殯の森

劇場公開日

11%
24%
49%
8%
8%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「萌の朱雀」「沙羅双樹」の河瀬直美監督が、“生と死”をテーマに認知症の男性と介護士の女性の交流を描き、第60回カンヌ国際映画祭でグランプリに輝いた人間ドラマ。奈良県山間部のグループホームで暮らすしげきは、33年前に亡くなった妻の思い出と共に穏やかな毎日を過ごしていた。そこに介護福祉士としてやって来た真千子もまた、事故で我が子を失い大きな喪失感を抱えていた。ある日2人は、しげきの妻が眠る森を訪れるが……。

2007年製作/97分/日本
配給:組画

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督・脚本
製作
エンガメー・パナヒ
撮影
中野英世
音楽
茂野雅道
全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第60回 カンヌ国際映画祭(2007年)

受賞

コンペティション部門
グランプリ 河瀬直美

出品

コンペティション部門
出品作品 河瀬直美
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1

(C) KUMIE / Celluloid Dreams Productions/ Visual Arts College Osaka

映画レビュー

3.0いかんといて

Kjさん
2021年4月26日
iPhoneアプリから投稿

精一杯の声が刺さる。死は隣り合わせにあることを知る者の声。古傷が呼び起こされる辛いシーン。吸い込まれぬよう、死と向き合い、生を感じる。
茶畑が美しい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Kj

4.0人は、生まれる前はどこにいたのだろう?

kossyさん
2021年1月6日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 奈良の山間にあるグループホーム“ほととぎす”。おじいちゃん、おばあちゃん達は軽度の認知症。その中の一人、しげき(うだしげき)は33年前に妻・真子が亡くなってからずっと彼女の面影を心の奥にしまいこみ生きていたのだ。新しくホームにやってきた介護福祉士の真千子は、しげきの妻との思い出が詰まった大切なリュックを何気なく手に取ってしまい、彼に突き飛ばされてしまう。

 自信を失いかけた真千子に、主任の和歌子(渡辺真起子)は静かに見守り、「こうしゃなあかんってこと、ないから」と励ます。茶畑でのかくれんぼなどによって、次第に打ち解けていく真千子としげき。しげきの妻の墓参りへと真千子が連れていくことになったのだが、その途中車が脱輪して、彼女が助けを呼びに行っている最中、しげきが姿を消してしまう・・・

 視覚的には緑が映え、鳥のさえずり、穂のざわめき、川のせせらぎといった聴覚効果によってとても癒される。これによって、しげきの失踪という慌しい事件もどこか神秘的な方向へと進むのです。まるで『もののけ姫』に出てくるような奥深い森。迷った二人は雨にもたたられ、洞穴の中で一晩過ごすことになってしまう。一瞬、ドキッとさせられる映像にも温かみが感じられ、二人のスキンシップによって生きていることを実感させられた気分にも。

 “殯”という意味は最後に明らかになるのですが、「喪も上がり」が転じて死者の霊魂を慰めるといったようなこと。死んだらどこへ行くのだろうという老人の素朴な疑問よりも、「生まれる前はどこにいるんだろうね」という言葉のほうが新鮮でした。生まれて死ぬことを繰り返すと人口密度も高くなって居場所さえなくなりそうだ。33回忌というのは故人が仏の道に入る意味もあり、これを機会に供養を打ち切ることが多い。その節目の法要ということもあったのだろうか、しげきにとっては妻を土に帰すような自然な行動をとったのです。

 真千子は幼き我が子を亡くしてしまった過去を持つだけに激流で泣き叫ぶところは観客であってもドキリとするし、しげきが墓標を見つけたシーンなどは観る者にとっても嬉しく思えてくる。ただし、生と死に関するテーマはいくつもの捉え方ができそうだし、墓標が本当は何だったのかもわからない。また、終盤にはファンタジーも感じるけど、認知症患者の頭の中を理解するためには必要なのでしょう。想像するに、自分の日記も土に埋め、妻とのお別れをしたのだから、しげきの認知症は今後加速するのでしょう。これからが大変だぞ、真千子!と励ましたくもなりますが、介護することによって生きている実感を味わえるのだと思います。

 河瀬直美監督の舞台挨拶付だったので、撮影に関するエピソードも興味深く拝聴できました。グループホームでは、ほとんど素人の演技をリアルにするため、スタッフと寝食をともにし打ち解けてから撮影に入ったとのこと。これは是枝裕和監督の『誰も知らない』の手法と同じではないですか!とにかく、素人の演技に脱帽・・・

【2007年10月映画館にて】

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
kossy

3.0タイミングを選ぶ映画

JYARIさん
2020年11月30日
PCから投稿

観る時やコンディションを選ぶ映画だなと思った。
また、観客の技量さえも量る映画。

最初は発展していく物語なのかなと思って観ていたら
浄化する映画だった。

多くを語らない河瀬直美監督らしい
潔さや真摯さをひしひしとかんじる作品だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
JYARI

3.0幻想的

ミカさん
2020年3月31日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

知的

私は生まれてからずっと都市部で生活しているので、山村には旅行でしか訪れた事がありませんが、熊野古道や白神山地、祖谷で感じた山への畏怖を今作を鑑賞して思い出してしまいました。それくらい河瀬監督のフィルムは素晴らしいと思います。

フィルムがとても美しく幻想的に日本を映していたし、個性が強い作品なのでカンヌ好みだなあと納得しました。一般受けするのは、「あん」だとは思いますが、ひっそりと生きる人への優しい眼差しは一貫して変わっていませんね。尾野真千子さんも良かったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ミカ
すべての映画レビューを見る(全8件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る