大いなる沈黙へ グランド・シャルトルーズ修道院

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
大いなる沈黙へ グランド・シャルトルーズ修道院
16%
35%
40%
7%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

カトリック教会の中でも特に戒律が厳しいカルトジオ会に属するフランスの男子修道院、グランド・シャルトルーズの内部を、初めて詳細にとらえたドキュメンタリー。ドイツ人監督フィリップ・グレーニングが1984年に撮影を申請、それから16年の歳月を経て許可がおり、音楽・ナレーション・照明なしという条件のもと、監督ひとりだけが中に入ることを許された。監督はカメラを手に6カ月間を修道院で過ごし、俗世間から隔絶された孤独な世界で決められた生活を送りつづける修道士たちの姿を、四季の移ろいとともに映しだしていく。2006年サンダンス映画祭で審査員特別賞を受賞した。

2005年製作/169分/フランス・スイス・ドイツ合作
原題:Die grosse Stille
配給:ミモザフィルムズ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

映画レビュー

5.0修行を終えた様な気分になる、ドキュメンタリーを観ました。 私の愛し...

Chiharuさん
2018年1月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

修行を終えた様な気分になる、ドキュメンタリーを観ました。
私の愛して止まない、リキュール(シャリュトリューズ)の生みの親である修道院のドキュメンタリー「大いなる沈黙へ ーグランド・シャルトルーズ修道院(Die Grosse Stille)」
構想から21年もの歳月を費やして、制作されたというこの作品、(申し入れから16年後に返事が来て、準備、撮影、編集合わせて21年)最近多く見られるナレーションが無いだけではなく、音楽もない。最も厳格と言われている修道院をあるがままに撮影したドキュメンタリー。
最近、作り手のガイドが無く、観客が感じ取るドキュメンタリーが多く見られますが、この修道院、私語が許されない場所だけに、セリフも無い。生活音とグレオリウス聖歌以外は静寂の中、淡々と日々が流れてゆく様、観客はまさにその場所に生活している様な、共に祈りを捧げている様な感覚に陥るのです。
フランスアルプス山脈の断崖絶壁の端の様な、辺鄙な場所に立ち、世間との関わりが一切立たれているこの修道院、どんな世界が中で繰り広げられてるのだろう?俗世間に生きる私達は、覗き見したい欲求にかられるのではないでしょうか?
学生時代、通学路に療養所と呼ばれる、鉄格子の付いた窓のある建物があったのですが、遠く見るその窓に写る人影に、中の世界が気になって気になってしょうがなかった、そんな事を思い出します。
1084年設立以来の内部公開、なんて触れ込みも、ますます覗き見欲が駆り立てられます。
確かにこの修道院の一日は、ゆったりした映像とは裏腹に、ストイックな祈りと共に流れていて、睡眠時間は3〜4時間が2回以外は、ほとんどの時間は房と呼ばれる、個室にて1人の祈りの時間になっているのです。
修道士を辞めるのも自由、修道院が辞めさせるのも自由、選ばれし人だけが過ごすこの場所は、無駄が無く、美しく研ぎ澄まされているのです。
観るだけで、清く正しく美しい気分になる、俗世界の私達にフッと、爽やかな風を吹きかけてくれる作品です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Chiharu

2.5長い!

2016年10月29日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

寝られる

クリスチャンの人たちは、この修道院にカメラが入るということで感激するのかもしれない。
信仰心の薄い私から見れば、永平寺の修行と同じなのでは、と思ってしまう。
でも、石造の修道院と、日本の木造のお寺ではまるで違って見えるのは何故だろう。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

3.0幻影

2015年6月9日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

ずいぶん前に見たので、今も胸に残る感想を。

厳格な修道院のなかで、何が行われているのか、ものすごく興味ある世界。
まず、その沈黙が美しくて、オラシオン?祈祷のうたが美しくて、時の流れのゆったりさが、とにかく美しいことを教えてくれた。
意外にも、おしゃべりの時間があったり、その内容が聞き取れる限り断片だけど、世俗的だったりと、入っている修道僧が普通の人みたいなところが、面白かった。でも、ほとんどの人が一生世間と交わらず生活をするわけだから、普通ではないのですね。

映画としては、もう少し1日の生活をおっていってくれるような、写実であれば、私の好みと思った記憶。

とにかくこのような映画を撮影した監督の執念に感謝しました。

一つ、つまらないような、大切な話だけど、沈黙がテーマの映画なのに、映画館に来ている特に年配の男女の方々のうるさいこと!お茶飲んだり、鼻をすすり上げたり、ガサゴソガサゴソ、せっかくの沈黙がほとんど楽しめず、がっかりしました。そうこうして静かになってきたと思ったら、こっくん居眠り組続出。そこまでして映画館に足を運ぶガッツは見上げたものだけど、内容えらんでほしいと強くお願いします。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
マッターホルン

3.5大いなる劇場へ。

ハチコさん
2015年1月25日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

難しい

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
ハチコ
すべての映画レビューを見る(全10件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る