チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛
チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛
10%
52%
33%
4%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

球根ひとつの値段が邸宅一軒分の価値になったという、世界最古の経済バブルともいわれる17世紀の 「チューリップバブル」を背景に、豪商の若き妻と無名の青年画家の許されざる愛の行方を、「リリーのすべて」のアリシア・ビカンダーと「ヴァレリアン 千の惑星の救世主」のデイン・デハーン共演で描いたラブストーリー。フェルメールの絵画の世界に着想を得た、デボラ・モガーの世界的ベストセラー小説「チューリップ熱」を、「ブーリン家の姉妹」のジャスティン・チャドウィック監督と「恋におちたシェイクスピア」のトム・ストッパード脚本で映画化した。17世紀オランダ。修道院育ちのソフィアは親子のように年の離れた豪商コルネリスと結婚し、豊かで安定した暮らしを送っていた。ある日、コルネリスが夫婦の肖像画を無名の画家ヤンに依頼する。若く情熱的なヤンとソフィアはすぐに恋に落ちるが、ヤンが2人の未来のため希少なチューリップの球根に全財産を投資したことから、彼らの運命は思わぬ方向へと転がっていく。コルネリス役にクリストフ・ワルツ、チューリップを栽培する修道院の院長役にジュディ・デンチ。

2017年製作/105分/R15+/アメリカ・イギリス合作
原題:Tulip Fever
配給:ファントム・フィルム

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13

(C)2017 TULIP FEVER FILMS LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

映画レビュー

3.5この空気の醸成、題材、美術、衣装は見事というほかない

2018年10月27日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

興奮

原作者のデボラ・モガーが、泣く子も黙る巨匠(戯曲家)トム・ストッパードと共に脚本を手がけた歴史劇。当時のオランダで希少価値の高いチューリップ球根の価格が高騰して投機の対象となったことはよく知られた話だが、このダイナミックで狂騒的な時代背景と呼吸を合わせるかのように、幾人もの登場人物たちが絡み合って運命を翻弄される物語、といえば良いのだろうか。

一時は『英国王のスピーチ』のトム・フーパーなども監督候補に挙がったりしたようだが、最終的にメガホンを取ったのは『ブーリン家の姉妹』といった歴史劇でも高評価を得たジャスティン・チャドウィック。このチョイス、決して間違ってはいないし、現にむせ返るほどの空気感の醸成や美術セット、衣装デザインなどの細部の作り込みは実に見事だ。しかしこれほど完璧に準備された細部が、ややチグハグに組み合ってしま感も否めない。面白いが、惜しい。もったいない。それが正直な本音だ。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
牛津厚信

4.0バブル(bubble)と球根(bulb)は似ている。

2018年9月29日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

悲しい

かつてオランダでチューリップの希少種の球根が投機対象になったのは有名な史実だが、この時代設定をある屋敷を中心に展開する男女の人生模様に絡めて描く物語が興味深い。チューリップ・バブルの狂騒と、冷静な判断ができなくなる恋の熱狂。熱(fever)に狂わされ人生を踏み外していく彼らの悲劇は、現代の私たちにもどこか通じるものがある。

原作はフェルメールの絵に着想を得たベストセラー小説。「ブーリン家の姉妹」で中世ヨーロッパの時代劇の実績があるジャスティン・チャドウィック監督は、確かにフェルメールの絵画のような風合いの映像で人物を映し出す。薄汚れてくすんだ町の景観と、ソフィアがまとう鮮やかなコバルトブルーのドレスのコントラストもいい。女中マリア役のホリデイ・グレインジャーは、ちょっとドリュー・バリモアの若い頃に似ていて、ほどよいポッチャリ感が細身のアリシア・ヴィキャンデルとこれまた好対照。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 7 件)
高森 郁哉

5.0エンディングまで、目が離せない❗

Aprilさん
2020年5月23日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

小さい頃両親を亡くし、修道院で育ったソフィア。
彼女が14才の頃、富豪の男の後妻となる。
男は妻と子供を既に亡くしていて、
自分の後継者を生んで欲しいという願望が一番であった。
しかし、親子程年齢の離れた2人の間には
3年を経過しても子供に恵まれる事は無かった。
ある日夫が夫婦の肖像画を若い画家に依頼する。
なんと2人は夫の目を盗んで恋に落ちてしまう。
その事を家のメイドに知られてしまった。
事実を隠す為に嘘を重ねていく。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
April

3.5イメージが覆される作品

サラさん
2020年4月14日
iPhoneアプリから投稿

コルネリスは金持ちの嫌なオヤジという固定観念で観始めたのですが...こんな展開になるなんて、予想もつかなかったわ。美しいアリシアちゃん演じるソフィアが修道院育ちなのに、性欲丸出しでむしろお下品に見えた。デインデハーン演じる画家ヤンの良いところはイケメンな所のみですよね。魚屋の兄さんはどうなるかと思ったけど...凄く優しくて思いやりのあるコルネリスさんが、只々可愛そうで切なくなりました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
サラ
すべての映画レビューを見る(全47件)

他のユーザーは「チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛」以外にこんな作品をCheck-inしています。