地球防衛未亡人

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
地球防衛未亡人

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「エロスの女王」として人気を集めるグラビアアイドルで女優の壇蜜が、元芸者の未亡人で地球防衛軍のエースパイロットという主人公ダン隊員を演じるSFコメディ。核廃棄物を食べる宇宙怪獣ベムラスに婚約者を殺されたダンは、地球の危機を救うためベムラスとの戦いに身を投じるが、なぜか攻撃するたびにエクスタシーを感じてしまい……。「いかレスラー」や「かにゴールキーパー」といった奇想天外な動物ものから、「日本以外全部沈没」「ギララの逆襲 洞爺湖サミット危機一発」などSFまで、独特のコメディ作品を送り出している河崎実の監督作。

2014年製作/84分/G/日本
配給:トラヴィス

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5

(C)2014「地球防衛未亡人」製作委員会

映画レビュー

2.0壇蜜期待の御仁は『私の奴隷になりなさい』を観てください。

kossyさん
2019年8月28日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 地球防衛軍日本支部JAP(Japan Aid Party)は隕石をとらえた。落ちた場所は日中の境界線上の三角諸島。中国は三角諸島を取り戻したいがために怪獣ベムラスを攻撃したがっていた。日本でもさっそく女性隊員ダン(壇蜜)は出動したがっていて、JAP野郎1号で許可が下りたのだった。しかし、あえなく退却・・・実は3年前に夫をベムラスに殺されたダン・・・

 相変わらずわざとらしくB級作品に作り上げている。が、今作は壇蜜のお色気たっぷりの映像を取り入れている。棒読みセリフと、わざとずらしているアフレコ音声。さらにはモト冬樹まで登場させて壇蜜に対して「変態です」と言わせるところ(笑)。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

3.0良い子はみないように

odeonzaさん
2019年8月24日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

お馬鹿映画の巨匠:河崎実監督、本領発揮の破天荒風刺劇。
笑いと風刺の文化は古くから庶民に根付いているのだが現代では優等生ばかり、なかなか一歩踏み出た作品に出会えない。本作も劇団「ニュース・ペーパー」のコンセプトに沿ったものだが政治風刺に留まらずお約束の類はすべて餌食にされてしまいます。「メスプレイ」なんて寒いおやじギャグやそれほどでもない毒気と殺気は物足りなくもありますがお馬鹿映画としては上出来でしょう。個人的には檀蜜とモト冬樹さんのお医者さんごっこ、お馬鹿を真面目に演れるモトさんが素敵です。
陳腐なタイトルですので間違わぬと思いますが本作はそれっぽいですが怪獣映画でもヒーロー映画でもありませんから子供連れには不向きです、念のため。それからお目当てがあれだとすると、臍しか映らないですから、そちら系ともいえません。シン・ゴジラでドキュメンタリーと見まごうばかりの官邸劇を見せてくれた庵野監督ならなんというか聞いてみたいです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
odeonza

2.0突き抜けたZ級具合がマニア層からの支持は受けそう

2015年12月2日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

萌える

何か凄いモノを見てしまったって感じですかねぇ。
この突き抜け具合、まさにB級ならぬZ級!
あらかじめZ級だと分かって見ている方には、これはたまらない映画でしょう。
しかし私は河崎実監督作初鑑賞だった為、免疫が無かったせいか、今回はもうひとつ乗り切れずって感じでした。
単純に壇蜜目当てだったので・・・。
まあ一度河崎ワールドを体験しましたから、今度他の作品を見る機会があったなら、壇蜜と言う飛び道具も無い分、逆に楽しめそうな気はしています。

しかしまあ何でしょう、チープ具合がとにかく半端じゃなかったですね(笑)
映像のみならず、演技の方も壇蜜を筆頭にアレでしたから、見ていて途中辛くなりました。
壇蜜のエロ度も中途半端、そこに期待して見た方は、確実に肩透かしに合うかと。

ただ、原発・核廃棄物問題、近隣諸国との領土問題等の社会風刺描写は、コメディですから本当にくだらない描写なんだけど、何だかんだで見入ってしまったところもあって、そこだけは結構楽しませてもらいました。
スベリ気味なシーンも多々ありましたが、おなじみのザ・ニュースペーパーの政治ものまねネタなんかはところどころツボに嵌ったりもして、十分笑えましたよ。

まあ昔の特撮モノはそもそもチープな映像&大根演技で成り立っていたところもありましたから、往年のウルトラマン系特撮モノファンの心くすぐる作風は、本当に一部のファンには受けそうですね。
長官が昔のモロボシ・ダン役の方(森次晃嗣)だったのも、心憎い演出でした。
他にもその手のオマージュ系演出は多々あったのでしょうが、私はあまり詳しくないのでよく分かりませんでした(苦笑)
しかし壇蜜がダン隊員だったりと、ダンだらけでややこしい!

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 1 件)
スペランカー

2.5ここまで来れば

yoyoさん
2015年6月22日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

トテモ面白かったと言うべきだとおもう。
星2.5の範囲であるにしても。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yoyo
すべての映画レビューを見る(全8件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る