アメリカン・ハッスル

ALLTIME BEST

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
アメリカン・ハッスル
アメリカン・ハッスル
10%
52%
31%
5%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「世界にひとつのプレイブック」「ザ・ファイター」のデビッド・O・ラッセル監督が、1970年代アメリカで起こった収賄スキャンダル「アブスキャム事件」を映画化。詐欺師がFBIに協力し、おとり捜査によって真相を暴いた実話を、「ザ・ファイター」のクリスチャン・ベール、エイミー・アダムス、「世界にひとつのプレイブック」のブラッドリー・クーパー、ジェニファー・ローレンス、ロバート・デ・ニーロ、ラッセル監督作初参加のジェレミー・レナーら豪華俳優陣を迎えて描いた。79年、ラスべガスやマイアミに続くカジノタウンとして開発中のニュージャージー州アトランティックシティ。詐欺師のローゼンフェルドを逮捕したFBI捜査官のディマーソは、司法取引でローゼンフェルドを捜査に協力させ、偽のアラブの大富豪をエサにした巧妙なおとり捜査によって、カジノの利権に絡んだ大物汚職政治家たちを逮捕していく。

2013年製作/138分/G/アメリカ
原題:American Hustle
配給:ファントム・フィルム

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第71回 ゴールデングローブ賞(2014年)

受賞

最優秀作品賞(コメディ/ミュージカル)  
最優秀主演女優賞(コメディ/ミュージカル) エイミー・アダムス
最優秀助演女優賞 ジェニファー・ローレンス

ノミネート

最優秀主演男優賞(コメディ/ミュージカル) クリスチャン・ベール
最優秀助演男優賞 ブラッドリー・クーパー
最優秀監督賞 デビッド・O・ラッセル
最優秀脚本賞 デビッド・O・ラッセル エリック・ウォーレン・シンガー
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ミスト
  • マングラー
  • ROOM237
  • この子の七つのお祝いに
  • 世にも怪奇な物語
  • ピラニア
  • ピラニア リターンズ
  • チャイナ・ゲイト
  • ショック集団
  • 裸のキッス
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5

(C)2013CTMG

映画レビュー

4.0ひっでー話じゃないですか。アメリカの正義って。こんな国なの?

2020年7月19日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

主人公(クリスチャン・ベイル)は、天頂ハゲをゴマかすために接着剤でカツラを貼りつけているような、ま、きわめつけの小物詐欺師なんです。
だが彼のビジョンは凄い。詐欺師としてやっていくために、クリーニング屋を経営するっていうんですから。
……つまり、客が預けたまま引き取りに来ないスーツやドレスを、詐欺の衣装に使う仕掛けです。
ね、小物でしょ。

そんな彼が、エイミー・アダムス扮する「英国貴族に化けた中西部出身の詐欺女」(これが名演!)と出会って、詐欺の階段を一段だけ登るわけですが、そこでFBIにとっ掴まってしまう。

カジノ合法化を狙うアトランティックシティで、FBIは主人公たちを手駒に使って、罪のない多くの議員や市長をムリヤリ収賄罪にハメてしまうっていう、後味の超~悪い映画です。

アメリカ人には、これでも良いのかも知れませんが、日本じゃ、絶対に許されない話です。
でもこれがアメリカ人の正義感なのだろうな、と割り切れない思いで観たのでした。

映画のディテールは真に迫って面白いので、そういう部分で楽しむのが正解かと思います。
エイミー・アダムスはほんと名女優だな、と感心しました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
お水汲み当番

4.5カジノ利権と70年代音楽と。

kossyさん
2020年7月12日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 日本でもこの映画が流行ってくれればカジノ(IR)法案も廃止になったかもしれない。とにかく統合型リゾート施設とカジノが併設されれば、オープン後の観光収入がどうとかの議論の前に認可や設置時点での政治家の贈収賄が絡んでくるものだと教えてくれる。この映画ではさらにマフィアも経営側にいることを示しているが、今後の日本型マフィアも登場するかもしれません。

 一応、カジノとは関係のない、小物の詐欺師アーヴィン・ローゼンフィルドが主人公になるのですが、FBI捜査官に捜査協力させられたために大掛かりな仕事に関わってしまうという内容。ついでにクリスチャン・ベールのビール腹とハゲ映像も凄い。そーいや、最初は詐欺師4人を捕まえたいとか言ってたくせに、後半には政治家、特に市長のカーマイン(ジェレミー・レナー)に焦点を絞ってしまった。それにしても囮捜査なのに金かかりすぎだよ!それは血税だよ、け・つ・ぜ・い!

 「一部に実話あり」というテロップも面白いし、当時は日本も腐敗していたし、アメリカも似たようなものだったのだろう。そんなFBIと詐欺師の即席チームもアラブの富豪シーク(マイケル・ペーニャ)を使って融資しようという大掛かりな作戦となり、マイアミでのパーティでは予定外の元マフィアの殺し屋テレジオ(ロバート・デ・ニーロ)が現れ困惑する。いや、デ・ニーロは観客だって驚くぞ(笑)。このペーニャとデ・ニーロの駆け引きも緊張するシーンでした。

 ストーリーは社会派メッセージを伴うコンゲームとなるのですが、それよりも流れてくる音楽がおっさん的には感涙もの。D・エリントン、E・フィッツジェラルド、T・モンクといったジャズもあるが、ほぼ70年台のポップス、ロック。アメリカの「名前のない馬」から始まり、スティーリー・ダン、シカゴ、ドナ・サマー、ELO、E・ジョン、テンプテーションズ、サンタナ、ビージーズ。さらにウィングスの「死ぬのは奴らだ」ではジェニファー・ローレンスの熱唱も楽しめるし、D・ボウイの「ジン・ジニー」も効果音にように上手く使われている。あ、台詞消してもいいですよ♪と言いたくなるほど懐かしい。誰なんだよ、この選曲したのは・・・

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
kossy

3.5ぶっとびローレンスさん!

2020年6月6日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

知的

萌える

汚職政治家+マフィアと、詐欺師を含むFBIチームの攻防かと思ったら、微妙に違う。
男女5人の狂騒曲。

誰が本当に悪人なのか。
詐欺師?
功を焦るFBI?
清廉潔白にやってきたはずなのに、市民のためにと、嵌められて汚職に加担してしまう政治家?

そんな男どもの攻防に、女の戦いが絡み、どう展開するか迷走する展開にはハラハラする。
でも、実話ベースなので仕方がないが、逆転劇もあり、ドラマっぽい展開もあるが、救われてほしい人が救われないので、スッキリ!とはいかない。

ゴールデングローブ賞ではコメディ部門で受賞しているが、いかにもコメディというような演出はない。
主要5人の演技があまりにも迫真なので、笑っていいんだか、笑っては失礼なんだか
微妙に迷う。
 その中でも、特にローレンスさん演じる妻が絶対に一緒に暮らしたくない人なのだけれど、彼女なりに一生懸命なんだなとかわいそうに見える一瞬がある。すごい役者だ。
 そして、デ・ニーロ氏との緊張後の展開はペーニャ氏ならでは。

実話ベースではなく、エンターテインメントに作り替えればもっとおもしろく鑑賞後感もスッキリ!になったのだろとも思うが、監督が描きたかったのは、狂騒の中での、それぞれの生き様なんだろうな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
とみいじょん

3.0ハッスルしてるかな?

としさん
2020年4月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

2020年4月18日

#アメリカン・ハッスル 鑑賞

おとり捜査に応じた詐欺のカップルと捜査官のお話。エイミー・アダムスのセクシーな役もいいね。綺麗だしね。

#クリスチャン・ベール
#エイミー・アダムス
#ブラッドリー・クーパー
#ジェニファー・ローレンス
#ロバート・デ・ニーロ
#ジェレミー・レナー

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
とし
すべての映画レビューを見る(全142件)