2つ目の窓 インタビュー: 河瀬直美監督、奄美への深き思いが起こした奇跡

ホーム > 作品情報 > 映画「2つ目の窓」 > インタビュー > 河瀬直美監督、奄美への深き思いが起こした奇跡
メニュー

2つ目の窓

劇場公開日 2014年7月26日
2014年7月25日更新
画像1

河瀬直美監督、奄美への深き思いが起こした奇跡

第67回カンヌ国際映画祭コンぺティション部門に出品された、河瀬直美監督最新作「2つ目の窓」。奄美大島の雄大な自然と文化を背景に、主演の村上虹郎吉永淳という若く力強いふたりの姿を通し、人間の生と死、脈々と続く命のつながりというテーマを豊饒な映像で描き出した。自身のルーツでもある神の島に導かれるようにメガホンをとった河瀬監督に話を聞いた。(取材・文・写真/編集部)

画像2 (C)2014“FUTATSUME NO MADO”JFP, CDC, ARTE FC, LM. [拡大画像]

2008年に初めて奄美を訪問。豊作を神に感謝する祭「八月踊り」や神託、土地に根差したシャーマン 「ユタ神様」など、神と人が共存する奄美独特の文化に深い感銘を受け、映画化を決めた。「私が今までにやってきた生と死の関係の表現、土地と自然、人間関係が奄美の文化によって表現されていると感じたのです」と島での印象を語り、その後、1年をかけて春夏秋冬の同地を訪れ、1週間で脚本を書き上げた。

「20代の『萌の朱雀』の頃は、絶対にこれを撮るんだという思いでしたが、今回は自然に撮れるものは撮れるんだという気持ちがありました」。「沙羅双樹」でタッグを組んだ名カメラマン山崎裕氏の起用、台風の撮影や、地元住民との交渉などあらゆることがスムーズに進行していった。「映画づくりにおける様々な奇跡が起こりました。撮りたいという私自身の欲望というよりは、撮る役割をいただいている。と感じていました」と使命感のようなものを抱いた。

惜しくもカンヌでの受賞は逃したが「賞がなかったと聞いたときに、皆さんの期待に対して申し訳ないと思うと同時に、語弊があるかもしれませんが、ふっと何かが抜けたような気がしたんです。見えないものに『賞を獲っても獲らなくてもこの映画は誕生したんだよ』と言われているような、強いものが」と打ち明ける。そして、「一緒にカンヌに連れて行った奄美の子は、「『神様が賞を獲ることから守った』って言うんです。(受賞で)注目されると、島にいろんなものが一気に入って来ると。自然は簡単に壊れるので、『その辺のバランスを神様が守ったのかもね』と。その考えはすごいなと思いました」と明かす。

カンヌ映画祭において「萌の朱雀」(1997)が史上最年少でのカメラドール、2007年「殯の森」がグランプリ、09年には映画祭に貢献した監督に贈られる「黄金の馬車」賞を受賞、13年には日本人監督として初めて審査員を務めるなど、フランスとの縁が深く、数多くの観客から評価されている。全仏で100館規模での公開が決まった今作は、フランスとスペインの資本が入り、編集を担当したフランス人スタッフから、脚本にはない斬新なアイディアがいくつも出されたそうだ。

「カンヌは作家を育てようとする映画祭」だという。「『直美の映画をみんな待ってる、直美だからこそ作れる作品だよ』そういう言葉をかけてくれ、いろんな人に見せる場をくれる」そして、「作家として勝負しよう、国を越えて行こうと思うのだったら、自分を持たないと、誰も話をしてくれなくなる。カンヌで出会う監督たちは作家としての使命感があり、自分のためというより、世界を何とかしたいと思っている。私もおこがましいですが彼らと同じように考えています」と、これまでのカンヌとのかかわりから世界を舞台にする映画作家としての自覚を深めた。

「朝起きたらふっと降りてきた」というタイトルについては、「海や山、男性や女性など、自分と違うものが2つ一緒になって扉を開いてくれたら、いい世界にいけるかなと。今回の映画は根底に他者を認めるということがある。自分にはないものを受け入れるということがメッセージ」と話し、少年少女を主人公にした理由を「若者たちに現実に希望を託したいという思いもあります。自分の息子も10歳なので、彼らが生きたいと思う世界であってほしいと思うし、前を向いて歩けるような時代であってほしい」と語った。

大自然の中で営まれる人間の愛と死、生きることの喜び、そしてこれからの世界のあり方を河瀬監督ならではの視点で切り取った美しい傑作を、ぜひ観客自身の生き方とともにスクリーンで見つめてほしい。

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

河瀬直美監督が奄美大島を舞台に力強く描いた、死から生へと続く物語
映画評論

カンヌ国際映画祭常連の河瀬直美監督による最新作は、舞台が奄美大島。映画の冒頭を飾るのは、島の老人による山羊の屠畜場面だ。国際映画祭の審査で不利に働きかねない描写だが、あえて最初に盛り込んだのは作品の方向性を示す重要なシーンだからだろう...映画評論

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

いぬやしき 上(完全生産限定版)[DVD] さようなら[DVD] わさび/春なれや[Blu-ray/ブルーレイ] 忘れないと誓ったぼくがいた[DVD]
いぬやしき 上(完全生産限定版)[DVD] さようなら[DVD] わさび/春なれや[Blu-ray/ブルーレイ] 忘れないと誓ったぼくがいた[DVD]
発売日:2018年1月24日 最安価格: ¥12,593 発売日:2016年10月5日 最安価格: ¥3,268 発売日:2018年8月2日 最安価格: ¥3,853 発売日:2015年9月2日 最安価格: ¥3,336
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
3.4 3.4 (全22件)
  • 生と死 生と性 生と静 生と死だったり少年少女の生(性)への目覚めがテーマなのかなと漠然と。 前半と後半の区切りが明確であった。 前半はなんと言うかとても生っぽく、登場人物も彼らの台詞も間も声のトーンも息遣いも舞台と... ...続きを読む

    Itsu . Itsu .さん  2016年10月2日 12:08  評価:4.0
    このレビューに共感した/1
  • わかるような気はするけれど 自然、生、死、性、親子…。わかるような、わからないような。 ...続きを読む

    poco pocoさん  2016年3月16日 23:33  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • よく分からなかった…。 村上虹郎くんが主演してるのを知り観ました! ストーリーは自分には今一 分からなかった…。 始めが少しグロかったし エッチなシーンも有り、 私的には好きではない映画でした。 (内容を分かっていな... ...続きを読む

    Lycoris Lycorisさん  2015年9月26日 00:44  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

最新のインタビュー

インタビューの一覧を見る
Jobnavi