しい

単純

幸せ

安心して見られ、映像も美しく幸せな気分になれる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ケイ

5.0ごちそうさまでした

odeonzaさん
2020年7月24日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
odeonza

4.0マダム・マロリーよりもハッサンが際立つ!

うさぎさん
2020年6月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

幸せ

マダム・マロリーが主役なのか?
それとも絶対味覚を持つ
インド人の青年ハッサンが主人公なのか?

マダム・マロリーが営む
一つ星フレンチレストランの前に、
インドレストラン「メゾン・ムンバイ」がオープン!
全く雰囲気が異なる2つのお店は、
バトルを繰り広げる。

メゾン・ムンバイの息子ハッサンの持つ
天性の料理センスと、
母親から継いだ秘伝のスパイスで、
マロリーの心をつかみ、
少しずつ親睦を深めていく。

オスカー女優ヘレン・ミレンよりも
名もなきインド人の青年の方が
静かな存在感があり、際立って見えたわ!
ストーリーとしても、
彼の成長を大事にしていたように思える。

ハッサンの作るさまざまな料理で、
私の舌と心を癒されたくなるわ!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
うさぎ
すべての映画レビューを見る(全52件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る