くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ
26%
46%
23%
5%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「アンジュール ある犬の物語」などでも知られるベルギーの絵本作家ガブリエル・バンサンの代表作「くまのアーネストおじさん」シリーズを映画化したフランス製長編アニメーション。大きくて無愛想なクマのアーネストおじさんと、小さなネズミのセレスティーヌが織りなす温かな友情を描く。腹ペコでゴミ箱をあさっていたアーネストおじさんは、ネズミのセレスティーヌを飲み込みそうになる。セレスティーヌは「私を食べなければ、かわりにあなたが世界で一番欲しいものをあげる」と提案し、食べられることを免れる。この出会いをきっかけに、アーネストとセレスティーヌの間には不思議な友情が芽生えていく。第86回アカデミー賞の長編アニメーション賞にノミネート。日本では12年のフランス映画祭で「アーネストとセレスティーヌ」のタイトルで上映されている。15年に劇場公開。

2012年製作/80分/G/フランス
原題:Ernest et Celestine
配給:ギャガ・プラス

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第86回 アカデミー賞(2014年)

ノミネート

長編アニメーション賞  
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4

(C)2010 Les Armateurs - Maybe Movies - La Parti - Melusine Productions - STUDIOCANAL - France 3 Cinema - RTBF

映画レビュー

3.0中々シビアなお話

なおさん
2019年5月28日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

萌える

「エルネスト」としか聞こえないので「アーネスト」と字幕で出るたびに引っかかる。フランス語のセリフは意味はわからないが非常に耳に心地よく、特にセレスティーヌの声が好き。水彩画風のアニメーションもなかなか良く、特にそれを思いっきり意識させるあのシーンは素晴らしかった。
クマとネズミには何か隠喩があるのかもしれないが、ベルギーだからオランダ系とフランス系?いや違うのかな。
ただかなり厳しい環境だったとはいえストーリー中「えっそれでいいの?」と思う所もあったのでちょっと低めの評価。ミステリ作家という認識だったダニエル・ぺナックが、脚本の1人にクレジットされていてへーと思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
なお

4.0クマのおじさんとネズミの少女

2017年9月13日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

笑える

楽しい

フランスのアニメーションで絵のタッチがとても優しく、ほのぼのとした物語にマッチしている。
地上はクマ、地下はネズミと住み分けされている世界で、二つの世界はマンホールでつながっている。
互いに敵視していたが、ネズミの少女がクマのおじさんを助けたことから・・・。
背景はデフォルメされ、水彩画風の登場人物が浮き上がってくる。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

4.0絵の上手なセレスティーヌ、音楽を奏でるアーネスト。クマの世界とネズ...

外は雨さん
2017年8月11日
iPhoneアプリから投稿

絵の上手なセレスティーヌ、音楽を奏でるアーネスト。クマの世界とネズミの世界、そのどちらからもはぐれてしまっている二人。二つの世界はすぐには相容れない世界だけれど二人なら狭間の世界で生きられる。「君と一緒に暮らしたい」の二人の気持ちが。

水彩画のような絵も、音楽もなんて素敵!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
外は雨

3.5淡い色彩

Cape Godさん
2017年3月5日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

総合70点 ( ストーリー:70点|キャスト:75点|演出:70点|ビジュアル:80点|音楽:70点 )

 水彩画のような淡い色彩の絵とのんびりとした演出が、絵本をそのまま映像化したよう。実際に原作は水彩画の絵本らしい。本来は子供向けなのかもしれないが、欧州の絵本と漫画によくある全年齢に通じる文学性も含まれていて大人の私でも楽しめた。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
Cape God
すべての映画レビューを見る(全8件)

他のユーザーは「くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ」以外にこんな作品をCheck-inしています。