ロスト・ボディ

劇場公開日:

解説

「ロスト・アイズ」の脚本家オリオル・パウロが監督・脚本を手がけ、死体安置所から謎の失踪を遂げた死体をめぐる謎を描いたスペイン産ホラー。ある晩、パニック状態となった死体安置所の警備員がトラックに轢かれて死亡する。その死体安置所では、マイカという女性の死体が行方不明になっていた。死体失踪事件の捜査に乗り出したハイメ警部は、マイカの夫アレックスと接触を図るが……。出演は「永遠のこどもたち」のベレン・ルエダほか。「シッチェス映画祭ファンタスティックセレクション2013」にて上映。

2012年製作/111分/G/スペイン
原題:El cuerpo
配給:松竹
劇場公開日:2013年10月26日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5

(C)2012 Rodar y Rodar Cine y Television/A3 Films. All Rights Reserved

映画レビュー

4.5ホラー+ミステリーのバランスが取れた良作

2023年8月8日
PCから投稿

悲しい

怖い

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
Fate number.9

3.0普通に逮捕すればいいんじゃないの?

2023年6月14日
PCから投稿

映画 でミステリー やる時はもうちょっと単純にしとかないと 見終わった時の 爽快感が出ない。 映画見てる間ってのは 推理力が働かないので こんな 複雑にする必要ない。 そして「こんな複雑なもん謎、解けるわけねえだろ」っていう 怒りのようなものが 残りった。それに 多分もう1回見ると 矛盾点がいっぱい出てくる。だからストーリーの後味の悪さと相まって 見終わった 爽快感はかけらもなし。おまけに画面が暗転した瞬間に Amazon のNext upという広告アイコンが右下に出て 腹立ってシラけてどうしようもなかった。
ただ、この映画は 前編 はフィルムで撮ってるので写真は美しかった。 それから 主人公二人の演技もレベルが高くスペイン映画もいいなあと思った。 奥さんの 演技はちょっとひどかったけどね。 脚本も ちょっと複雑にしすぎたけど オリジナル なので 一応の評価はできる。前半の不可解な雰囲気やぎゅっと凝縮されたストーリー構成は とても良かった。この脚本家 のこれからの作品も注目してみたいと思った。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
タンバラライ

4.0ホラーかと思いきや…サスペンスでした

2023年4月21日
iPhoneアプリから投稿

最後のどんでん返し、読めませんでした笑

途中まではサスペンスではよくあることでしたが
ラストに進むにつれ、

どんどん伏線が回収され
真相がわかった時の呆然…面白かったです!

細かく言えば、グロい(気の毒な…)シーンが
あるので苦手な方はご注意を。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
tabotyoko

4.0よくあるオチかと思いきや

2023年4月4日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

怖い

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
うさぎどん
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る