グレート・ビューティー 追憶のローマ

劇場公開日

グレート・ビューティー 追憶のローマ

解説

カンヌ映画祭審査員賞受賞作「イル・ディーヴォ 魔王と呼ばれた男」で知られるイタリアのパオロ・ソレンティーノ監督が、「偉大な美」を求めてさまよう初老の作家の姿を描いたドラマ。ローマでは毎夜、テレビスターやアーティスト、モデル、プロデューサーなどのセレブが集まりパーティが繰り広げられている。65歳の作家でジャーナリストのジェップ・ガンバルデッラは、そんなセレブコミュニティの有名人だが、連日の狂騒に嫌気を感じつつあった。そしてある日、初恋相手だった女性の訃報を聞き、心に大きな穴があいたような虚無感にとらわれたジェップは、人生の価値を求めてローマの街をさまよう。主演はソレンティーノ作品常連のトニ・セルビッロ。2013年カンヌ映画祭コンペティション部門出品、ヨーロッパ映画賞作品賞受賞など高い評価を受け、第86回アカデミー賞では外国語映画賞も受賞した。

2013年製作/141分/PG12/イタリア・フランス合作
原題:La grande bellezza
配給:トランスフォーマー

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第86回 アカデミー賞(2014年)

受賞

外国語映画賞  

第71回 ゴールデングローブ賞(2014年)

受賞

最優秀外国語映画賞  

第66回 カンヌ国際映画祭(2013年)

出品

コンペティション部門
出品作品 パオロ・ソレンティーノ
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4

(C)2013 INDIGO FILM, BABE FILMS, PATHE PRODUCTION, FRANCE 2 CINEMA

映画レビュー

4.5ローマの壮大なる歴史的建造美を背景に、退廃的享楽に浸る皮肉な老小説家の内面的変遷を描く

2022年5月15日
PCから投稿

「主役の老小説家はまるで”私自身”のようだ」と共感できた者であればどっぷり映画の世界観に浸ることができるかもしれない。
主役ではなく配役の中の誰かに共感できても。

仮に誰にも共感できなかったとしても、ローマの映像描写と種々様々な音楽の組み合わせの妙を感じ取れたなら、それらの視聴に身を委ねるだけで”何か”が内面から湧きあがってくるかもしれない。

そして”何か”を把握しかけ、再度の視聴欲求が生じたなら何度か見ることで、最初は訳わからなかったことが有機的関連を持っていたことが理解され納得できるようになるかもしれない。

しばらく間をあけてもう二三度は見ることになりそうな予感。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
resuwisshu311

4.0Magnifico(マニーフィコ)

2021年12月10日
iPhoneアプリから投稿

色彩と音楽とイタリア語に酔う映画。

これは、私好み。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
大粒 まろん

5.0【とどのつまりはトリック】

ワンコさん
2021年12月10日
iPhoneアプリから投稿

映画は総合芸術だ...なんて言う人は、昔はそれなりにいて、なかなかうっとおしいなと思っていたが、今、映画のレビューを読むと、映画は娯楽だとか、伏線回収だとか単純化されたところに重きを置く人が結構いて、伏線を認(したた)めずに脚本云々する人が相当数いることに驚く。脚本家を志している人が多いのだろうか笑

この「グレート・ビューティー」は、こうしたところに楔(くさび)を打つと同時に、映画とは(実は、僕たちの生きる世界も)、愛情を示しながらも、実は、こんな程度のものじゃないかと、シニカルにも表現しているように感じる作品だ。

この作品の映像は絵画的で、会話は詩的で示唆的、時にシニカルで、物語は、ゆっくりだがリズミカルな歌や小説のように流れ、静謐な一方、実は滑稽だったりする。

映像、会話。

一瞬たりとも目が離せない感じだ。

明るい屋外での影。

暗い夜や室内の中での灯り。

明暗の割合を調節、配したような映像は、時にカラヴァッジョの絵のように感じるし、時に谷崎の陰翳礼讃を彷彿とさせる。

イタリアの都市の中で、ローマほど聖と俗が混在する都市はないだろう。

いや、世界のどこを見ても、これほど、聖と俗が混在する都市は見当たらない。

僕は、この作品はコントラストが重要な要素だと思う。

聖と俗は当然、映像の光と影、陰影、社会の裏表、人の外面と内面、現在と過去、静謐と喧騒、礼賛と皮肉。

「大いなる美を求めたが見つからなかった」と言うジェップに対して、

「草の根を食べる理由は、根が大事だから」と言うシスター。

これも、対比だ。

小説を書こうかというジェップに対し、上っ面の美を求めるより、オリジンを見つめ直すべきじゃないのかと言っているのではないのか。

「旅は有益だ 想像力を誘う あとは幻滅と疲労のみ 生から死 人間 獣 町 もの すべて見せかけ つまり小説 作り話 辞書にもそうある しかも目を瞑れば 誰でもできる」‐ 夜の果ての旅(セリーヌ)

冒頭の詩だが、映画もそうなのではないのか。

「幕切れは決まって死である だが それまで生があった あれやこれやに隠されて すべては駄弁と雑音の下に埋没する 静けさと情緒 感動と怖れ 美しさの わずかで不規則なほとしばり それから理不尽なおぞましさと哀れな人間 すべては生きるという 困惑のもとに埋葬される かくかくしかじか 彼岸が存在するが 私は彼岸には関わらない こうして この小説ははじまる とどのつまり ただのトリックだ そう ただのトリックなのだ」

最後のジェップの詩だ。

とどのつまり、僕たちの世界も、ただのトリックなのかもしれない。

この作品が撮られた時期は、ヨーロッパが、南欧を中心に経済危機に瀕していた。

イタリアは、ギリシャやスペイン、ポルトガルと同様、”放漫財政の南欧周辺国”と一括りにされ、経済危機の元凶とされていた。

その財政立て直しは過酷で、社会福祉は削られ、コロナ禍で、イタリアが他の欧州諸国より、感染者や死者が多く、苦しんだのは、こうした影響もあると考えられている。

この作品は、ローマを題材にしているが、これは僕たちの世界そのものだと思う。

この作品の終盤のシスターとの会話で示唆されるようにパオロ・ソレンティーノは、次の作品で、自分のオリジンを見つめることになる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ワンコ

3.0人間・この劇的なるもの

2019年2月15日
iPhoneアプリから投稿

実に雄弁な物語だ。
中盤までは匠の皮肉を笑い、怒涛の後半へと突入する。
何処までも広がる未来を死を通して見つめ直す。

目を閉じればいつでもあの海が横たわる。
語るのではなく、そこに生きる。
共に船出を祝おう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
たろっぺ
すべての映画レビューを見る(全18件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る