劇場公開日 2015年9月12日

  • 予告編を見る

「是非、原作を読みましょう」天空の蜂 CBさんの映画レビュー(感想・評価)

3.6248
25%
48%
21%
4%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

3.0是非、原作を読みましょう

CBさん
2017年2月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

あれ?なんか原作を読んだ感じと、違う
原作の完全なトレースで、めちゃくちゃ楽しめた「真夏の方程式」との違い、この違和感はなんだろう。なんか薄まっちゃった感じ。
堤監督?脚本の人?
科学、技術は進歩するもの、使うのは人間

家族愛は、余計だったと思う。結果的に原発について考えるチャンスが減ったと感じる。俺は、この話に、"仕事にのめり込んで家族を顧みない" という点を要素のひとつにするのはあわないと思う。科学に対する東野さんの考え方と違うと思う。

不思議だったので、 原作を再読し、疑問は氷解。ちなみに映画の評価は上段、原作の評価は下段です。

<映画の評価>
••3••好/•••4•凄/••3••涙/•••4•固ゆで
••3••社会派/•2•••狂信
総評:損はしてない/知り合いには:黙っとく
俺の満足度:50点

<原作の評価>
••••5好/•••4•凄/•••4•涙/••••5固ゆで
••••5社会派/••3••狂信
総評:また読む/知り合いには:勧める
俺の満足度:100点

映画と原作(小説)は似たストーリーと設定だが、全く異なる作品でした。中心に置いたものを比較すると、映画は家族愛の回復、原作は犯人への理解と共感、日本人の義務。つまり両者はプロットだけ同じだが、全く異なるふたつの物語だったわけだ。

自分は、後者(小説)に心酔したので、そっちの面の事前期待が高すぎてギャップがあり映画の評価が低い。そういう先入観なしで観ればちゃんと面白く観られますよ。

ただ、原作の通りに描いた映画も是非見てみたい。原作の持つ、ひんやりした感じの主となるストーリーの映像化と、緊迫する救出劇、さらに原子炉へのヘリ落下というエンタテインメントを、同時にスクリーンで観たかったなあ。自分の中では、東野圭吾の最高傑作なだけに。

ぜひ、原作を読みましょう。原作が、原発反対でも賛成でもなく、科学技術と安全について、こんな風に考えてみる筋道があるよ、ということを指南してくれる本に見えるかもしれないよ。

2019/11/19追記

以下の内容は、東日本大震災による未曾有の大惨事に、心から黙祷している者が記しています。その中で、原発事故によって、多大な被害を被られた方、今でも故郷を離れて暮らさざるを得ない皆様、本当に大変かと思います。以下の文章で、万が一、被害者の方の心傷に触ってしまうようなことがあってしまったら本当にすみません。

「自分がやった仕事(の安全性)を信じて、本気で原発にヘリを落とそうとする技術者三島と、原発作業で兄弟を殺された復讐を果たしたい元自衛隊員雑賀。
まず、犯罪理由が正反対のこの二人が手を組んで「原発にヘリを落とそう」という犯罪を実行しているという設定への驚き。
雑賀は、ヘリを落として大惨事とすることを心から願っており、一方の三島は、ヘリを落としてもビクともしない原発を心から信じている。
手段は一致しているが、目的は正反対という組み合わせが成立していることに身震いした。

お互いに薄々それを感じながらも、見事な連携で手段を実行していく「狂人である二人」と、阻止しようと奮闘する湯原、室伏に代表される「普通の人々」の争い。
普通に考えれば、普通の人々の側に立ち、狂人たちを追い詰める流れを堪能するものだろう。
しかし、この話では、狂人二人の背景がわかればわかるほど、いつの間にか、狂人側に感情移入してしまっている。
そこが、この原作の限りなくソリッドなところで、自分がほとほと感心したところだ。

原作を読んで感じたこの思いに対し、映画が描こうとしたのは普通の人々の活躍なので、自分の評価は低いわけです。

もしも実際にヘリが原発の上に落ちていたら、どうなっていたのだろうか。雑賀が夢見たように大惨事だったのか、それとも三島が信じたように原発は耐え、そうはならなかったのか。

この原作で、作者が読者に投げかけた問いは、二つあると、俺には感じられました。
ひとつは、当時、ナトリウム漏れ、配管のヒビといったニュースがあまりにも大きく取り上げられる中で、「放射能漏れにつながる事故を防げているか、という点を真剣に議論すべきではないのか、起こる事故全てを致命的なように受け取ることは、本当に明日につながるのか」
そしてもう一つは、「やむなしと目をつぶっているかのように見えるが、それを維持するために必要な末端の原発作業員の健康問題をどうすればなくせるかを、真剣に議論すべきではないのか? 維持のための作業を安全かつ安価に行えるための技術開発も、原発の技術開発と同じ重みで進めるべきではないのか」
三島と雑賀がそれぞれ発しているこの二つの悲痛な叫び、と自分は捉えた。

日本人は、この二つを、みんなが、真剣に議論すべきではないか。
少なくともこの時、CO2削減のために、原子力は完成せねばならない技術だったのだから。

東日本大震災によって、「電源を全て失った原発は、大惨事を引き起こす」と証明されたので、作者が投げかけた問いは未来永劫解かれることはなくなったのでしょうが、
原発のかわりに、火力発電でどんどん石油を燃やす現在が、よいとも思えない。原発を止めるペースで再生可能エネルギーを(高くても)採用するか、あの時のような辛い省エネに国民と国全体で取り組むべきではないのか。
もちろん、やだけど。でも、失敗したから原発は止める、はい、おしまい、という話ではないことは確かだ。

ある大学教授が言った「コントロールできない(段階の)技術は、技術とは言えないのだろうな」という言葉が全てか。人類には、原子力は早すぎたのだろうか?

ならば、(そうでなくても)その出力すらコントロールしようともしない核兵器は、絶対に禁止されるべきだろう。「激しく燃やせば核兵器、ゆっくり燃やせれば原発」という後者への取り組みに失敗したのであれば。

三島談「いってみれば国全体が、原発という飛行機に乗っているようなものだ。搭乗券を買った覚えなんか、誰もないのにさ。(略)一部の反対派を除いて殆どの人間は無言で座席に座っているだけだ」(p.391)

当時、本当に議論すべきことだったんだなあ。俺も本作を読んだのに、相変わらず無言で座席に座っているだけだった…
災害は圧倒的で、考える機会も一緒に押し流していったように思います。

原作も含めて、上のような受け取り方をされていないように感じたので、つい熱くなってしまいました。この場にそぐわなかったら、ごめんなさい。

コメントする (コメント数 7 件)
共感した! (共感した人 3 件)
CB
NOBUさんのコメント
2019年12月27日

今晩は。

 思い入れのある、好きな作品は誰でも薦めたくなりますよ。
 本の好きな者として、お気持ち良く分かりますよ。

NOBU
NOBUさんのコメント
2019年12月26日

今晩は

 原作は読んでいます。只、私は映画と原作は別物と考えるので、原作既読というコメントはした事がないのです。
 必然的に原作とテイストが違う、というコメントもしません。只、今作品はかなり原作に囚われてしまった感はあります。

NOBU
CBさんのコメント
2019年11月21日

「白夜行」もいいですよね。自分も好きです。映画もうまくできてましたね。
「原作のスケールにちょっと及ばない」なるほど、その感じです。及ばなかった部分に、自分は思い入れがあるのでしょうね
コメントありがとうございました

CB
CBさんのコメント
2019年11月21日

「白夜行」.

CB
アンディぴっとさんのコメント
2019年11月20日

CBさん、私が「天空の蜂」を読んだのは東日本大震災の後なんですが、震災の何年も前にこんな本が書ける東野さんの凄さに驚きました。私は東野圭吾の中で2番目に好きです。(1番は白夜行)
これは映画化無理だろうなぁと、思っていたので、映画化されると知って驚いて、どんなふうに出来るのか楽しみでした。悪くは無いのですが、原作のスケールにはちょっと及ばない気がしました。
確かに原発の問題は難しいです。答えは出るのでしょうか。

アンディぴっと
しゅうへいさんのコメント
2019年11月18日

 CBさんへ。

 コメントありがとうございます。

 原作からの換骨奪胎って難しいですよねぇ…。脚本家の力量が試される問題ですねぇ…。本作は素晴らしかったと思います。

しゅうへい
巫女雷男さんのコメント
2019年9月18日

私の場合、映画好きになってから原作買う派w
機会があれば読みますw

巫女雷男
「天空の蜂」のレビューを書く 「天空の蜂」のレビュー一覧へ(全248件)
「天空の蜂」の作品トップへ