グレート・ビューティー 追憶のローマ
ホーム > 作品情報 > 映画「グレート・ビューティー 追憶のローマ」
メニュー

グレート・ビューティー 追憶のローマ

劇場公開日

解説

カンヌ映画祭審査員賞受賞作「イル・ディーヴォ 魔王と呼ばれた男」で知られるイタリアのパオロ・ソレンティーノ監督が、「偉大な美」を求めてさまよう初老の作家の姿を描いたドラマ。ローマでは毎夜、テレビスターやアーティスト、モデル、プロデューサーなどのセレブが集まりパーティが繰り広げられている。65歳の作家でジャーナリストのジェップ・ガンバルデッラは、そんなセレブコミュニティの有名人だが、連日の狂騒に嫌気を感じつつあった。そしてある日、初恋相手だった女性の訃報を聞き、心に大きな穴があいたような虚無感にとらわれたジェップは、人生の価値を求めてローマの街をさまよう。主演はソレンティーノ作品常連のトニ・セルビッロ。2013年カンヌ映画祭コンペティション部門出品、ヨーロッパ映画賞作品賞受賞など高い評価を受け、第86回アカデミー賞では外国語映画賞も受賞した。

作品データ

原題 La grande bellezza
製作年 2013年
製作国 イタリア・フランス合作
配給 トランスフォーマー
上映時間 141分
映倫区分 PG12
オフィシャルサイト  

受賞歴

第86回 アカデミー賞(2014年)

受賞
外国語映画賞  

第71回 ゴールデングローブ賞(2014年)

受賞
最優秀外国語映画賞  

第66回 カンヌ国際映画祭(2013年)

出品
コンペティション部門
出品作品 パオロ・ソレンティーノ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

ソレンティーノがローマへの崇拝を込めフェリーニ風に語る、老いと創作への意思
グレート・ビューティー 追憶のローマの映画評論・批評

現在のイタリア映画界で最も卓越した才能と目されているパオロ・ソレンティーノ監督の新作である。主人公のジェップ(トニ・セルビッロ)は、65歳のジャーナリストで、40年前に書いた小説「人間装置」が絶賛されたものの筆を折り、夜な夜なローマの...グレート・ビューティー 追憶のローマの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.1 3.1 (全14件)
  • 気だるい昼下がりのような 画面に集中できる環境でないとこの映画を味わい尽くすことはできないだろう。映像美と音楽がマッチしてた。 ...続きを読む

    mimiccu mimiccuさん  2018年6月13日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • 人生の終盤 ローマの風景が美しいからと、すすめられて観てみた。イタリア人は歳を重ねても、色気があってオシャレでカッコイイ。人生の終盤にも、生きる喜びや、まだ手に入れたい何かを求めている。かっこよく歳を重ねた... ...続きを読む

    yumeko yumekoさん  2017年1月10日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • よかったよ 人生周りには美しいものがある ...続きを読む

    piron pironさん  2016年5月31日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

30日間無料トライアル 月額400円で映画見放題

ローマに消えた男 きっと ここが帰る場所 リオ、アイラブユー
ローマに消えた男 (字幕版) きっと ここが帰る場所 (字幕版) リオ、アイラブユー (字幕版)
  • Powered by Amazon
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi