ジャック・ケルアック キング・オブ・ザ・ビート

劇場公開日

ジャック・ケルアック キング・オブ・ザ・ビート
ジャック・ケルアック キング・オブ・ザ・ビート
0%
0%
100%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

1957年に発表した代表作「オン・ザ・ロード 路上」で時代の寵児となり、「ビートニクの帝王」としていまなお根強い人気を誇る小説家ジャック・ケルアックの人生を再現したドキュドラマ。マサチューセッツの小さな町ローウェルに出現してからカリフォルニアにいたるまでの姿を、再現ドラマと本人の映像、ケルアックと親交のあったウィリアム・バロウズやアレン・ギンズバーグらの証言によって浮き彫りにする。

1985年製作/72分/アメリカ
原題:Kerouac, the Movie
配給:アダンソニア

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)John Antonelli

映画レビュー

3.0"ビートの王者"

2021年1月8日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

興奮

知的

難しい

漠然とビート・ジェネレーションと呼ばれる"ビートニク"という言葉を知り何十年、不良の文学としてジャック・ケルアックに格好良さを見出しながらも、今現在ですら彼の文学に触れずにいる恥ずかしさ。

幼少からの再現ドラマをイメージ映像的に「オン・ザ・ロード」を少なからずも映像化?
TV番組でインタビューを受ける本人の映像と自らの作品を朗読する姿を間に挟み、アメリカ文学に携わる作家や詩人が語るジャック・ケルアックに興味深く、あまりにも無知な自分には難しくもあり、有識者が羨ましくも文学に歩み寄る許容が形成されない自分の愚かさ。

苦悩や葛藤から救われることもなく、常に難しい状況から脱することは出来ずに、成功者としての輝きは皆無にも思われる人生に闇の印象が強く残る。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
万年 東一
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る