カニバル

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
カニバル
5%
38%
36%
16%
5%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

カニバリズムを繰り返す殺人鬼の男が、獲物となるはずの美女に抱く愛情と殺意との間で葛藤する姿を、グロテスクな猟奇的シーンを排し、静謐な映像美とともに描いた異色作。スペイン・グラナダで腕の良い仕立て屋として暮らすカルロスには、美女ばかりを狙う連続殺人鬼という裏の顔があり、捕らえた美女を人里離れた山荘で解体し、その肉片を調理して味わうという禁断の行為を繰り返していた。しかし、ある日、東欧からやってきたという美女ニーナと出会い、失踪した双子の妹アレクサンドラを探しているという彼女の身の上に深入りしたカルロスは、ニーナへの愛情と殺人鬼としての欲望の狭間で苦悩し、思いがけない運命をたどっていく。スペインのアカデミー賞と言われるゴヤ賞で作品、監督、主演男優、脚色ほか8部門にノミネートされ、撮影賞を受賞。双子のニーナとアレクサンドラを、ルーマニアの新進女優オリンピア・メリンテが1人2役で演じた。

2013年製作/117分/R18+/スペイン・ルーマニア・ロシア・フランス合作
原題:Canibal
配給:ブロードメディア・スタジオ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ランチ・レディース
  • ナイト・オブ・ザ・スラッシャー
  • ザ・チェアマン
  • ヘア・ウルフ
  • ヒットマン:ザ・バトルフィールド
  • ヘイヴンハースト
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!劇場版・序章【真説・四谷怪談 お岩の呪い】
  • アダム・チャップリン 最・強・復・讐・者
  • 封印映像33
  • カルト
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2

映画レビュー

3.5雰囲気あって良かったが最後は何とかならなかったのか。ストーリーが。

yonda?さん
2019年1月11日
iPhoneアプリから投稿

雰囲気あって良かったが最後は何とかならなかったのか。ストーリーが。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
yonda?

2.0カニバリズムがメインだと思うと肩透かしを食う

kenMaxさん
2015年9月10日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

スペインのとある町で仕立て屋を営む真面目で優秀な男。
しかし彼には人に知られてはならない秘密がある。
気に入った女性は食さずにはいられない。彼にはカリバリズムの嗜好があった。
ある日、同じアパートに住む女性が失踪し、その姉が妹を探しにやってくる。
男は女性に興味を持つが、どこかいつもと勝手が違う。男は何かを感じ始めていた。
今まで持ち得なかった女性への感情。それは"愛"なのか"欲"なのか。

タイトルとジャケット写真で興味を持って観てみました。
その時は、官能的なカリバリズムの映画なのかなと思っていましたが、
思ったよりも淡々と進んでいく愛の物語でした。

全体的に映像が美しく、世界観はちゃんとしている作品です。
特に女性を解体する作業場のシーンは、カリバリズムをテーマとした作品としては美を重視した作りになっています。
女性への扱いにある種の"愛"を感じさせます。
彼の場合はそれが食への愛だという点が、他の男と違っている部分です。
仕立て屋のシーンでは、主人公の普段の性格や人柄を表現しながらも、生地や仕立ての美しさも表現しています。

個人的に残念だったのは、カリバリズムという行為そのものはあまり重視されていない点です。
あくまで主人公の特異な部分という描き方で、"女性を愛せない男性"という意味合いを強めているだけです。
別にカリバリズムでなくても、心に深い傷や闇を抱えている男性という設定であれば成り立ってしまう作品です。

特に気になったのは、女性を手に入れる方法です。主人公、馬鹿過ぎます。
女性を引きずって道路に血痕べったり残しながら自分の車に運ぶとか、ターゲットの女性を見失うとか適当過ぎます。
これで何人もの女性を殺害してきたというのは、スペイン警察の不甲斐なさしか感じさせません。

また、調理についても疑問です。何で調理法が焼くだけなの?部位とか色々あるでしょ?しかも肉しか食わないし。
素材の味を~ってのは分かりますが、さすがに質素過ぎます。
家のキッチンの壁に様々な種類の調理用ナイフが掛かってますが、肉は作業場で食べるサイズに切り分けて自宅の冷蔵庫にも保管してあるのに、
何でキッチンにそんな沢山のナイフが必要なの?付け合わせとか無いじゃない。何に使うの?
カリバリズムの雰囲気を出したいのは分かりますが、適当過ぎです。

作品の雰囲気を重視して、主人公にハッキリとした殺害シーンを演じさせなかったのもつまらない。
カリバリズムというか、殺人そのものを希薄なものに描いて主人公の罪深さを軽減しています。
そして、途中に宗教的な要素を入れてそれを補っている(殺人的な表現ではなく、神を表現する事で罪深さを演出している)のですが、ちょっと弱い印象です。
ラストのマリア像には途中で描かれるマントが羽織られているのですが、それを見て涙する主人公というのもイマイチでした。
男性と作品の叙情的な要素を重視するあまり、タイトル負けした感があります。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kenMax

4.0愛する人ができたので人間食べるの止めます。

2015年7月31日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
さぽしゃ(まこさぽチャンネル)

4.0独特の雰囲気です

2014年10月22日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

興奮

萌える

スペインが舞台の映画ですが、東欧のような寒い地方の雰囲気です。
音楽の無い静かな中で流れていく物語。
恐怖を感じる独特の雰囲気です。
難解な部分もありましたが、ある意味楽しめた作品です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
シネパラ
すべての映画レビューを見る(全5件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る