名探偵ゴッド・アイ

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
名探偵ゴッド・アイ
名探偵ゴッド・アイ
20%
44%
34%
2%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

香港の巨匠ジョニー・トーがアンディ・ラウを主演に迎え、盲目の探偵が難事件に挑む姿を描いた。探偵のジョンストンは、目が不自由ながらも、その卓越した想像力によって事件を次々と解決してきた。ある日、ジョンストンにあこがれる女性刑事ホーが、失踪した少女の捜索を依頼し、ジョンストンはホーをアシスタントとして調査を開始する。ジョンストンの自分勝手さと、想像を超えた調査方法にホーは振り回されるが、2人は次第に距離を縮めていく。やがて少女の失踪事件が女性連続失踪事件へとつながっていき……。ホー役に「イエスタデイ・ワンスモア」「インファナル・アフェア」のサミー・チェン。

2013年製作/130分/香港・中国合作
原題:盲探 Blind Detective
配給:ツイン

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 特捜部Q 檻の中の女
  • 特捜部Q キジ殺し
  • ぼくのエリ 200歳の少女
  • アンチクライスト
  • ニンフォマニアック vol.1
  • ニンフォマニアック vol.2
  • ボーグマン
  • 46億年の恋
  • スガラムルディの魔女
  • 刺さった男
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5

(C)2013 Media Asia Film International Limited, Emperor Film Production Company Limited, Sil-Metropole Organization Limited, China Film Co., Ltd. All Rights Reserved.

映画レビュー

2.5サミーチェン

ssspkkさん
2014年7月9日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

寝られる

ジョニートー。サミーチェン&アンディラウもの。大分長い129分。正直ジョニートーのサミーチェン&アンディラウものはそんなにピンと来ないのだけれど、やはり小気味良い。それにしても不思議な映画。香港のご都合主義とジョニーの作家性が甘酢あんかけ的に絡んだカエルのから揚げ的な味わい。好きな味ではないのだけれど目を瞑るとチキンな感じ。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ssspkk

4.0天才すぎるけど...

mg599さん
2014年1月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

怖い

知的

ジョニー・トーの映画をすべて観てきたわけではないし、キネ旬ベストテンに入った映画も観逃したりしている。
やはり、「ザ・ミッション 非情の掟」の印象が強い。

盲目の探偵ジョンストン(アンディ・ラウ)が類いまれなる想像力で事件を次々と解決する。それは正義のためとかではなく、報奨金目当てというからおもしろい。

ホー刑事(サミー・チェン)に失踪した少女の行方を探してほしいと依頼されたところからふたりの珍道中が始まる。

ジョニー・トーが出てきて香港映画は確かに変わった。
それまでは適当な脚本で、いや脚本そのものが存在せず、現場でストーリーを組むような撮り方をしていた。もっともそれは盗まれることを防ぐためでもあったのだが。
だが、ジョニー・トーの映画は、きっちりした脚本があり、ストーリーを練りに練って撮影されている。それがやはり心地いい。

今回も話があちらこちらに飛ぶが、アンディ・ラウとサミー・チェンを観ているだけで楽しいという仕掛けになっている。
最後は一応謎解きのようなことをするのだが、もはやどうでもよくなっている自分がいた。

ハリウッドならシリーズ化、といきたいところだが、香港映画ではどうだろうか。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
mg599

4.5笑ってよいのか悪いのか。

peanutsさん
2014年1月3日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

興奮

アンディラウのカッコ良いチラシとはウラハラになんなもうドタバタな展開。
アンディがこんな役やっちゃうなんて…。
刑事上がりの盲目探偵役なんだけど、オープニングのずっこけ捕り物シーンからなんか方向性に怪しげな心配が…。
盲目なんだけどワガママ言うは、騒ぐは、迷いなく行動つっぱしるはでもうやりたい放題。
超展開の早い三角関係ももりこんでなんという軽いのり。そうは言いながら連続殺人犯追う話だからエグいシーンもずいしょにぶっこみ。ストーカー女まで出てきてしっちゃかめっちゃかなのに全然おもくならない絶妙なバランスでした。
けど、ラストは血みどろ、同情の余地ないもって行き方にこれまたビックリ。
良い意味で期待と違う仕上がりで楽しめましたよ!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
peanuts
すべての映画レビューを見る(全3件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る